« とりあえず…再ぶ。 | トップページ | 線路の上にて »

2010年2月24日 (水)

状況の情景

とても失礼な話だけれども
『坊っちゃん』を読みながら
『吾輩は猫である』の方が読みたいなぁ
と、思って読んでいる。

文体や音律も心地良く
情景もスッキリアッサリ入ってクルから
とても読み易い

でも、いや、だからこそ
とても、困る。…のだ。

負けん気の強い男の子の心理で
読むのがツカレる。

なんか今は
そんな気持ちになる余裕が
私にはナイので…
そんな事を踏まえて今日も読んだ。

状況の情景

今日
読んだトコロの感想は

 “なんぞ「良く見てるなぁ」って
  笑い飛せないんぞな?もし〜”

…って、生徒の目線になっていた。
ああ言う先生はやだなぁ〜

早い話が
主人公がイマイチ好きじゃない!

 “なんぞ、ネチッコいなぁ〜もし”

って感じがして
反発心を持って読んでいる
…のです。

状況の情景

と、
文豪にツッコミを入れながら
頑張って
読んでます

|

« とりあえず…再ぶ。 | トップページ | 線路の上にて »

BOOKS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず…再ぶ。 | トップページ | 線路の上にて »