« チョコカフェ | トップページ | カリカリうめノ様だけど »

2010年2月 9日 (火)

献杯

 山路を登りながら、こう考えた。

 智に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。

  とかくに人の世は住みにくい。

 住みにくさが高じると
 安い所へ引き越したくなる。

 どこへ越しても住みにくいと悟った時
 詩が生れて、画が出来る。

  人の世を作ったものは
  神でもなければ鬼でもない。

 やはり向う三軒両隣りにちらちらする
 ただの人である。

 ただの人が作った人の世が
 住みにくいからとて越す国はあるまい。
 あれば人でなしの国へ行くばかりだ。

  人でなしの国は
  人の世よりもなお住みにくかろう。

 越す事のならぬ世が住みにくければ
 住みにくい所をどれほどか寛容て

  束の間の命を
  束の間でも住みよくせねばならぬ。

 ここに詩人という天職が出来て
 ここに画家という使命が降る。

 あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし
 人の心を豊かにするが故に尊とい。

       夏目漱石『草枕』より

『草枕』を読んでいたら思い出した。

 ゆく河の流れは絶えずして
 もとの水にあらず
 淀みに浮かぶ泡沫は
 かつ消えかつ浮かびて
 久しくとどまるためしなし
 人と住家とまたかくの如し

          『方丈記』より

今日は夏目漱石の誕生日…らしいです。
“Google”で知る。

時々Googleのトップ画面に絵が描かれる
それを楽しみにしている。していた。

献杯

立松和平さんが8日に亡くなった。

 ご冥福を祈ります。

 I pray you soul may rest in peace.

【献杯/献盃】
◆「故人をしのんで献杯します」のように
 亡くなった人を悼んで
 杯を捧げることをもいう。

今日は
そう想い浮かべる人がいる
日だった。

|

« チョコカフェ | トップページ | カリカリうめノ様だけど »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チョコカフェ | トップページ | カリカリうめノ様だけど »