« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

英語ケンカ

ネットの記事より

 <ユニクロ>新世界戦略 英語公用化
           …12年3月から

ファーストリテイリングは23日
12年3月から社内の公用語を英語にする
方針を明らかにした。

日本のオフィスも含めて幹部による
会議や文書は基本的に英語とする。
海外展開を加速させており
グローバル化に対応した
言語の共通化が不可欠と判断した。

柳井正会長兼社長は毎日新聞の取材に

「日本の会社が世界企業として
 生き残るため」と語った。導入までに
「海外で業務ができる最低限の水準」
(柳井会長)として

国際英語能力テスト「TOEIC」で
700点以上の取得を求める。

日本人のほか中国人など非英語圏の幹部や
店長には研修を受けさせる。

幹部社員の賃金体系も世界で統一し
店長クラスの海外異動を日常化させる。

新卒採用も外国人を増やし
11年入社は600人の半数
12年は1000人の3分の2
13年は1500人の4分の3を
外国人にする計画だ。

同社は国内で809店、海外で136店(中国54店、韓国48店、欧州17店、香港13店、米国1店など)を展開しているが

人口減などで
日本市場はいずれ頭打ちになる

とみていて、海外出店を加速させる方針。

日本企業が英語を公用語にしたケースは
カルロス・ゴーン氏を社長に迎えた
日産自動車などがあるが

日本人がトップの会社では
楽天など極めて限られている

《【井出晋平】 毎日新聞 [6/24 02:32]
              より抜粋》

グローバル化と言うよりは
人口は減らないけど
日本人は少なくなるって事かもなぁ〜delicious
英語圏化。

| | コメント (0)

背筋を伸ばしてみる。

テレビでたまたま見た
軽いストレッチを
何気に思い出した時だけ
ここ何日か毎日しているせいか
背筋が伸びてるようで気持ちが良い。

背筋だけじゃなくて身体全体が
イイ感じでシンパしている。
ストレッチは身体に革命をもたらして
いるのかもしれない。

 怠けた部分たちが反応して動き出す。

レイの上司がJ社と
とてもクダラナイ事で揉めた。
ハタから観て
オマエの交渉の仕方が下手なだけじゃん。

なんで感情的にヤリトリすんのかなぁ
と、観測していた。

結局2ヶ月またがった。で、その後に
J社と関わりのある仕事をするAさんが
「なんかJ社の態度が強気になってる…」
という感じの事を言った。
もちろんレイの上司の件は知らない。

そしたら
「あそこは家族でやってるくらいの
 会社なのに偉そうなんだよ」
みたいな事をレイの上司が言った。

いやいや
あんたがJ社をそうさせたんじゃん!
と、知っていたが一応スルーした。

で、ここまでは
いつものクダラナイ範囲内だけどさぁ

その後、暫くして
BさんがJ社について聞いてきたら

「あそこは小さいくせに態度が大きいって
 Aさんが愚痴ってたよ!
 なんで、儲けてるか知らないけどさぁ」

と、レイの上司が言った。
 『オマエのせいだろ!』
と言いそうになったけどさぁ

頭をカラにしてボ〜とした。

でもBさんがウマくそれをスルーした。
ので、心は少し救われた。

そして、みんなやっぱり
こいつの事を信用してないんだなぁと
思うor思いたい反面、やはり脱力もする。でも

 人はいろいろいる。

その基本的な考えは大事な事だと思う。
その考えを踏まえて前に進むべき
だと思う。

会社はあくまでも給料をもらう場所だ。
一種の金を儲ける場所だ。もんねっ

心のどっかで合理化しながら…

でも
ストレッチを少しづつ試みる事も
している。

ジワジワと…delicious

目に見える大きな逆転回の下には
小いさな小さい積み重ねがある事を
忘れちゃいけないんだよねっ

逆に小さいな巻き返しをする事が…
って、事だと思う。

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

貪欲になると鈍足になる…かも。

なるほどなぁと思ったコラムだったので

また勝手に置いてしまう。

しかも…
「ちゃんと聞いてくれたかい?」
とあったので
感想文を書いてメールした。
しかも…
シャレてもい無いし面白くも無い感想を。

でも、なるほどなぁと心の底から
感心したので。
それを形にしたかった。のも、あった。
でも
そんな事は書か無いで
素直に思えた事を数行書いた。
でも
心の底から“なるほどなぁ〜”と
地響きがなって感心した。

