temple

2010年6月20日 (日)

流行に追ってオワレて…?

なんか最近よく遇う人物。だと思ったら

ネットの記事より抜粋。

『五木寛之「親鸞」
 平安末期の絶望と重なる現代著書』

現代は「鬱(うつ)の時代」だという。
長引く不況。親が子供を虐待し
凶悪犯罪が相次ぐ。
自殺者は12年連続で3万人を超す。

 「魂のデフレだと思うんです。
    命が安くなっている」

平安末期から鎌倉時代の
激動期を生きた宗教者、親鸞(しんらん)
の前半生を著書『親鸞』(講談社)
今年初めに発刊し、すでに65万部を突破。
疫病や貧困、飢餓、貧富の差など
絶望が覆う親鸞の生きた時代と、
現代の不安定さが重なってみえるのだ
という。

「小説家はイタコみたいなもので
 その時代の声や人々の
 心の中にあるものを書きます。
 京の町じゅうが死体だらけだった時代に
 若い日を過ごした親鸞の心。
 “時代の風”が吹いてきて
 自然と書かされました」

現代と同じく困難な時代に
悩みながら真実を求め
仏の救いを説いた親鸞の人生が
一筋の光として世を照らすのかもしれない

物語は、親鸞が忠範(ただのり)と
名乗っていた8歳のころから始まる。
親鸞は、自身のことについてほとんど
書き記さなかったが
史実や伝承などをベースに
綿密な時代考証を経て
独自の発想を付け加えた。

幼い忠範は
社会の底辺で生きる人々と出会い
世の中の矛盾を学んでいく。
比叡山で修行した
法螺房弁才(ほうらぼうべんさい)や
河原坊浄寛(じょうかん)
ツブテ打ちの名手、弥七(やしち)。
多くの人たちが忠範を助け、世間を教える。
敵役の黒面(こくめん)法師も
個性的なキャラクターだ。

〈人はなぜ苦しんで生きるのか〉

〈十悪五逆の極悪人でさえ
 ひとたび弥陀の名を呼べば
 必ず救われるのか〉

その答えを得ようと出家し
比叡山で修行した親鸞はその後
念仏を説く法然の門に入る。
今作は
念仏弾圧で越後に流される
30代半ばで終わっている。

《産経新聞
 [6/19 18:58] 田野陽子より抜粋》

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

初めて動画で見た!

見ていたドラマにCMが流れたので
他の番組にして見たら

『歴史は眠らない』
お経に秘められた智慧に迫るシリーズ
第3回は「阿弥陀経(あみだきょう)」
と、言うのをやっていた、ETVで。

ちょうどこないだから

写経の勉強をやり始めていたので
タイムリーだなぁ〜と思って見てたら
あっ\(◎o◎)/!

 講師が ひろさちやさんだった。

私は仏教はひろさちやさんルートで
小学生の頃から学んでいたので
もちろん、気紛れな独学程度だけどねっ

だから写経の訳もひろさちやさんのを
参考にしていた。

必然たる偶然だわ〜(ΘoΘ;)
でも、3回目らしいから
2回は見逃している(ToT)
まっ、それは扨置き…

とりあえず、TVの内容をメモる。

法然 比叡山

十念『南無阿弥陀仏』と十回唱えると
極楽浄土へ行ける教えをアミダす。

国家の仏教から民衆の仏教へ
ひろさちやさん曰く

 “メーカの論理からユーザーの論理へ”

他力の教え。弟子は親鸞(しんらい)

『阿彌陀教』より

青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光

蓮の花より。

青は青く光る。
青は緑に光らなくても良い
そのままの色で光る。

(´〜`)なるほどねぇ〜
なんか気がついた事があったけど
ここには書けないので
心の中に秘めて置こう。
そっか〜
そう言う事かもしれないなぁ〜。

Answerは突然に…
忘れた頃にやって来るもんだなぁconfident

来週は『般若心経』なので見なければ…
でも…
ドラマも来週最終回なんだよねぇ〜
ここまで見たら犯人知りたいもんなぁ〜

しかし
初めて動画でひろさちやさんを見た!
声も初めて聞いた!

なんか感動したわぁdelicious

以前から講演会とか探してたんだけど
なかなか、ねぇ…。

でも、やっぱり一度
本人に会いに行って見なければ…。

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

摩訶不思議

また、たまたまテレビを付けたら
“宿坊”に泊まろう!って番組を
ETVでやっていた。
ちゃんとしたタイトルはわかんないけど…

何故か第一回も二回もオープニングから
見てしまっていた。偶然にも…

今回2回とも

真言宗の総本山、和歌山県高野山を訪ねる
宿坊は鎌倉時代に建立された
「蓮華定院(れんげじょういん)」
外国人の宿泊客も多いという宿坊。

だった。

宿坊に一度、泊まってみたい!
と、以前から思っていたのもあり
興味津津に見ていた。

見ていてビックリした事は沢山あった。
…けど、一番ビックリしたのは

住職のお母さん?奥さん?
だっけかなぁ?とにかく…

 お婆さんが英語で外人さん達に
 お寺の事とか説明していた!

  しかも、かなり流暢だった!

