« ナントナク | トップページ | お〜すとらりあさん »

2010年2月21日 (日)

偶然見た選手

偶然見た選手

平日は
『TIME』のEnglishのネット版を見ている。
英語の勉強がてら…

“読む”と言うよりも“見ている”

で、たまたま
その中のVIDEOに
“Speed Skater Apolo Ohno”
と言うOlympic選手の記事があった。
“Ohno”の文字が気になったので視聴した
英語を聞いても何だか解らないけど
でも、やっぱり

アスリートの練習は
「すげぇなぁ」と見入る。

筋トレの時に伸す足の筋肉は
凄い伸びていて
凄いキレイだった。

そうかと思えば
階段の上り下りをみんなでやっていた。

あれなら出来そうだなぁ
と、自分が出来そうな筋トレを探したり
と、英語をそっちのけで見ていた。

そしたら
コーチらしい人に
日本人らしい人がたまに映る。

で、VIDEOを見終わり
ネットで調べたら

アポロ・アントン・オーノ
(Apolo Anton Ohno、1982年5月22日 - )
アメリカの
ショートトラックスピードスケート選手
ワシントン州シアトル出身。日系二世で
父親は日本人。母親はアメリカ人
           (Wikipediaより)
そうだったのかぁ〜
本人見るとアジアっぽい感じしないので
ワカラナかったわぁ〜

偶然見た選手

で、たまたまテレビつけたら
男子ショートトラック1000mの決勝が
始まるトコロだったので見た。

決勝は
カナダが2人。韓国が2人。
そしてアメリカの
 Apolo Anton Ohno選手の5人で行われた
中継していたテレビ局は
“アポロ・アントン・大野”
と表記していた。

決勝が始まり
やっぱり自然と
Apolo Anton Ohno選手を応援していた。

途中でトップをとっり
5位になってしまったり…

それに5人でショートトラックを
走るので、ぶつかるんじゃないかとか
どうやってヌかせばイイのかなぁ?
スケートの刃って
刃物みたいだから転んだら
大怪我するんじゃないのかなぁ?
とか心配しながら見ていた。

結果は
韓国選手2人が金&銀で
Apolo Anton Ohno選手は銅メダルを獲得!
ギリギリまで最下位を走っていたけど
最後に3位に上がってキタ時は
感動した。

今まで
ショートトラックって
ちゃんと見た事なかったけど

速く走ればイイってもんじゃないから
凄い競技だよなぁ〜
と、思った。

また新たにOlympicをinteresting
に思う。

偶然見た選手

(写真の絵は奈良美智さんの作品です)

|

« ナントナク | トップページ | お〜すとらりあさん »

favorite story」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナントナク | トップページ | お〜すとらりあさん »