<人の話を聞くということ。>

「追いかけない」
「ただ聞いている」
「役立てない」

ちょっと意識して見ようと思うdelicious

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

花が落ちる瞬間を見てしまう。

ボトッと
目の前の花がそのまま落下した。
近づいて見て見たら
ボトボトと落ちまくっていた。

花が落ちる瞬間を見てしまう。

更に
近づいて落ちる花
を見て見た。

花が落ちる瞬間を見てしまう。

 小さい白い花だった。

花が落ちる瞬間を見てしまう。

掃除は楽だよねっconfident

花が落ちる瞬間を見てしまう。

この花も
そのうちに落ちるのだろう。

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

流行に追ってオワレて…?

なんか最近よく遇う人物。だと思ったら

ネットの記事より抜粋。

『五木寛之「親鸞」
 平安末期の絶望と重なる現代著書』

現代は「鬱(うつ)の時代」だという。
長引く不況。親が子供を虐待し
凶悪犯罪が相次ぐ。
自殺者は12年連続で3万人を超す。

 「魂のデフレだと思うんです。
    命が安くなっている」

平安末期から鎌倉時代の
激動期を生きた宗教者、親鸞(しんらん)
の前半生を著書『親鸞』(講談社)
今年初めに発刊し、すでに65万部を突破。
疫病や貧困、飢餓、貧富の差など
絶望が覆う親鸞の生きた時代と、
現代の不安定さが重なってみえるのだ
という。

「小説家はイタコみたいなもので
 その時代の声や人々の
 心の中にあるものを書きます。
 京の町じゅうが死体だらけだった時代に
 若い日を過ごした親鸞の心。
 “時代の風”が吹いてきて
 自然と書かされました」

現代と同じく困難な時代に
悩みながら真実を求め
仏の救いを説いた親鸞の人生が
一筋の光として世を照らすのかもしれない

物語は、親鸞が忠範(ただのり)と
名乗っていた8歳のころから始まる。
親鸞は、自身のことについてほとんど
書き記さなかったが
史実や伝承などをベースに
綿密な時代考証を経て
独自の発想を付け加えた。

幼い忠範は
社会の底辺で生きる人々と出会い
世の中の矛盾を学んでいく。
比叡山で修行した
法螺房弁才(ほうらぼうべんさい)や
河原坊浄寛(じょうかん)
ツブテ打ちの名手、弥七(やしち)。
多くの人たちが忠範を助け、世間を教える。
敵役の黒面(こくめん)法師も
個性的なキャラクターだ。

〈人はなぜ苦しんで生きるのか〉

〈十悪五逆の極悪人でさえ
 ひとたび弥陀の名を呼べば
 必ず救われるのか〉

その答えを得ようと出家し
比叡山で修行した親鸞はその後
念仏を説く法然の門に入る。
今作は
念仏弾圧で越後に流される
30代半ばで終わっている。

《産経新聞
 [6/19 18:58] 田野陽子より抜粋》

| | コメント (0)

酷な話だけどさぁ

delicious自己紹介
こんな姿勢でやっていこうと思います。

<みんななかよく5つのやくそく>

1 とげとげしいことばは、なしよ。
2 だれがただしかろうが、
  なにがただしかろうが、
  ただしくないことも、ありよ。
3 やすみたいとき、やすむのありよ。
4 だまっていたいときに、
  だまっているの、ありよ。
5 be たのしくね。

って以上は糸井重里さんの
ツイッターのプロフィールに書いていた
のを感動したので勝手に載せた。

そうなんだよねぇ〜
それが正解だと思います(*^_^*)