畳の広間に20人位の
欧米の方々を相手に

腰を丸めた日本のお婆ちゃんが
正座して
流暢な英語を話ていた姿は

w(☆o◎)w ガーン

ビックリ&ショックだった。

ショックは、私はしゃべれないのに…
って、事に対して。

そして二回目の放送で
“写経”についてだった。
高野山の住職さん曰く
写経を書くのは

 『無意味な事に時間を費やす』

と、言う教えらしい…。
そして、付け加えて

  何も利益を求めずに書く

と、言われていた。
意味がわかる様で解らないが…
でも、とても奥深く心に響き残った。

その言葉がとても心に引っ掛かるので
実際に写経を書いてみようかなぁ〜
と、思ったのである。

これも以前から
書いてみようかなぁ〜
と言う気持ちもあったので…

宿坊は、まだ行かないと思うので
写経は
ちょっと書いてみる事にしたのである。

その話は、また後日 (・ω・)ノ

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

忠太と愉快な仲間たち⑤

忠太と愉快な仲間たち⑤

忠太と愉快な仲間たち⑤

忠太と愉快な仲間たち⑤

忠太と愉快な仲間たち⑤

忠太と愉快な仲間たち⑤

このBlogの為に

調べたら\(◎o◎)/此処もそうだった!

なるほどねぇ〜この龍なんてそんな感じ

初めて見た時
「ダ~」って言ってるみたいで
随分コケティシュだなぁ~とウケたdelicious

でもこの龍は忠太作品?もしそうなら
なんか感動するなぁcrying
そうじゃなくても…忠太色で感動crying

それから
あの場所にも携わってるらしいけど…
まっ1943年に建築界ではじめて
文化勲章を受章した人だからねっ

どっかにいるのかなぁ Monstrous
再び行って探さなければっ!

しかし…あの場所も謎めいているよねぇdelicious

そしてまだ見ていない
忠太作品を見に行かなければ!

| | コメント (0)

忠太と愉快な仲間たち④

忠太と愉快な仲間たち④

忠太と愉快な仲間たち④

【親鸞聖人】(しんらんしょうにん)

鎌倉時代初期の日本の僧
浄土真宗の宗祖(開山とも)とされる

         《Wikipediaより抜粋》

忠太と愉快な仲間たち④

| | コメント (0)

忠太と愉快な仲間たち③

忠太と愉快な仲間たち③

築地本願寺は江戸時代の1617年に
西本願寺の別院として浅草近くの
横山町に建立。「江戸浅草御坊」と
呼ばれていた。

忠太と愉快な仲間たち③

いろんな事があって…

忠太と愉快な仲間たち③

現在の古代インド様式(天竺様式)の伽藍は
当時の浄土真宗本願寺派法主・大谷光瑞と
親交のあった
東京帝国大学工学部教授 伊東忠太
による設計で1934年に完成している。

伽藍には大理石彫刻がふんだんに用いられ
そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳で
築地の街の代表的な顔である。
         《Wikipediaより抜粋》

| | コメント (0)

忠太と愉快な仲間たち②

忠太と愉快な仲間たち②

【山号】龍谷山?
【本尊】阿弥陀如来立像
   〔聖徳太子の手彫とされる〕

忠太と愉快な仲間たち②

築地本願寺

正式名称:浄土真宗本願寺派(西本願寺)
     本願寺築地別院

※築地本願寺は西本願寺の別院です。

忠太と愉快な仲間たち②

ここは、御朱印を書いて頂けませんが
自分で印を押せますdeliciousしかも無料です!

印だけで300円っていう神社さんも
あったので、とても有り難いです!

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

【伊東 忠太】

慶応3年10月26日(1867年11月21日)
   ~昭和29年(1954年)4月7日)は
明治〜昭和期の建築家、建築史家である。
号は紅雲。工学博士、東京帝国大学教授。
法隆寺が日本最古の寺院建築であることを
学問的に示し、日本建築史を創始した。
また「建築進化論」を唱え
それを実践するように独特の様式を持った

築地本願寺などの作品を残す。

《Wikipediaより抜粋》

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

大根とワニとデルモ③

大根とワニとデルモ③

この寺は隅田川べりの
小高い丘(待乳山)にあるが
この丘は595年(推古天皇3年)9月に
出現して龍が守護したと伝えられ
浅草寺の山号(金龍山)の由来となった
と伝えられる。
待乳山は、かつては
周囲が見渡せる山であり…
        《Wikipediaより抜粋》

 江戸時代前期の歌学者。
 戸田 茂睡(とだ もすい)さんの歌碑
 の後ろに見える建物は…

大根とワニとデルモ③

あっ\(◎o◎)/!
デジタル放送の為の建物で
こないだ
東京タワーを抜いた建物じゃん!

大根とワニとデルモ③

大根も美味そうだった。

1月7日の大根まつりは
ふろふき大根無料らしい。

来年は行こうかなぁ

巾着もあったけどさぁ
写真を撮り忘れちゃったよっ!

| | コメント (0)

大根とワニとデルモ②

大根とワニとデルモ②

ワニみたいじゃん!

そういえば…こんな話を思い出したよ!

大根とワニとデルモ②

待乳山聖天(まつちやましょうでん)

本龍院(ほんりゅういん)

【山号】待乳山
【本尊】歓喜天(聖天)
    十一面観音で待乳山聖天
  (まつちやましょうでん)とも称される

この寺には浅草名所七福神のうち
毘沙門天が祀られている
        《Wikipediaより抜粋》

十一面観音菩薩を本地仏とする
聖天さま(大聖歓喜天)は仏法を守護し
仏道を行ずる人々を
守護する天部の神様でありますが
私たち衆生の迷いを救い
願いをかなえさせてくださる
大きなお力を持っておられます。
     《待乳山聖天HPより抜粋》

大根とワニとデルモ②

御朱印は本堂の中で頂くんだけど
天井画も素晴らしくて
居心地が良かったよ!

そういえば
神社は社殿の外だけどさぁ
お寺は本堂で
御朱印を頂いているねっ!

なんか…あるのかなぁ?
意味が…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