« 一歩一歩と前進を | トップページ | 忠太と愉快な仲間たち② »

2010年5月 8日 (土)

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

忠太と愉快な仲間たち①

【伊東 忠太】

慶応3年10月26日(1867年11月21日)
   ~昭和29年(1954年)4月7日)は
明治〜昭和期の建築家、建築史家である。
号は紅雲。工学博士、東京帝国大学教授。
法隆寺が日本最古の寺院建築であることを
学問的に示し、日本建築史を創始した。
また「建築進化論」を唱え
それを実践するように独特の様式を持った

築地本願寺などの作品を残す。

《Wikipediaより抜粋》

|

« 一歩一歩と前進を | トップページ | 忠太と愉快な仲間たち② »

temple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一歩一歩と前進を | トップページ | 忠太と愉快な仲間たち② »