同級生を刺してしまった子供がいた。
本当の理由は解らないけど

 二人の間に入ってあげられる人が
 いればイイのになぁと思った。

ここでまた余計な話

結構みんなに尊敬されてるAさんがいる。

Aさんは、Bさんを気に入っている。
Bさんは物事や人をシニカルに表現する。
だから端から見てると
あまり好意的に思えない。

でも、AさんはBさんをイイ人だと言う。

端から見てると何故?
AさんとBさんは仲がイイのか解らない?
特に聖者のように慕われやすく想われる
Aさんの方がBさんを気に入っている。

それは、きっとAさんが博愛だから…。
いやいや
そうではないのだ。

Aさんは、シニカルに言わないだけで
思っている部分もあるのだ。
それを自分では絶対に口にしないだけだ。

でもBさんは
思っているシニカルな事さえも
言葉で言ってしまう正直者なのだ。

だから
Bさんは自分の感情や周りに流されて
人の悪口も言う。

そして
Aさんは人の悪口は絶対に言わない
…が、Bさんが悪口を言うと

注意めいた言葉を選び発しながらも
ニヤニヤして聞いて
後で「Bさんが言っていた」
と、必ずつけて
それを他者にフれまわす。

世の中には
いろんな人達がいて
いろんな事を思う人達がいる。
そして
やり方は、人それぞれに違うのだ。

 正解は、特にないんだよねぇ

そして今日も

 「違和感に屁理屈をつけている作業」

をしてしまうのである。

なかなかこんな感じには

出来ないねっdelicious

だって
私はBさんなんだもの
どちらかと言えばconfident

でもさぁ
なるべく心には刻んで置きたい
と、思いますcoldsweats01

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

勇幸利口者

【耕作放棄地】(こうさくほうきち)

 農作物が1年以上作付けされず
 農家が数年の内に作付けする予定が無い
 と回答した田畑、果樹園。
 世界農林業センサスで
 定義づけられている。
        《Yahoo!辞書より抜粋》

それを有効利用しようと考えて
実際に会社を設立して現実化した人の
追っかけ番組をTVで見た。

需要と供給が一致して
ウマく活用するイイアイデアだと思った。
それに実際にやってる所が凄い!と思う。

でも
利益はあんまりないだろうなぁ
と、思えた。

もちろん
その人は、それが最終目的じゃ無い!
のも解った。

だから、余計に心は動く。

それにそのアイデアは
単純明快で…。
コロンブスの卵だと思う。

一番必要なのは
『世の中を良くしたい!』って想いと
現実化する勇気だと思った。

“耕作放棄地”

と言う言葉と意味を知り
それは、土地だけじゃ無いよなぁ〜

職場や家庭や仕事…
いろんな所に渦巻いている。

と、思った。

あ〜すればイイのに…と思うけどさぁ
実際にやれば
現状維持派に邪魔されるだけだし。

全ての人達が
救われるなんて無理なんだよねぇ

 犠牲は必ず出る。

それがナンナノか誰なのかって事。

だから
足踏みするのが楽なんだけどさぁ〜

そんな事を頭に置きながらも
余裕がある時は
なんか出来る事をしてみたりする。

自分がした事、してる事が
“正しい”かどうか?
考えている事態が
利益を求めちゃってる事だよねぇ〜

と、今日は結論づける。

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

端から見えたので

廊下で、たまたま聞こえた
2人組の会話。内容は解らないけど
相槌をしてる人の声がツカレている
…のが判った。
彼女も大変なんだなぁ〜と思った。

今日もレイの上司の
おとぼけ仕事に(-"-;)と思いながらも
諦めてスルーするが

まっ、ちょっと言ってやったが
結局スルーしやがった。
いつもの事だけどさぁ〜
私も適当にヒいてやったけどさぁ。
言う時はあんまり言い過ぎないのがコツ。

でもさぁ
別の件で別の人に
『仕打ちだ仕打ちだ』と言う言葉を聞いて
また(-"-;)となる。

また言ったら
『自業自得』とか『普段の行い』
と言う言葉を交えた
コジャレた冗談を言い返えそうと
思ったけどさぁ
言わねぇでやんの(`ε´)ぶーぶー

今日は、みんな大変なんだなぁ〜
と、いう感じの事態に
遭遇するのが多い日だったconfident

| | コメント (0)

初めて動画で見た!

見ていたドラマにCMが流れたので
他の番組にして見たら

『歴史は眠らない』
お経に秘められた智慧に迫るシリーズ
第3回は「阿弥陀経(あみだきょう)」
と、言うのをやっていた、ETVで。

ちょうどこないだから

写経の勉強をやり始めていたので
タイムリーだなぁ〜と思って見てたら
あっ\(◎o◎)/!

