« 線路の上にて | トップページ | It is no coincidence that »

2010年2月26日 (金)

一番見たかった選手

昼休みに
LIVEで見る事が出来た

鈴木明子選手の競技を見て
もらい泣きするトコロだった。
…けれども職場だったので耐えた。

ついこないだ
彗星のように出てキタって感じがする

たまたまテレビで見てたら
誰?この人?すげぇ〜
と、思ったら
やはり
高得点をとって
すげぇ〜と、思っていた。

その後
数回の試合でOlympic出場が
決まって
なんか感動した。

それが言葉で表現出来ないんだけどね。

なんかドラマを感じさせる。

今日の競技が始まる直前に
コーチと最後の言葉をカわすトコロを
カメラが少し引き気味で斜め後方から
撮ってるんだけどさぁ

その距離感覚が
またなんか涙を誘っちゃって
イイんだよねぇ〜

あえて言葉にするならば…
他の選手は
外国のコーチや女性コーチの中で
しかもそんなに老いた感じがしない。
でもさぁ
きっとあのコーチは
日本の男子フィギュアの元選手で
(調べたら、やっぱりそうです。)
白髪が少し、老いを感じさせた。

なんかあのコーチに
日本のフィギュアの歴史を感じる。

やっぱり言葉じゃ表現不可能です。
あんまり言葉を並べると

   “無粋”になるだけだわ

とにかく
初めてのOlympicで8位の入賞は
凄い事だし。とても嬉しかったです。

いやいや
そんな事よりも
メダルや入賞よりも

競技に見入り
演技者と一体感になれて
最後に鈴木明子選手が笑顔じゃなくて
感極まって泣きそうになった時に
それが伝わってキタので…

もうこれ以上書くと
“無粋で無礼”になるのでヤメます。

あっ\(◎o◎)/!

これを“passion”と言うのかなぁ

とにかく

  Congratulation and thank you!

|

« 線路の上にて | トップページ | It is no coincidence that »

体験談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 線路の上にて | トップページ | It is no coincidence that »