« あの温泉を思い出すなぁ① | トップページ | 大きな鈴と大きな灯籠 »

2010年4月23日 (金)

あの温泉を思い出すなぁ②

あの温泉を思い出すなぁ②

風見鶏がいたなぁ

あの温泉を思い出すなぁ②

社伝によれば
日本武尊が東征のおりに
大己貴命と少彦名命を
上野忍が岡に祀ったものとされ

天神山(現摺鉢山)や
瀬川屋敷(現アメヤ横丁入口)など
幾度か社地を転々とした後
昭和3年(1928年)9月に創祀の地に
最も近い現在地に遷座された

また相殿の菅原道真公は
江戸時代に入り
寛永18年(1641年)に合祀されたという。
        《Wikipediaより抜粋》

|

« あの温泉を思い出すなぁ① | トップページ | 大きな鈴と大きな灯籠 »

shrine」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの温泉を思い出すなぁ① | トップページ | 大きな鈴と大きな灯籠 »