 講師が ひろさちやさんだった。

私は仏教はひろさちやさんルートで
小学生の頃から学んでいたので
もちろん、気紛れな独学程度だけどねっ

だから写経の訳もひろさちやさんのを
参考にしていた。

必然たる偶然だわ〜(ΘoΘ;)
でも、3回目らしいから
2回は見逃している(ToT)
まっ、それは扨置き…

とりあえず、TVの内容をメモる。

法然 比叡山

十念『南無阿弥陀仏』と十回唱えると
極楽浄土へ行ける教えをアミダす。

国家の仏教から民衆の仏教へ
ひろさちやさん曰く

 “メーカの論理からユーザーの論理へ”

他力の教え。弟子は親鸞(しんらい)

『阿彌陀教』より

青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光

蓮の花より。

青は青く光る。
青は緑に光らなくても良い
そのままの色で光る。

(´〜`)なるほどねぇ〜
なんか気がついた事があったけど
ここには書けないので
心の中に秘めて置こう。
そっか〜
そう言う事かもしれないなぁ〜。

Answerは突然に…
忘れた頃にやって来るもんだなぁconfident

来週は『般若心経』なので見なければ…
でも…
ドラマも来週最終回なんだよねぇ〜
ここまで見たら犯人知りたいもんなぁ〜

しかし
初めて動画でひろさちやさんを見た!
声も初めて聞いた!

なんか感動したわぁdelicious

以前から講演会とか探してたんだけど
なかなか、ねぇ…。

でも、やっぱり一度
本人に会いに行って見なければ…。

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

事件の続報があった。

以前Blogに書いた事件の続報があった

またネットの記事より

動画投稿サイト「YouTube」に
人気漫画「ONEPIECE」などを
違法投稿した中学3年の男子生徒(14)が
著作権法違反容疑で逮捕された事件で

男子生徒が昨年12月から今月上旬にかけて
約30種類、約120作品の漫画を
ユーチューブへ投稿し
大半が雑誌発売日の前だったことが14日
京都府警への取材でわかった。

発売日の翌日には
次週に掲載される漫画がアップ
されていたケースもあり
府警で詳しい入手経路を調べている。

府警によると、これまでに
800万回以上の閲覧があったといい

被害総額は約19億2千万円相当
にのぼるとみられる

出版社側から画像を削除されても
IDを変えるなどして
再々掲載していたという。

  《産経新聞 [6/15 09:16]より抜粋》

雑誌を発売日前に購入する手法を
「フライングゲット」と呼ぶんだって。

(´〜`)削除を何度もされてたし
量も結構あるんだねぇ

悪質だったんだねぇ〜。

じゃあ捕まってもしょうがないねぇ〜

と、納得した。

| | コメント (0)

摩訶不思議

また、たまたまテレビを付けたら
“宿坊”に泊まろう!って番組を
ETVでやっていた。
ちゃんとしたタイトルはわかんないけど…

何故か第一回も二回もオープニングから
見てしまっていた。偶然にも…

今回2回とも

真言宗の総本山、和歌山県高野山を訪ねる
宿坊は鎌倉時代に建立された
「蓮華定院(れんげじょういん)」
外国人の宿泊客も多いという宿坊。

だった。

宿坊に一度、泊まってみたい!
と、以前から思っていたのもあり
興味津津に見ていた。

見ていてビックリした事は沢山あった。
…けど、一番ビックリしたのは

住職のお母さん?奥さん?
だっけかなぁ?とにかく…

 お婆さんが英語で外人さん達に
 お寺の事とか説明していた!

  しかも、かなり流暢だった!

