« アッとホームだった。 | トップページ | ほどほどに… »

2010年4月 5日 (月)

卍と神社・プロロ〜グ

この神社で一番ビックリしたのは
トコロドコロに

 卍 があることだった。

私のカメラでは撮影が不可能だったが

あっ\(◎o◎)/!

こんなトコロにも…って沢山あった。

これほど卍がある神社は初めてだった。
お寺さんだって
そんなに卍があった記憶ないもんなぁ
ましてや神社でこんなに…

なんで卍に驚いているのか?と言うと

私が子供の頃に映画の影響で
少林寺挙法が流行った。
その時の印象が 寺=卍だった。からだ。

だからさぁ
卍って、お寺のイメージがあるんだよね

もちろん“明治の神仏分離”
と言うのがあった事は知っていたが

【卍】
   インドのビシュヌ神の胸の旋毛を
   起源とする瑞兆の相
   仏教に入り仏の胸など体に
   現れた吉祥の印の表象となった。

   日本では仏教や寺院の
   記号・紋章・標識として用いる。 
       《Yahoo!辞書より抜粋》

卍と神社・プロロ〜グ

【神仏分離】しんぶつぶんり

 神仏習合をやめ神道と仏教との区別を
 明確にしようとする、明治初期における
 維新政府の宗教政策。
 神道国教化の方針から
 廃仏毀釈運動の激化を招いた

【廃仏毀釈】はいぶつきしゃく

 《仏教を廃し釈迦の教えを棄却する意》

 明治政府の神道国教化政策に基づいて
 起こった仏教の排斥運動。
 明治元年(1868)神仏分離令発布とともに
 仏堂・仏像・仏具・経巻などに対する
 破壊が各地で行われた。

       《Yahoo!辞書より抜粋》

 一般に「廃仏毀釈」と言えば
 日本において明治維新後に成立した
 新政府が慶応4年3月13日(1868年4月5日)
 に発した太政官布告「神仏分離令」
 明治3年1月3日(1870年2月3日)に出された
 詔書「大教宣布」などの政策によって
 引き起こされた
 仏教施設の破壊などを指す。

 神仏分離令や大教宣布は
 神道と仏教の分離が目的であり
 仏教排斥を意図したものでは
 なかったが、

 結果として
 廃仏毀釈運動(廃仏運動)とも呼ばれる
 民間の運動を引き起こしてしまった。

 神仏習合の廃止
 神体に仏像の使用禁止神社から
 仏教的要素の払拭などが行われた

 祭神の決定、寺院の廃合
 僧侶の神職への転向、仏像・仏具の破壊
 仏事の禁止などを急激に
 実施したために混乱した。

 明治4年(1871年)ごろ終熄したが
 影響は大きかった。

        《Wikipediaより抜粋》

改めて(軽くだけど)調べると
なんかイロイロとあったんだなぁ
と思った。

なんか理由とか背景が
イマイチよくは解らないけどさぁ

〈追伸〉

この神社の歴史的な事は
よくわからないけど

いろんな
神社に行ってみると
つくづく
お寺のイメージのするトコロが
幾つかあったので
前からそれが気になっていました。

たまたま
卍が沢山ある神社だったので
この枠で書いただけですから。

一応
誤解のないように書いておきます。

m(_ _)m

気になるようでしたら
自分で勝手に調べて
自分で勝手に納得して下さいねdelicious

|

« アッとホームだった。 | トップページ | ほどほどに… »

shrine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アッとホームだった。 | トップページ | ほどほどに… »