体験談

2010年9月 8日 (水)

オ〜エース。

紆余曲折しながらも
3ヶ月位が経つと
なんか…
一息ついてしまうもんだなぁと

その中での新展開を模索してみる。

 何事も…(・ω・)ノ

で、Twetterも見学だけにして居よう
と、思ったが…
(飽きてきたので←これが一番の理由)

フォローしている人達(著名人)に
1回は返信してみよう!

    っていう企画を立ててみた。

あっ\(◎o◎)/!

と言う間に出来ると思いきやっ
なかなか返信が出来ない(ToT)

2、3回軽く出来る人達もいれば
企画してから1ヶ月位経つけど
全然出来ない人達もいる。

大縄が目の前で回っているけど
ナカナカ跳び込めないで
見てばっかりいる。

何回も回っているのを
今、跳び込もうと思いながら
飛べない事しばしばd(-_-)

とにかく、私にとって
縄の回転が速すぎるのだ!

で、
他の人達の返信を少し覗いてみた。

いろんな人達に
返信だけしかしない人や
難い質問ばかりする人や
いろんな人達がいた。

著名人にする質問がさぁ
それは有名な話だろう?
とか
Wikipediaでも見てから質問すれば?

って言う様な同じ質問に対しても
ちゃんと(一言だけど)返事をしている
著名人には感動する。

しかし…なんで同じ質問をするのだろう?
そして…なんで同じ質問に答えるの?

それから
一番、心に残ったのは
本当のファンの人達の返信だ。

芸能人の「おはよう」の一言に対して
挨拶と一緒に
気さくで温かな言葉を添えて返信してる。
もちろん、それに対する返事は
基本的に無いんだけどねっ。
でも返事が来る事もある。(私も来た)

繊細は書かないけど…
そんな互いのやりとりを
見ているだけでも
なんか胸に込み上げてくるものがある。

その言葉は
ファンの…いわゆる
キャ〜キャ〜みたいなのだけどさぁ
芸能人は、やっぱり

沢山言われたいんだなぁ
と、言うTwetterに遭遇して

 邪魔しちゃ悪いなぁ

と、思ったりして

 オ〜エス、オ〜エス

お互いがお互いの存在を
綱引きをしあっている様にも思えた。
一瞬の事なんだけどさっ!

 オ~、エスオ~エスオ~エス…

そんな事を思ってしまい
返信が出来ない人もいる。

とにかく
あんまり返信相手に

不快を与えない様に
TwetterのTLのリズムを壊さない様に
と、思うと…

なかなか返信も
私にとっては難しいのです。

(・ω・)ノ

でも、その反面
利点にも気がついた☆
読んだTwetterの
文章や貼り付け写真やリンクに
感動した時
それをクリップ出来るのだ。

結局、利害を求める
偽ファンだからさぁ〜
コミュニケーションが
ウマくとれないんだろうなぁ
と、反省の気持ちもある。

Twetterを例えると?
って、問いに

 「踊るアホに見るアホ
  同じアホなら踊らにゃソン損」

って、返信は
やっぱり、失礼だったかなぁ?

でも
本当にそう思っている。

| | コメント (0)

2010年7月 2日 (金)

そらそらそらから

あれから写経を書いてみている。
最後まで書いたのは片手位だけどね。

だいたい
『色即是空』くらいまでは書いたり
途中から20〜50字くらいだけ
書いたりしている。

でも
『般若心経のタイピング』
がネットにあったので
それを打ってみたり

1回ひらがなで最後まで
書いてみたりしている。

ひろさちやさんは
『羯諦羯諦 波羅羯諦』を
『わかった。わかった』と訳している。
なんとなくその“羯諦”の言葉は
気に入っている。

『無』を沢山書く所で挫折する。

パソコンで打った時
『呪』をノロイと打っていた。
打ちながら何故“呪う”のだろうか?
と思っていたら
“呪文”と言う言葉に気がついた。

 “バカ”と読んでしまう文字がある。

やっぱり“色即是空”の所は書いていて
清々しい感じがする。

何も考えないで書く事が
なかなか出来無い。

そうそうこの人が探した

『アウトドア般若心経』を思い出した。

たまたまテレビで見た事があるし
本屋で立ち読みした事がある。

ETVで宿坊に泊まる番組をやってて
結局、毎週見ちゃてる
その時に写経の話が出る。

そんな事を思いながら
本当は“無意識”に
ひたすら書かなきゃいけないのに
脱線しながら書いている。
…ので
なかなか“空”になれ無いでいるconfident

| | コメント (0)

2010年5月31日 (月)

4人の記者

ツイで勝手にナビゲーターの一人
としている博士の推薦していた
フリー記者をフォローに入れて
観察していた。

一人目は、最初からあんまし
ツイを見ててもメリットのある話を
しないなぁ〜と、思っていたので
3日で外した。

二人目は、最初からスカしてんなぁ
と、思っていたが
やっぱり、冷静沈着と言うよりは

この人自分のツイを見てる人さぇも
軽視してる感じがして
“ムシが好かない”ので外した。

三人目は、ツイを見てる人に
自分の言いたい事を沢山書いていた。
ちょっと熱くてウザい気もするが

そういうのも大切だと思うので
とりあえず維持する。

四人目は、程良く
私が興味を引く話題に
ポイント良く入ってくる感じで
バランスがイイと思った。

フォローから外した人達は
お気に入りに入れているので
まだ観察はしている。

そうすると
1人目の人の方が自分の意見は
多岐に渡る取材と、ある程度の熟成期間を
持って書く人なんじゃないか?
と、思えてくる。

それは三人目の人が
沢山ツイに書いてるのを読んで
自分の感情や思いつきで書いてる様な
気がしたからだ。

それが公平な取材と言えるのだろうか?

そして
それがツイの怖さだなぁと思う。

感情的で熟成期間が無い!
だから

それが“真実”とかけ離れてしまう

 可能も高いのではないか?

本当にマスゴミは
記者クラブの開放ゴトキで
チェンジ出来るのであろうか?

4人の記者

昨日「革命TV」を見た。

とりあえず“UST”と言う言葉を知る。そして

 “何もしない”でいるよりかは

良い事なんだ!

それだけは、絶対に思う。思った!

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

ひがさす方向

今日の夕焼けは
赤く焼けていなかったなぁ

ツイッターは情報が速い。
Blogと違い速攻、速球だ。

今日は
夕方ツイを観たら凄い話が舞い混でいた!
昨日の博士の

『 s_hakase 若者へ。『なぜツイ』http://amzn.to/aeLqlY の4人のフリー記者。フォローしてリストに入れておくと世の中がチェンジする。@iwakamiyasumi @kamematsu @uesugitakashi @hatakezo 』

を鵜呑みにして
すぐに4人をフォローしたからだ!

しかしタイムリーだわ〜

ちなみにこれが記者クラブの件のBlog

『ツィッターが、なぜ、既存メディアに恐れられるか。新しいものを恐れる心理と亀松さん。いや、明らかに情報の流通の「中抜き」が進むことへの恐れがある、と僕』

これは岩上安身氏のツイより。

これを読んだら
君塚良一監督作品
映画『誰も守ってくれない』
の新聞記者(佐々木蔵之介さん)
を思い出した。

そして上杉隆氏のツイより

『「WEBはバカと暇人のもの」(中川淳一郎)。「ツイッターは宣伝と実況と寂しさを紛らわすもの」という』

まぁ〜それは一理あると思う。

過剰に以上に異常に依存して
やり過ぎちゃう人もいるからねぇ〜

中川淳一郎氏ってお年寄りかなぁ?
そしたらhome見んのキツいかもねぇ

そして、kamematsu氏のツイより

『新聞はこれまでツイッターのことを「ミニブログ」と表記することが多かった。例えば5月10日の毎日の記事(http://p.tl/pa47 )。だがネット選挙解禁の記事では「簡易投稿サイト」になっている(http://p.tl/FN0_ )。ブログ扱いするわけにはいかないということ?』

まぁ〜
私は今のところツイッターを

 “自家製新聞or雑誌”と“簡易メモ”

ツールとして扱っている。

で、もう一人のフリー記者の人は
ツイがイマイチ弱い!
せっかく博士が機会をくれたのにさぁ

この人のメッセージはなんだろう?
大丈夫?って感じで…
ジャーナリストって言うから
余計にイラつく。

本当にチェンジするかなぁ〜?

…と、不安も過ぎる。が、

政治家に選ばれた
記者が取材をするのではなく
みんなが信頼して選んだ記者が
取材すれば良いと思う。

それには
ツイッターやBlogの存在や役割は
大きいと思う。

それからさぁ
事件や問題があった企業の社員を
正面玄関でハッて取材するならさぁ

記者クラブ問題も
自分達の新聞社とかテレビ局の
正面玄関で社員をハッて取材すれば
イイのにねぇ

 なんで、しないんだろう?

こんな感じで
ちゃんとツイッターも
観測して取り入れているのれす。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

やれやれ…

このフレーズは、気にいったのでマネる。

ネットで星々を彷徨うんだけどさぁ
道に迷わない様に
ある程度の大きな星を目印にして置く。
目印しとなる星は…

【synchronicity】

虫の知らせのような意味のある偶然の一致

心理学者ユングが提唱した概念。
共時性。同時性。同時発生

やっぱりタイムリーなBlogだから見てる。

たぶん
interestingに思う人物などが
重なる傾向があるみたいだから
思考回路が重なる傾向にあるんだと
勝手に思っている。

Blogでは本当にrespectには
お世話になりました。

お陰様で英語も以前よりは
親しみやすくなりました。
有難うございました m(_ _)m

と、ここにひっそり書いて置こう。

†we++er にて新たな星々を発見した!

いや〜博士はやっぱり凄い!
臭覚力と表現力があると思う。

…って、言うかぁ〜
以前から
私の好きな漫才師のスリートップの一人
だったんだよねぇ〜
テレビであまり演らないから
10年いや15年それ以上前に数回しか
見た事ないけどさぁ

ちなみにトップ3は
浅草キッド・爆笑問題・ダウンタウン

で、なんかの拍子に…博士を見つけて
すぐにフォローに入れた!
ら、やっぱり凄い!
なんと言っても  バランスがイイ!

短文で人を引きつけるって…
やっぱり
それなりに勉強してると思うんだよねぇ
(上から見ちゃて、すいません!
         いつもの事だけど…)

そして、きっと
生活が安定しているんだと思う。

だから
解りやすくて説得力がある!
のだと、分析している。

完全に博士のツイにツイて行く!
…と勝手にナビゲーターにしたのである。
たけし軍団の人達って
やっぱり、すげぇなぁ〜

で、とりあえず
著名な人達がよくフォローする人も
フォローに入れた。
ちなみにホリエモンさん!
本当に多いので観察してたら
やっぱり、読みやすいと思った。

とにかく
タイム系列で入ってくれるから
話が1枠で終われる人が好ましいのれす。

あと心配なのが教授。

今日のBlogを読んだら

だからツイッターこなして下さい!

…って、思った。
せめて
BlogをUPしたらツイッターで
呟いて下さい!って
ツイorメールするか迷った。迷ってる。

しかし…
教授の歳で
ツイッターのhomeは読みこなせるかなぁ?

そんな事を思いながら
結局
楽しんでは、いるのです (^-^)v

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

聖徳太子みたいだなぁ

†we++erを始めて3日が過ぎる。

昨日は、もうヤメようかと思った。
だってさぁ〜
いろんな人達の会話が目茶苦茶に
入って来てさぁ〜

 ちんぷんかんぷんなんだよねぇ

でも
朝、起きて、電車に揺られながら
†we++erを読んでいたら
自分が

 一度に十人の話を聞きワケた

聖徳太子の様に思えたら
なんか、やる気が出てキタ〜!
そして

フォローの組合せ次第では
自分で作る雑誌…新聞って感じ!

に、思えた。

Blogが面白かったから
フォローしたけど
†we++erだと…イマイチの人もいた。

逆に†we++erの方が面白い人もいる。

そんな事を発見したら面白くなってキタ!
…のである。

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

1%じゃなくても

『ペテン師』

と、さんまさんが江原さんに言った。
you tuve で確認した。

バラエティー番組の出来事だけどさぁ
あっ\(◎o◎)/! すげぇ

でも
さんまさんは江原さんより
業界的にも人生的にも年上だもんなぁ

 しかし…凄く…面白かった!

私は江原さんも宜保さんも細木さんも
好きなのよねぇ

やっぱりなんかしらの
能力はあると思う。イヤあって欲しい!
それは、別としても

“人を引きつける”って言う
能力は、あるじゃん!

そして教授のBlogの最後の方を読むと

みんなの真意の方向性は
同じ所にあるんじゃないかなぁ
と、つくづく思う。

たださぁ
過剰に…以上に…異常に…依存したり
とり過ぎちゃう人達がいるから

なんか変な感じに
なっちゃうんじゃないかなぁ?
と、思う。

こないだネットを見てたら
コメントを書きたい記事があった。
第3者を通じてになるけど
その子に伝えたい言葉があった。

たまたま読んでたモノに
タイムリーに書いて感動した言葉だったし
それに他の人達のコメントを読んでたら
なんか参加したくなってしまった。

初めてコメント書くなぁ
と、思っていたら あっ\(◎o◎)/!
2回目だった。記録されていた。

記憶にねぇ!
って、思ったけど、文章と内容は
確かに、それについて思ってた事だった。
酔ったはずみで投稿してるなぁ
と察した。でもコメントは
その時の心情がちゃんと出てる文章で
ちゃんと書いてあったから良かった。

しかも
それに対して数人の人達だけどさぁ
賛否してくれてるのでビックリした。

そして
新しく書いたコメントは
更に多くの人に見てもらえていた。

もしかしたら
その子も読んでくれたかなぁ
と、思い願う。
イヤイヤ私のだけじゃなくて

そのコメント欄が全部で
1つのメッセージになっているんだ。

って、思い直す。
そんな事を考えていたら

例え1%でもさぁ

…って言葉を思い出した。
イヤイヤ 1%以下

 ゼロじゃなければ可能性はある。

昨日からツイッターを実際にやってみた

確かに、著名な人達に
直接話しかける機会に巡る可能性は高い。

だからさぁ
それが…どうなるか?

 ただ今、実践実験中です!

とりあえず
ちょっと…まっ…それは、また今度

 (・ω・)ノ~

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

ついにツイ

さんざん迷って、安易な動機で始めた。

 ついに †we++er デビューdelicious

写真もアザトイのを使用してしまった。
だってファンなんだもの!

少しでもさぁ
目立ちたいんじゃ!オリャ(ノ-o-)ノ ┫

これからはBlogで変な事は書けねぇなぁ
自主規制強化!
…出来るかなぁ?ムリかもなぁconfident

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

日々文明開化

パソコンを開いたら
インストール?出来る何かがあり
何かをバージョンUPしてくれる
…らしいので

やってみたら

あっ\(◎o◎)/!

GoogleがなんかGoodな状態にUPしたと
喜んでいたら

あっ\(◎o◎)/!

マウスで動かして英単語の上に
を置くと

  英単語の日本語訳が出てキタ!

すっすげ〜( ̄m ̄〃)☆

 置いただけで出てキタ!

イロイロといじってみたら

英語だけのページがワンクイックで
すべて日本語訳に替わった。
新しい機能ボタンが搭載された。

ワン・ツー・スリ〜
             …って
手品だわぁ〜
        It's magic!

本当にすげぇconfident

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

一番見たかった選手

昼休みに
LIVEで見る事が出来た

鈴木明子選手の競技を見て
もらい泣きするトコロだった。
…けれども職場だったので耐えた。

ついこないだ
彗星のように出てキタって感じがする

たまたまテレビで見てたら
誰?この人?すげぇ〜
と、思ったら
やはり
高得点をとって
すげぇ〜と、思っていた。

その後
数回の試合でOlympic出場が
決まって
なんか感動した。

それが言葉で表現出来ないんだけどね。

なんかドラマを感じさせる。

今日の競技が始まる直前に
コーチと最後の言葉をカわすトコロを
カメラが少し引き気味で斜め後方から
撮ってるんだけどさぁ

その距離感覚が
またなんか涙を誘っちゃって
イイんだよねぇ〜

あえて言葉にするならば…
他の選手は
外国のコーチや女性コーチの中で
しかもそんなに老いた感じがしない。
でもさぁ
きっとあのコーチは
日本の男子フィギュアの元選手で
(調べたら、やっぱりそうです。)
白髪が少し、老いを感じさせた。

なんかあのコーチに
日本のフィギュアの歴史を感じる。

やっぱり言葉じゃ表現不可能です。
あんまり言葉を並べると

   “無粋”になるだけだわ

とにかく
初めてのOlympicで8位の入賞は
凄い事だし。とても嬉しかったです。

いやいや
そんな事よりも
メダルや入賞よりも

競技に見入り
演技者と一体感になれて
最後に鈴木明子選手が笑顔じゃなくて
感極まって泣きそうになった時に
それが伝わってキタので…

もうこれ以上書くと
“無粋で無礼”になるのでヤメます。

あっ\(◎o◎)/!

これを“passion”と言うのかなぁ

とにかく

  Congratulation and thank you!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