畳の広間に20人位の
欧米の方々を相手に

腰を丸めた日本のお婆ちゃんが
正座して
流暢な英語を話ていた姿は

w(☆o◎)w ガーン

ビックリ&ショックだった。

ショックは、私はしゃべれないのに…
って、事に対して。

そして二回目の放送で
“写経”についてだった。
高野山の住職さん曰く
写経を書くのは

 『無意味な事に時間を費やす』

と、言う教えらしい…。
そして、付け加えて

  何も利益を求めずに書く

と、言われていた。
意味がわかる様で解らないが…
でも、とても奥深く心に響き残った。

その言葉がとても心に引っ掛かるので
実際に写経を書いてみようかなぁ〜
と、思ったのである。

これも以前から
書いてみようかなぁ〜
と言う気持ちもあったので…

宿坊は、まだ行かないと思うので
写経は
ちょっと書いてみる事にしたのである。

その話は、また後日 (・ω・)ノ

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

ハイテクとかサイバ〜とか云々。

ネットの記者より抜粋

世界最大の動画共有サイト
「ユーチューブ」を使い
発売前の人気漫画を撮影した動画を
違法に流出させたとして
京都府警ハイテク犯罪対策室などは14日
名古屋市中区の中学3年の少年(14)を

著作権法違反(公衆送信権侵害)

容疑で逮捕した
府警によると、ユーチューブを使った

同法違反事件の立件は全国で初めて。

少年は容疑を認めているという。
府警によると
動画はページごとに見ることができるよう
アップされていた。少年は
簡易ブログ「ツイッター」で多数の
インターネット利用者に連絡し
閲覧させていたという。

府警がサイバーパトロールで
投稿された動画を発見。
動画はアップロードから
短時間で削除されていた。
府警は、投稿者を特定されないための
工作ではないかとみており
発売前の漫画を入手した方法
などについて追及する。

《毎日新聞 [6/14 12:25]
 【林哲平、太田裕之】 より抜粋》

全国初。未成年。
公衆送信権侵害とか
目を引く言葉やハイテクな言葉が
記事に濃縮されている
とても興味深い記事だと思った。

しかし…発売前って?
共犯者がいるのかなぁ?
この子は金銭目的で悪質だったの?

勝手に事件のバックグラウンドを
想像して広げてしまう
事件だなぁと思う。

まっ、犯罪を犯したんだから
捕まってもしょうがないんだけどさっ

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

つい〜と文。

ツイッターを始めた時
フォローする人を探していたら
なんとなく
サブカルチャ系の人達が頭をヨぎっていた
その時に思い出した人がいた。

ネットで調べたら
ヤワラちゃんの選挙の出馬が
当たっていたらしいぃ
そんな感じの書き方してたかもなぁ〜
していそうな人なのです。
そして

 今日が命日なのです。

毎週、本屋で「週刊朝日」を立ち読みして
コラムを読んでいた。ファンです。
久し振りに読んでみた。

やっぱり面白かった。
今、読み返しても面白い!

今は、Blogなどで個人コラム化したから
匿名で知らない人が
勝手に書いて、勝手に見れちゃう時代に
なってしまったけどさぁ

ここまで書いて堂々としてる人は
いないと思う。
そう言うトコロも好きだった。

もちろん、読んでる途中で
 それは違うだろぉ〜
 ちょっと独りでよがってるかも…
とか思う部分もあったけどさぁ
文章を読み終わると

それは
本来の言いたい事の導入部分であり
その人物をたまたま見てたら
その事に気がついた。
って、“その事”がウマく心に残る。

だから、なるほど。
…って思えたんだと思う。
だから

旬な芸能人ネタのコラムのはずなのに
再び今、読んでも interesting
で、読めるんだと思う。

本人の文章から引用すると
「違和感に屁理屈をつけている作業」

つい〜と文。

駅の売店の新聞広告で
訃報が貼り出されたのを見て
ショックで帰宅した。

でもさぁ
次の日、テレビでワイドショーとか
結構、沢山、大きく報道されて
彼女のファンが以外と多くて
ビックリした。

消しゴム版画の作品もインパクトがあり
モデルの人物に愛情を感じる。

今回
本を再読していて見つけた

 『テレビの中に見つけた
  違和感のようなものに自分なりの
  屁理屈をつける作業が
  好きなわけであるが
  それは必ずしも「正解」など
  知りたくはない、と言ってもいい。』

私のBlogの基本もそれだなぁ
と、痛感させられた文章だった。

でも、私の場合
テレビの中だけじゃないし…
愚痴を正当化しようとしちゃてるのも
あるけどね

ヤバっ
なんかバイブル化してしまったなっ

でもやっぱり
再読しても面白かったよ!
やっぱりすげぇ人だったと思う。

  ビバ! ナンシー関!

