« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

分割力

Blogも目新しい事も書けなくて
ツイッター始めたら
特に書けなくてもイイや〜と思い。
たまに書く事にした。
でも
ツイッターも面倒臭くなっていた。

ヒョンナ偶然で
教授にフォローしてもらえたので
ヤめるにヤめられず…
しかし
テキトーにダラダラ書いてたら

偶然“喝”を呟かれた。
それから
気を使って、頭も使って書いている。
…あれでも。

Blogはrespectが…
ツイッターは教授が…

偶然、ソラからやって来た。
まっ、その前に
ソラにイシを投げつけたのは私だが…。

 お陰様で今も文章を書いている。

最近はツイッター事態あまり読まないが
気になった事をメモる帳にはしている。
その為

それを以前していたBlogからは
自然と遠のいて行く。
やっぱり

タイムラインだから便利だし。

“火傷したなう”とか“頭痛なう”
と書けば、時間経過が解り便利だし。

臨機応変に物事は使ってイけばイイ
…と思う。

コダワリは進化を止めてしまうので
でも

コダワリたい時もあるので
少し離れて
分割したり、小まわりすると

なんか
更にイイ案が浮かぶ。
…ので、そうしてみる。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

偽月

ネットより

平均寿命、過去最高を更新

男性79.59歳、女性86.44歳-厚労省

ネットより

こういう怖い話は後を引く

ネットより

日本人の体温の平均値は
36.6℃から37.2℃のあいだ。

だから37℃が平熱の人がいても当たり前。平熱は、人によってちがうのです。

ここのHPありました。

小学生の時にプールに入る為の
家でやる体温測定で37℃は
入れない!=風邪で、学校も休み!?
だった記憶が
そのまま根強く残っているからねっconfident

 どれが本当の“月”でしょうか?

偽月

こないだ“赤い月”を見た。夕方7時頃。
でもカメラを持って無かったのでcrying
突然の雷雨と大雨が予測されていた日
1時間後、本当に雷雨になった。

今日は、いろいろあったなぁ〜。
朝から晩まで

 いろんなCoincidentallyがあった。

まぁ〜
それは、またのキカイでpaper

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

コケーコケッコケッ〜

「ニワトリ小屋の喧嘩」かぁ〜

そういえば
ニワトリ小屋に住んでるって
言葉が昔あったよね(*^_^*)

コケーコケッコケッ〜

第三部の龍馬は
「ストレートに感情を出す事から…

 腹にイチモツ隠して駆け引きする…
 ズルイ部分も…」

って、演じている福山さんが言ってた。

コケーコケッコケッ〜

長崎に着いてから商売人の血が騒ぐ。

みたいだねdelicious

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

知らんカッタ。

「ぱろっと」って名前がさぁ
パチンコの機種にあった。

nameをつける時に
ネットで探索した時は出てこなかっのに
私が名付ける1年位前にあったらしい
なんかショックだった。
カタカナだけどさぁ〜delicious

名前が同じだった!と言うよりも
今まで知らなかった!って事も…coldsweats02

知らなきゃ知らないで幸せな事は
よくある話だ。
こないだもTVで見た。
本当の両親の事を知って…って実話だ。

「ねぇ、知りたくないの?」
と、善意ぶって、そそのかした奴は
本当の事を知ったら姿を消した。
それでも
本当の事を知った彼は

 現実と向き合い闘った。

彼は取材を受けてくれて
現在のコメントも
TVで流れていた。

私は、それを見て
彼は、今も現実と闘っている様に感じた。

 彼の心中は?

言葉でどんなに嘘をつけても
映像や写真は嘘をつけにくい。
言葉の表現よりも。

もちろんテレビは演出をする。

テレビの過剰な演出も
ネットのお陰でチェックしやすくなった
…と思うcatface

まっ
テキトーにほどほどに見てるけどね。
ネットと同じで。

でも好奇心は貪欲にあるし…
クダラナイなぁ〜と、思いながら

そこから
宝石が出てくる可能性を
期待しちゃったりする。

シラナカッタ…
 知らない事は勝ちなのか?

よくワカラナイ ┐('〜`;)┌ ヤ。

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

そう、談

クーラー病になりそうなのだ。

…ので
防止策をネットで調べた。
…で、
また、脱線した。

今回は、人の悩みに答えている人の
HPにハマってしまった。
2、3問目くらいの回答を読んだら

 えっ、それって
        言い切り過ぎだよぉ〜

…とか思うトコロが有り
ついつい
回答者の人間観察に没頭してしまった。

で、結論は
その回答は、一般的に大衆全体として
見ると、私みたいに、ちょっと(-"-;)
って、思う人もいるかもしれないけど

相談者の文章を再び読んでから
回答を読むと

 この人には、この回答で良いかも。

と、思った(*^_^*)
回答者は相談者に返答しているんだ。

第3者で見学してるのに
自分に向けられた回答
だと、勘違いしてしまった。

相談者の悩みが
自分もそう思ったり感じたり
した事のある内容だと同化して
つい、勘違いしてしまうものであるconfident

相談と言えば
以前、ネットで拾った情報なんだけど

「載せている朝日新聞も凄い!」
って文章に引かれて読んでみた。

『悩みのるつぼ』というのを
朝日新聞が掲載していて
そのQ&AをBlogに載せてる人がいた

本当に凄かった。

内容はここには載せないが
どっかにあると思う。
この回↓を読んだ。

6月13日
相談者 男性高校教師 40代

相談内容も凄いんだけど
作家 車谷長吉氏の回答に

 w(☆o◎)w

このQAを読んでコメントした
第3者の人達の意見も正論だと思った。
(そのBlogを読んでのコメント
   かもしれないから第4者かも…)
…って言うか
私は、そのコメントした人達の意見が
一番、自分の感想に近かったdelicious

で、
ツリーで表現するならば
第6者以降の時点で
いろんな人達の意見を踏まえて
この話を知った私の感想文は…

例えば
大好きな歌手や俳優や
アイドル的な人がいて
永遠にファンでいる!って言う
姿勢と行動がとれてる人達を
観ている第3者としては
アツクルシイけど
その関係性に好感を持つ事もある。

…ってな事を思った。
そして
車谷氏の大胆な回答を再び読んで観ると

そんな風に言われると逆に…
            ...((((((^_^;)

…って考えられるかもしれない。

否定されれば抵抗したくなるし
肯定されれば…否定したくなる。

 だから悩むんだけどねぇcrying

人それぞれに受け取り方は違うしねっ。
相談者も回答者も客観者も。

Answer は自分で出すしかないからねっdelicious

…って、な感じで
人の悩みと回答について考察してみた。

で、

クーラー病予防には
身体を冷やさない様にする事。

特に首にはリンパが沢山あるので
冷やさない様にするとイイらしい。

試しに首に手を置いてみたら
なんかイイ感じだった。

やっぱりネットは便利だなぁ〜
と、思ったdelicious

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木)

窓際なので

窓際なので
雲を見ながら電車に揺られた。

 “空”と言うのが

なかなか掴めそうで
掴めないものだなぁ〜と思う日々だ
あれから…。

こないだ
たまたまテレビをつけたら
紹介していた人物が2人いた。

一人は
以前から生き様とか人間的に憧れている
元バレリ〜ナの人だった。
新刊が出たのを本屋で見て迷っていたが
この放送後に、やっぱり買った。

一人は初めて知る人だった。

少しネットで調べた。
ちょっと実際に会ってみたい!と思った。

2人を見てからテレビを消した。

そして、また

 “空”について考える。

電車の窓から空を見ている。

久し振りに朝から白い雲を見ている。
雲は止まっている。
いや、走っている電車から見ているから
止まっている様に見える…
いやいや、動いているのは地球の方だ。

 雲は、粒子の集まりなんだよなぁ〜

…などなど、思っていると

白い大きな雲の前にポツンと
グレーな雲が現れた。

なんかの子供のように見える。
なんだろう?と考えていると
続けて、少し大きめなグレーの雲が現れ
そして次々と細切れに数個
グレーの雲は現れるんだけど

後ろに大きな白い雲があるので
数が増えても
やっぱり子供の様に見えた。

孫悟空が
お釈迦様と勝負して
どんなに遠くへ行っても
お釈迦様の手の上にいる。

って、話を思い出した。
…ら、駅に着いて
また、空が見えなくなった。

今日は2回死にそうになって
助かった。

1つは横断歩道で。
1つは…。助かったのかぁ?

なんか、なんだか…
雲みたいに流れている、行くみたい
だなぁ〜と思えた。
人生とは

 雲の様に人も巡り巡る巡ろい遇う。

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

くうでくぅ

照見が“空”と思いつつ
イイ感じの天候にあらず…。

でも
晴て太陽に照りつけられても
暑くて困る。

なんかの偶然で
フォローに入れてもらったのに

教授がツイでフォロー者がつまらない。
と、呟いてから
ツイを書くのも気を使う様になった。

 プレッシャー (ΘoΘ;)

だから
ほとんど、ツイも書いていない。

体調も良くなっているんだか
   悪くなっているんだか…

前向きなのに
そんなに進んでいる様には見えず。

でも進んでるんだよねぇ

最近の状況は
なんとなく、こんな感じなのだ。

くうでくぅ

| | コメント (0)

2010年7月12日 (月)

heaven and earth

 ♪虹の都 光りの港 キネマの天地

《『蒲田行進曲』
 作詞 Brain Hooker 訳詞 堀内敬三
 作曲 Rudolf Friml 
 歌 川崎豊 曽我直子 昭和4年発売》

子供の頃に見た映画
『二代目はクリスチャン』

それが初めてのつか作品だった…と思う。TVで見たんだけどね…

子供の頃見た映画ではベスト5には入る
今も、とても印象深く思う作品です。

そして、大人になり舞台で
『 ~東海村緊急特別バージョン』
を観る事が出来ました。

つかさんの舞台は他にも何本か
観ましたが

どれも印象深く。
インパクトがあり。
驚く事も多く。

心を動かされる事も多く。

 本当に面白かったです。

つかこうへいさんは
7月10日午前10時55分
家族に看取られながら病院で
息を引き取られたそうです。(享年62歳)

井上ひさしさんに続き…(ToT)

遺言も潔く格好良い d(^-^) です。
heaven and earth

 飛龍の如く空に舞って行かれた。

 I pray you soul may rest in peace.

| | コメント (0)

2010年7月 6日 (火)

1話のみ

結局
冒頭の『ロビィ』と
“あとがき”しか読まなかった。

1話のみ

小松左京さんかぁ〜
懐かしいなぁ〜と思った。
久し振りに読んでみようと、思った。

| | コメント (0)

2010年7月 4日 (日)

いろんな角度で。

やっぱりツイッターは
活用しないし
ほとんど見なくもなっていた。
そしたら
Blogからも離れてきてしまった。

そんな時に見た映画だったので
キッカケに書かれたシーンも
強く印象に残った。

いろんな角度で。

中島哲也監督作品は好き。特に
映像の色彩感覚と描写の“間”の感覚
が好きだ。

SMAPのPVも
監督らしい作品で良かった。
だから今回は“陰”な感じがしたが
見には行こうとは思っていた。
そしたら
結構ヒットしているみたいだったので
急いで見に行った。

やっぱり良かった。(^ヘ^)v

あんまりココには書けないので
後で自分に解る様に遠回しに書くと

出だしはストレートでビックリする。
でもやっぱり
映像描写と“間”の感覚は良かった。


今回はR15だけあって
私にとっては
キツいシーンも多かったけどねっ。

原作とは、違う点があるらしいので
本も読みたい!と思う。

男の目線と女の目線の違いも
ある気もしたし…。

ついでに
こないだやってた
日テレのドラマ『MOTHER』の子役と
映画の子役の子が同じだった。
あの子、あんな役ばっかりだけど…
大丈夫なのか?ちょっと心配した。

いろいろな視点に立って物事を考えると
やはり
人生は、自分の為にあるのだなぁ~と
妙に思ってしまった。

 人生=自己満足 だなぁ~と。

| | コメント (0)

2010年7月 2日 (金)

そらそらそらから

あれから写経を書いてみている。
最後まで書いたのは片手位だけどね。

だいたい
『色即是空』くらいまでは書いたり
途中から20〜50字くらいだけ
書いたりしている。

でも
『般若心経のタイピング』
がネットにあったので
それを打ってみたり

1回ひらがなで最後まで
書いてみたりしている。

ひろさちやさんは
『羯諦羯諦 波羅羯諦』を
『わかった。わかった』と訳している。
なんとなくその“羯諦”の言葉は
気に入っている。

『無』を沢山書く所で挫折する。

パソコンで打った時
『呪』をノロイと打っていた。
打ちながら何故“呪う”のだろうか?
と思っていたら
“呪文”と言う言葉に気がついた。

 “バカ”と読んでしまう文字がある。

やっぱり“色即是空”の所は書いていて
清々しい感じがする。

何も考えないで書く事が
なかなか出来無い。

そうそうこの人が探した

『アウトドア般若心経』を思い出した。

たまたまテレビで見た事があるし
本屋で立ち読みした事がある。

ETVで宿坊に泊まる番組をやってて
結局、毎週見ちゃてる
その時に写経の話が出る。

そんな事を思いながら
本当は“無意識”に
ひたすら書かなきゃいけないのに
脱線しながら書いている。
…ので
なかなか“空”になれ無いでいるconfident

| | コメント (0)

2010年7月 1日 (木)

そらそらそら

昨日、電車の窓から見えた
くもは白く空は青く澄みキっていた。

沢山の雨が降った後だから
あれだけ降れば
後はただ、ひたすらに
晴れ渡るしかないのだ。

いつもの気紛れな偶然が重なり

ここに置いた言葉に背中を押されて


ここ数日、般若心経を書いて観ていた。
訳はひろさちやさんを参考にしていた。

そしたら偶然初めて映像で話を聞けた


この後日放送された『般若心経』の話も
もちろん見た!タイムリーで助かる。
それも更に後押しになった。

余談だけど
Wikipediaで調べたら
法然さんの弟子の親鸞さんの浄土真宗は
『般若心経』は唱えないらしい。
でも親鸞さんの没後に門弟さん達により
教団として発展したらしい。

ちなみにここです。


ついでにビックリしたのは
親鸞さんは“架空の人”扱いされてた
時があったみたいです。
そして、小豆が好きらしいです。
奥さんもいたらしいです。

やはりこの本を読みたくなってきた


あっ\(◎o◎)/!
法然さんと『般若心経』は
テレビの話の流れで続いていて
法然=般若心経じゃないじゃん!
勘違いでリンクしてしまっていたconfident
まっ、それも偶然と言う事で…

結局、今回は
余談の脱線話で主話は書ききれずcoldsweats02
ので、またまだ“つづく”

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »