BOOKS

2010年7月 6日 (火)

1話のみ

結局
冒頭の『ロビィ』と
“あとがき”しか読まなかった。

1話のみ

小松左京さんかぁ〜
懐かしいなぁ〜と思った。
久し振りに読んでみようと、思った。

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

つい〜と文。

ツイッターを始めた時
フォローする人を探していたら
なんとなく
サブカルチャ系の人達が頭をヨぎっていた
その時に思い出した人がいた。

ネットで調べたら
ヤワラちゃんの選挙の出馬が
当たっていたらしいぃ
そんな感じの書き方してたかもなぁ〜
していそうな人なのです。
そして

 今日が命日なのです。

毎週、本屋で「週刊朝日」を立ち読みして
コラムを読んでいた。ファンです。
久し振りに読んでみた。

やっぱり面白かった。
今、読み返しても面白い!

今は、Blogなどで個人コラム化したから
匿名で知らない人が
勝手に書いて、勝手に見れちゃう時代に
なってしまったけどさぁ

ここまで書いて堂々としてる人は
いないと思う。
そう言うトコロも好きだった。

もちろん、読んでる途中で
 それは違うだろぉ〜
 ちょっと独りでよがってるかも…
とか思う部分もあったけどさぁ
文章を読み終わると

それは
本来の言いたい事の導入部分であり
その人物をたまたま見てたら
その事に気がついた。
って、“その事”がウマく心に残る。

だから、なるほど。
…って思えたんだと思う。
だから

旬な芸能人ネタのコラムのはずなのに
再び今、読んでも interesting
で、読めるんだと思う。

本人の文章から引用すると
「違和感に屁理屈をつけている作業」

つい〜と文。

駅の売店の新聞広告で
訃報が貼り出されたのを見て
ショックで帰宅した。

でもさぁ
次の日、テレビでワイドショーとか
結構、沢山、大きく報道されて
彼女のファンが以外と多くて
ビックリした。

消しゴム版画の作品もインパクトがあり
モデルの人物に愛情を感じる。

今回
本を再読していて見つけた

 『テレビの中に見つけた
  違和感のようなものに自分なりの
  屁理屈をつける作業が
  好きなわけであるが
  それは必ずしも「正解」など
  知りたくはない、と言ってもいい。』

私のBlogの基本もそれだなぁ
と、痛感させられた文章だった。

でも、私の場合
テレビの中だけじゃないし…
愚痴を正当化しようとしちゃてるのも
あるけどね

ヤバっ
なんかバイブル化してしまったなっ

でもやっぱり
再読しても面白かったよ!
やっぱりすげぇ人だったと思う。

  ビバ! ナンシー関!

つい〜と文。

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

じ面が変わる日

どこも同じなんだなぁ。と
特に驚きもしないで
『ジャーナリズム崩壊』を読んだ。

もうここ何年も新聞も報道番組も
自分から意識して見てないからなぁ
どうせ…って気持ちが強いから
ネットで情報は判るし。

でもツイッターの件をBlogに書いて
いたので、それに偶然に遭ったので
その成り行きで読む事にした本だった。

前にTVで番記者と言われる人の
特集を別々な放送局で2人見た時
こんなか弱そうな人が
政治家の番記者なのかぁ〜
と、思った事を思い出した。
なるほどなぁ〜(´〜`)

筑紫哲也さんは
後ろ姿だけ見た事あるんだ(^-^)v
あの後に
お亡くなりになるとは思わなかっので
もっと近くまで行って
会って見れば良かったなぁと今も思う。

櫻井よし子さんって凄い!
本当に強い人なんだなぁ。

本の中で印象に残った言葉。

 『批判はいい。ただ侮辱はするなよ』

って、都知事に言われたらしいです?
良い言葉だなぁと思った。

例えば
「うるさいオバサンだなぁ〜」
とかは駄目だよねぇ?

それと

『堂々と面と向ってモノを言う記者よりも
 陰で想像を逞しくして噂を広める輩の
 なんと多いことか。』

やっぱりなぁ、どこも同じだよねぇ
と、いろんな意味で日本らしい話だなぁ
と、特に驚きもせずに読んだ。
同じ事、繰り返し書くけどさぁ〜。

でも、やっぱり
「記者クラブ」は、せめて開放
した方がイイとは、更に思った。

そして、また新たな視点で
報道を見る事が出来そうだ。
いや、報道だけではなくて
それに関連して他の物事の見方の角も
変えて見ると
違う方向性に遇う事もあるはず。

やはり
ネットや本の媒体を利用して
自分が今ある現実と現状などに
ウマく考慮してゆく事が出来れば
イイんじゃないかなぁ?

とりあえずツイッターで
なんか変わるかもしれない!
と、言う期待を込めて
まだ暫くツイッター観察しようと思う

でもツイッターの話をBlogに書くのは
もう控えたなぁ〜と思う。
なんとなく…(ρ.-)

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

結局またツイの感想文になってしまった。

暫く
ツイッターの感想文はいいや〜
観察してよっと。
ツイを捨てて図書館へ行ったら

この本に出くわしてしまった。
もうここまできたら
読まざる終えないなぁ(´〜`)
と、思い、借りて読む事にした。
で、
その前に
昨日の時点で思っていた事を
書いて置こおっと。

結局またツイの感想文になってしまった。

結局
4人の記者はフォローに入れていた。
やっぱり、せっかくだから
ツイッターの可能性について
観察して置こう!と思ったトコロに
鳩山総理の辞任劇が
タイムリーにあったのだった。

当日は
あんまりツイッターの
意味は感じなかったけど
翌日からは、結構、読み応えがあった。

上杉隆氏の
スカしたツイにも慣れてきてたし
それよりもやはり4人の中で
情報が早くて解りやすかった。

でも何故?
フリーなのにそんな所に入れんだろう?
と、やっと思った。
まっ、何かしらのコネとかあるだろう。
と、適当に解釈して、ツイだけを読んだ。

実は、この時点では
4人の記者の経歴とかは全く知らない。
上杉氏も、借りてきた本の裏表紙の紹介
(その後Wikipediaも見た)で知った。

で、他の3人は今だにツイッターの
プロフィールだけの情報しか知らない。

理由は、その方が
ツイッターの可能性を観察するには
ツイートを読むだけで
どんな人物なのか考察した方が
イイんじゃないかなぁ?と思ったからだ。

そんな時にに辞任劇があったから
4人の動きを観察出来て
なんとなくツイでの動き方も解ってきた
ので良かったし
今後も期待して見たいなぁと思った。

そして、その後、この本に遭ったので
流れで読む事にしたのだった。

と、
今日もツイッターの考察文で終わる。

だって
まだ本は読んでいる途中なのです。
読むの遅いんだよねぇ(ρ.-)

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

かわズ飛び込む②

かわズ飛び込む②

都会の喧騒とはウラハラな時間が流れる

「あの橋は清洲橋です」

かわズ飛び込む②

夕刻になると芭蕉は隅田川と向き合う。

「そして昼に見ている橋は新大橋です」

かわズ飛び込む②

ここまで来たら、すぐ近くの

階段を昇って芭蕉ゆかりの地へ行こう!

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

たまに速読る。

凄い!一日で読みキッた (^-^)v

たまに…
特に上下巻系は
何故か、速読が出来る時がある。

それに
これは、読んだ事があるのだ!

たまに速読る。

○○年ぶりに読むと
やっぱり違う。

初めて読んだ時は
とにかく全てが
カルチャーショックだった。

今、読むと
凄く冷静で大人として読んでいる。いた。

そして「そうだった、そうだった。」
と、うなずきながら
懐かしみが
文節を終える度に浮かび出て行く。

今回読んで
作品の理解度は85%~93%だなぁ
と、自負する。

そして
この作品は
時代の先端をイッてたんだなぁ

…と、感心と関心とコワさを感じた。

発売当時も
ベストセラーだったもんなぁ~
何週間ものあいだ。

この人の†we++erは
また、イイんだよねぇ

“天賦の才能”

って、あるんだなぁ、と思う。

『ロマンチックで失神しそうだ』

って、書いてなかったっけ?
また、勝手に抜粋。
しかもウッスラ覚えで、すいません。
            m(_ _)m

それを読むと†we++erをしたくなるけど
まだまだ見学だけにトドまるconfident

you tuve で ビートルズの曲も聴いた。
和訳を載せてくれてる人もいるので

やっぱりネットは便利だなぁ
と、思った。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

桜と卍と∴

桜と卍と∴

 そぞろ神の物につきて
 心を狂はせ
 道祖神の招きにあひて
 取るもの手につかず

        『おくのほそ道』より

  花の雲鐘は

桜と卍と∴

       上野か

桜と卍と∴

          浅草か
              松尾芭蕉

桜と卍と∴

 くわんをの
    いらか見やりつ
         花の雲   はせを

桜と卍と∴

『三匠句碑』の一つらしいです。
もう一つはなんだろう?

桜と卍と∴

今日がこの辺りの
今年の桜の満開の最終日
…ですね。

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

そゞろカミ

在庫本消化〜第3弾だっけ?
を読み始めている。

 月日は百代の過客にして
 行きかふ年もまた旅人なり。

 舟の上に生涯を浮かべ
 馬の口をとらへて老いを迎ふる者は
 日々旅にして旅をすみかとす。

        『おくのほそ道』より

ちょうど今この頃に
旅に出られたみたいだった。

  『上野や谷中の桜の梢は
   いつまた見られるかと
   心細い思いにかられる』

と、芭蕉が別れの淋しさを綴る
ので

そゞろカミ

桜を撮った
別のバショウだけどねぇ〜

私も“これを読む”という長旅を始める
からさぁっ
             (・ω・)ノ~

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

週刊×2倍

週刊×2倍

毎週楽しみに
欠かさず読んでます。

苦手なのが2、3本あるので
それはスルーするけどさぁ
でも
それもパラパラとたまにする。

でも
だいたい載ってるのは
全部、読めるようになりました。

週刊なのに…
2倍だねぇ

他の雑誌も
今は
そういうテを使っているのかなぁ?

まっ
沢山読めて
イイと思います。

慣れると
違和感なく読めるようになったし〜

毎週の楽しみの一つです。

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

ビミョーでワカラナイ

今日はパジャマみたいな
服を着ている人を2人みた。

1人はズボンがそう見えた。
1人は背広の中のシャツがそう見えた。

ビミョーでワカラナイ

最後の話だけ
ビミョー過ぎて理解出来なかった。

この人の短編は
初めて読んだかもなぁ

何故ならば
本を読むのが苦手だからだ。

でも
長編は何故か何冊か読んでいる。

また
この人の短編とか借りてこようっと。

面白かった。

| | コメント (0)