つい〜と文。

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

卵を焼くだけ。

卵のパックを落としてしまった。
w(☆o◎)w ガーン

割れた卵があった!
…ので
そうだ!久し振りに

卵を焼くだけ。

卵だけを焼いてみた。
そして、それを醤油だけかけて食べた。

ゆで卵や目玉焼きは今も食べるけど

卵を溶き焼いて醤油をかけるだけ。
は、久し振りだった。

これも子供の頃の料理の1品
初めて作った卵料理だと思う。

う〜ん(´〜`)それとも…
ゆで卵が先かなぁ? or 目玉焼き?

今は卵の中に具を入れるから
プレーンで…しかも醤油のみは
本当に久し振りだった!

でも
これはシンプルでウマかった!
これは、これでアリだなぁ と

 再食感!再発想となった。

とにかく
安くて早くて美味いよ!

いや〜なんでも
やってみるもんだなぁ

これぞ

 転んぶすの卵だねぇ (^ヘ^)v

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

ブル〜の板にブルーっす。

次から次へと悩みは生まれる。

今は
静電気を発生させて
維持する方法について考えている。

使われていない
ブル〜のプラスチックの板があった。
キレイな色だった。
ので、何かに使い道は無いかなぁ?
と、思っていたら
壁にその板を貼るチャンスがやってきた。

職場においての出来事である。

しかし
その上に“連絡事項の紙”を
貼らなければならなかった。

その紙は、定期的に変わるので
取り外しがしやすく
もちろん、落ちてしまったら
駄目なのである。

ブル〜のプラスチック板は何とか
壁に貼り付けた。

そして、その後その上に
“連絡事項の紙”をどうやって貼るか?
数人で、あ〜だ、こ〜だ。と言いながら
実際に紙を載せたりしてイタ!その時
たまたま手を離したら…あっ\(◎o◎)/!

ブル〜の板に
紙が貼り付いたのである。(?O?)

どうやら静電気の力によるものらしい…

静電気って凄いなぁ〜

 ECOじゃん!

と、感心して

暫く
静電気でくっつけてみる事にした
のであるが…

つづく

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

久し振りに作った料理

子供の頃に作っていた料理を
久し振りに作った。

 話は少し前に戻る。

麻婆豆腐を作ろうとして
長ネギを買おうと値段を見たら
w(☆o◎)w ガーン

いつもは、この半額でしか買わないので
買うのをヤメた。でも食べたいなぁ
と、思っていたら

久し振りに作った料理

特売していたので買った。
これは豆腐だけあれば出来るので
小学生の時に良く作っていたのだ。
本当は赤の中辛なんだけどねぇ
もう大人だから辛口にした。
初めて買ったかもなぁ〜
甘口は、食べた事あるけどねっ

いざ、作っていると匂いがどんどん
子供の頃を思い出させた。
懐かしいなぁ〜と思いながら作った。

久し振りに作った料理

子供の頃は
もっと豆腐は正方形に切ってたけどねっ

作ったら結局
生姜や花山椒やラー油を
入れちゃったけどねっ

でも懐かしかったcoldsweats01

また、他にも子供の頃に食べた
懐かしい料理を
探して作ってみようっとdelicious

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

じ面が変わる日

どこも同じなんだなぁ。と
特に驚きもしないで
『ジャーナリズム崩壊』を読んだ。

もうここ何年も新聞も報道番組も
自分から意識して見てないからなぁ
どうせ…って気持ちが強いから
ネットで情報は判るし。

でもツイッターの件をBlogに書いて
いたので、それに偶然に遭ったので
その成り行きで読む事にした本だった。

前にTVで番記者と言われる人の
特集を別々な放送局で2人見た時
こんなか弱そうな人が
政治家の番記者なのかぁ〜
と、思った事を思い出した。
なるほどなぁ〜(´〜`)

筑紫哲也さんは
後ろ姿だけ見た事あるんだ(^-^)v
あの後に
お亡くなりになるとは思わなかっので
もっと近くまで行って
会って見れば良かったなぁと今も思う。

櫻井よし子さんって凄い!
本当に強い人なんだなぁ。

本の中で印象に残った言葉。

 『批判はいい。ただ侮辱はするなよ』

って、都知事に言われたらしいです?
良い言葉だなぁと思った。

例えば
「うるさいオバサンだなぁ〜」
とかは駄目だよねぇ?

それと

『堂々と面と向ってモノを言う記者よりも
 陰で想像を逞しくして噂を広める輩の
 なんと多いことか。』

やっぱりなぁ、どこも同じだよねぇ
と、いろんな意味で日本らしい話だなぁ
と、特に驚きもせずに読んだ。
同じ事、繰り返し書くけどさぁ〜。

でも、やっぱり
「記者クラブ」は、せめて開放
した方がイイとは、更に思った。

そして、また新たな視点で
報道を見る事が出来そうだ。
いや、報道だけではなくて
それに関連して他の物事の見方の角も
変えて見ると
違う方向性に遇う事もあるはず。

やはり
ネットや本の媒体を利用して
自分が今ある現実と現状などに
ウマく考慮してゆく事が出来れば
イイんじゃないかなぁ?

とりあえずツイッターで
なんか変わるかもしれない!
と、言う期待を込めて
まだ暫くツイッター観察しようと思う

でもツイッターの話をBlogに書くのは
もう控えたなぁ〜と思う。
なんとなく…(ρ.-)

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

結局またツイの感想文になってしまった。

暫く
ツイッターの感想文はいいや〜
観察してよっと。
ツイを捨てて図書館へ行ったら

この本に出くわしてしまった。
もうここまできたら
読まざる終えないなぁ(´〜`)
と、思い、借りて読む事にした。
で、
その前に
昨日の時点で思っていた事を
書いて置こおっと。

結局またツイの感想文になってしまった。

結局
4人の記者はフォローに入れていた。
やっぱり、せっかくだから
ツイッターの可能性について
観察して置こう!と思ったトコロに
鳩山総理の辞任劇が
タイムリーにあったのだった。

当日は
あんまりツイッターの
意味は感じなかったけど
翌日からは、結構、読み応えがあった。

上杉隆氏の
スカしたツイにも慣れてきてたし
それよりもやはり4人の中で
情報が早くて解りやすかった。

でも何故?
フリーなのにそんな所に入れんだろう?
と、やっと思った。
まっ、何かしらのコネとかあるだろう。
と、適当に解釈して、ツイだけを読んだ。

実は、この時点では
4人の記者の経歴とかは全く知らない。
上杉氏も、借りてきた本の裏表紙の紹介
(その後Wikipediaも見た)で知った。

で、他の3人は今だにツイッターの
プロフィールだけの情報しか知らない。

理由は、その方が
ツイッターの可能性を観察するには
ツイートを読むだけで
どんな人物なのか考察した方が
イイんじゃないかなぁ?と思ったからだ。

そんな時にに辞任劇があったから
4人の動きを観察出来て
なんとなくツイでの動き方も解ってきた
ので良かったし
今後も期待して見たいなぁと思った。

そして、その後、この本に遭ったので
流れで読む事にしたのだった。

と、
今日もツイッターの考察文で終わる。

だって
まだ本は読んでいる途中なのです。
読むの遅いんだよねぇ(ρ.-)

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

ツイを捨てて本を読む。

結局
中川氏のツイはフォローから外した。
読んでいるのがバカらしくなった。

橋の上を通過すると
夕陽がキレイに窓に差し込む。

雲の間から
だいだい色で真ん丸な
放射線で光を放っていた。

眩しさで目を伏せると
目の前は river

最近
写真を撮って、なかったなぁ〜confident

とりあえず
本でも読もうと思った。

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

毒を持って毒を征する

「せいする」の“せい”は
“征”or“制” か迷う。

意味合いは微妙に違い
どちらを選んだぶかで…なんか違う。

元博報堂出身で
現在ニュースサイトの編集をやってる人
らしい中川淳一郎氏の
ツイを読んでいるのは
刺激的だからだと思う。

特にツイッターの文章に知的さは
感じないけどさぁ
なんか、私の中の何かを刺激する。
そんな内なる自分を探ってみたくなる。


彼の文章を真似る様に
自分なりの文章を創ってツイした。

なんかスッキリした。

昨日は鳩山総理大臣の辞任で
ツイッターの可能性を観測したが
私には、役に立たなかった。

4人の記者達の動向も
見ていたが

やっぱり上杉隆氏が速かった。
どうやら現場にいたらしい。

中には、この話題に触れない記者もいた。

あと
外野で分析していろんな方面の状態を
ポイント良くツイする人。
この人が私は、バランス良くて
やっぱりイイなぁと思う。

そしてもう一人は…
鈍臭かった。
この人はツイ記者は無理だなぁ

しかし…上杉隆氏はスカしてた。
だから速いのかもしれないが。

まっイイや
人それぞれに、それぞれのやり方で
やって行けばイイのだと思う。

他人がどうこう言ったって
自分の責任者は自分なのだから。

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

拡散したい確信犯

昨日たまたま見ていたTVに
気になる人物がいたのでツイを見たら
あっ\(◎o◎)/!

以前に書いたBlogに登場した

中川淳一郎氏のツイを見つけた。
どうやら
元博報堂出身で現在ニュースサイトの
編集をやってる人らしいです。

お年寄りではないみたいだった。

ツイッターもBlogもやっていた。
Blogを読むと編集の人って感じはする。

本を書いていてそれが
「ウェブはバカと暇人のもの」
ネットでワザワザ本の内容を
まとめて書いている人がいたので
読まなくてすんだのでラッキー!

まぁ〜

 世の中を拡散したい確信犯

って言葉が頭に浮かんだ (^ヘ^)v

で、中川氏のなんかそう言うのは
なんとなく、解ったので
フォローに入れて、観測しようと思った。

でもさぁ〜結局
上杉隆氏は高度過ぎて全然解らない!
でも…著名人達が後ろ立てにいるなぁ
と、言う事は解った。

なんか結局ツイを観察してたが
やっぱりスカした印象しか残らなかった
ので…
もうこの人の話は間に著名人がいないと
見聞きする事はないなぁと〜思った。

そしてこの人のツイを見てたら、なんか
記事クラブ問題も別にどうでもイイや〜
って思えてきた。

記者クラブを開放したら逆に
もっと悪くなる確率だってあるだろうし
なんといっても
セキュリティーが大変になると思う。
その分その対策の為に
予算をとる方が問題だと思う。

それならば
新聞や雑誌やテレビが
責任を持ってフリー記事を
記者クラブに送り混む方が
イイんじゃねぇ?

と、新たな形を勝手に思う。

別にマスゴミの将来なんて
そんなカワンネェと思うし

たぶんまた新たに汚い手を使う人達は
形を変えて出て来ると思う。
そういうブンヤだと思う。

だってさぁ外国の
パパラッチなんて凄いもん

今日は社内で
沖縄の普天間の問題を話ていた。

クダラナイおっさんらの話なので
シカとしていたが

「民主党は沖縄を
 切り捨てればいいんだよ!」

「沖縄の人達は反対する事が
 美学だと思ってんだよ!」

と、中小企業の社長に飲み仲間が多い
と自称しているレイの課長が言う言葉で

カチン (-"-;) と、キてしまい…

「また、沖縄が見捨てられる事に対して
 怒っているんですよ!」

と、結局、言い返した。

奴等はもう2度と私の前で
その話はしないだろうなぁ..((((^_^;)

そして
私の査定は…更に低くなるばかりだよぉ

だから社内で
政治と宗教の話はしちゃイケないんだよ!

でもさぁ
スッキリした!(^ヘ^)v

それに昨日
課長の落ちてた上着をフンづけたので
スッキリはしていた。
もちろん本人は知らずに着てるけどね。

絶対
50歳になったら再教育を1週間する
システムを行政機関でやればイイのに…

子供の教育改革を考えたってさぁ
大人が駄目ならば意味ないじゃん!

と、今日もつくづく思うのである。

今月は査定月間だから
おとなしくしなければ…('◇')ゞ

と、注意はしているのだが…。

結局
月初めで衣替えなのに
愚痴から始まってしまった(ToT)

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »