« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

ぢみちに

 大方清がすきだから、その魂が
 方々の御婆さんに乗り移るんだろう。

         「坊っちゃん」より

ここを読んで
やっぱりすげぇ〜表現力だなぁと
感心した。

今更
“坊っちゃん”って先生のコトかぁ〜
と、understand。

今日「龍馬伝」で
弥太郎が学問は平等だと言う
セリフがあった。様な感じの…。

すっかり弥太郎のファンになっている。

そういえば
ジョン万次郎の俳優さんが決まっていた。
イイ人選だと思った
楽しみだー。
やっぱりジョンマンが出るのかぁ〜
楽しみだー。

船長との話を
かなりやって欲しいなぁ

ジョン万次郎と船長のシーンは
ちゃんと書いてくれるとイイなぁconfident

ぢみちに本を読み。
歴史も考える。
             …地道に。

| | コメント (0)

いい加減だから

いい加減にやったから
結果もいい加減に終わった。

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

日々文明開化

パソコンを開いたら
インストール?出来る何かがあり
何かをバージョンUPしてくれる
…らしいので

やってみたら

あっ\(◎o◎)/!

GoogleがなんかGoodな状態にUPしたと
喜んでいたら

あっ\(◎o◎)/!

マウスで動かして英単語の上に
を置くと

  英単語の日本語訳が出てキタ!

すっすげ〜( ̄m ̄〃)☆

 置いただけで出てキタ!

イロイロといじってみたら

英語だけのページがワンクイックで
すべて日本語訳に替わった。
新しい機能ボタンが搭載された。

ワン・ツー・スリ〜
             …って
手品だわぁ〜
        It's magic!

本当にすげぇconfident

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

It is no coincidence that

…というのは偶然の一致ではない.

不思議だなぁと思う事は
多々あるが…。

イチイチ気にしていてもショウガ無い

しかし…

気になったら
試してみたい衝動にもカラレルconfident

| | コメント (0)

一番見たかった選手

昼休みに
LIVEで見る事が出来た

鈴木明子選手の競技を見て
もらい泣きするトコロだった。
…けれども職場だったので耐えた。

ついこないだ
彗星のように出てキタって感じがする

たまたまテレビで見てたら
誰?この人?すげぇ〜
と、思ったら
やはり
高得点をとって
すげぇ〜と、思っていた。

その後
数回の試合でOlympic出場が
決まって
なんか感動した。

それが言葉で表現出来ないんだけどね。

なんかドラマを感じさせる。

今日の競技が始まる直前に
コーチと最後の言葉をカわすトコロを
カメラが少し引き気味で斜め後方から
撮ってるんだけどさぁ

その距離感覚が
またなんか涙を誘っちゃって
イイんだよねぇ〜

あえて言葉にするならば…
他の選手は
外国のコーチや女性コーチの中で
しかもそんなに老いた感じがしない。
でもさぁ
きっとあのコーチは
日本の男子フィギュアの元選手で
(調べたら、やっぱりそうです。)
白髪が少し、老いを感じさせた。

なんかあのコーチに
日本のフィギュアの歴史を感じる。

やっぱり言葉じゃ表現不可能です。
あんまり言葉を並べると

   “無粋”になるだけだわ

とにかく
初めてのOlympicで8位の入賞は
凄い事だし。とても嬉しかったです。

いやいや
そんな事よりも
メダルや入賞よりも

競技に見入り
演技者と一体感になれて
最後に鈴木明子選手が笑顔じゃなくて
感極まって泣きそうになった時に
それが伝わってキタので…

もうこれ以上書くと
“無粋で無礼”になるのでヤメます。

あっ\(◎o◎)/!

これを“passion”と言うのかなぁ

とにかく

  Congratulation and thank you!

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

線路の上にて

電車に飛び乗ったら
先頭車両だった。
普段は

線路を直線だなぁ〜
…と思いガチだが
運転手さんの後ろから見ると

線路は
よく曲がる or 曲がっていた。

線路と言うより

 “レ〜ル”だなぁ
           と、思ったconfident

昼過ぎに外を歩いてると
今日は暖かくて
橋を渡ると
菜の花が黄色花を咲かせていた。

やっぱり
ここは小川なのだなぁ
そして
もうすぐ春ですねぇ。と
立ち止まって橋の下を見ると
アヒルorカモと目が合った。

そいつは
小川の水だが草だがを
ガチャガチャ口に何度も含ませながら
私の方を見ていた。

また写真機が無かったので
残念だなぁ〜と思い
そいつを見ていた。

きっと
そいつからして見れば
“なんぞ、見てるんがなぁ、もし”
…なのだなぁと思った。

もし…もし…もし?
          あっ\(◎o◎)/!
今日
読んだトコロで
ラファエるのマドンナから
マドンナが登場したので
          ビックリ!した。
線路の上にて
 (↑ラファエロはこの絵が一番好き)

Madonna Sistina
(Sacra conversazione) 1512-14年頃
265×196cm | 油彩・画布 |
ドレスデン国立絵画館

ラファエロ・サンツィオ後期を代表する
宗教画作品『サン・シストの聖母
(聖会話、システィーナの聖母)』

本作は教皇ユリウス2世が
自身の故郷ピアチェンツァの
サン・シスト聖堂(システィーナの聖母)
の祭壇画としてラファエロに注文。

画面中央上部に
幼子イエスを抱く聖母マリアが
画面の左右に聖シクストゥスと聖バルバラ
画面中央下部に幼い2天使が配されており
登場人物によって菱形(又は十字)が
形成されているのが大きな特徴である。
    (どこかのHPから勝手に抜粋)

そういえば
運転手さんの後ろから見て

 あっ\(◎o◎)/!
          気がついたが
線路 or レ〜ルは
駅のホーム手前で
どこかのホームに入るために
キリカエる事が出来る。

本当は道は一つでは無かった
…のだなぁ
          と、思い直した

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

状況の情景

とても失礼な話だけれども
『坊っちゃん』を読みながら
『吾輩は猫である』の方が読みたいなぁ
と、思って読んでいる。

文体や音律も心地良く
情景もスッキリアッサリ入ってクルから
とても読み易い

でも、いや、だからこそ
とても、困る。…のだ。

負けん気の強い男の子の心理で
読むのがツカレる。

なんか今は
そんな気持ちになる余裕が
私にはナイので…
そんな事を踏まえて今日も読んだ。

状況の情景

今日
読んだトコロの感想は

 “なんぞ「良く見てるなぁ」って
  笑い飛せないんぞな?もし〜”

…って、生徒の目線になっていた。
ああ言う先生はやだなぁ〜

早い話が
主人公がイマイチ好きじゃない!

 “なんぞ、ネチッコいなぁ〜もし”

って感じがして
反発心を持って読んでいる
…のです。

状況の情景

と、
文豪にツッコミを入れながら
頑張って
読んでます

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

とりあえず…再ぶ。

本当は本を読むのが苦手だ。

 読まずギライなのだcatface

だから
イッキに読めないと
初めだけ読んでお蔵入りになる本が
しばしばある。

でもさぁ
…と、思い
今日から再び本を読み始めた。

とりあえず…『坊っちゃん』を読み始めた
とりあえず…途中まで読んでいたので
とりあえず…P3〜P4位の量を読んだ。

キヨに手紙を書く所まで。
読み終えた。

今日はここまで。

| | コメント (0)

2010年2月22日 (月)

お〜すとらりあさん

お〜すとらりあさん

オーストラリアに行ったコから
土産に菓子をもらい食べた。

お〜すとらりあさん

ちなみに
 wineはこっちで買ったものです。

そういう“フインキ”がしたので
でも
 オーストラリア産です。
 美味かったよ

お〜すとらりあさん

そういえば“フインキ”って
漢字で、どう書くのかなぁ?
と、調べたら

フインキ:ふいんき
漢字で書けば「雰囲気」である。
正しい読み方は「フンイキ」だが
「フインキ」と読む若者が増えている。

ふんいき【雰囲気】
1天体、特に地球をとりまく空気。大気。

2その場やそこにいる人たちが
 自然に作り出している気分。
 また、ある人が周囲に感じさせる
 特別な気分。ムード。

雰囲気 (an) atmosphere.

          《Yahoo!辞書より》
 w(☆o◎)w ガーン

間違ってんじゃん!

ふん・いき かぁ〜

フ・インキ じゃ無いのかぁ〜

  …風行き。

       不陰気…。

なるほどねぇ〜

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

偶然見た選手

偶然見た選手

平日は
『TIME』のEnglishのネット版を見ている。
英語の勉強がてら…

“読む”と言うよりも“見ている”

で、たまたま
その中のVIDEOに
“Speed Skater Apolo Ohno”
と言うOlympic選手の記事があった。
“Ohno”の文字が気になったので視聴した
英語を聞いても何だか解らないけど
でも、やっぱり

アスリートの練習は
「すげぇなぁ」と見入る。

筋トレの時に伸す足の筋肉は
凄い伸びていて
凄いキレイだった。

そうかと思えば
階段の上り下りをみんなでやっていた。

あれなら出来そうだなぁ
と、自分が出来そうな筋トレを探したり
と、英語をそっちのけで見ていた。

そしたら
コーチらしい人に
日本人らしい人がたまに映る。

で、VIDEOを見終わり
ネットで調べたら

アポロ・アントン・オーノ
(Apolo Anton Ohno、1982年5月22日 - )
アメリカの
ショートトラックスピードスケート選手
ワシントン州シアトル出身。日系二世で
父親は日本人。母親はアメリカ人
           (Wikipediaより)
そうだったのかぁ〜
本人見るとアジアっぽい感じしないので
ワカラナかったわぁ〜

偶然見た選手

で、たまたまテレビつけたら
男子ショートトラック1000mの決勝が
始まるトコロだったので見た。

決勝は
カナダが2人。韓国が2人。
そしてアメリカの
 Apolo Anton Ohno選手の5人で行われた
中継していたテレビ局は
“アポロ・アントン・大野”
と表記していた。

決勝が始まり
やっぱり自然と
Apolo Anton Ohno選手を応援していた。

途中でトップをとっり
5位になってしまったり…

それに5人でショートトラックを
走るので、ぶつかるんじゃないかとか
どうやってヌかせばイイのかなぁ?
スケートの刃って
刃物みたいだから転んだら
大怪我するんじゃないのかなぁ?
とか心配しながら見ていた。

結果は
韓国選手2人が金&銀で
Apolo Anton Ohno選手は銅メダルを獲得!
ギリギリまで最下位を走っていたけど
最後に3位に上がってキタ時は
感動した。

今まで
ショートトラックって
ちゃんと見た事なかったけど

速く走ればイイってもんじゃないから
凄い競技だよなぁ〜
と、思った。

また新たにOlympicをinteresting
に思う。

偶然見た選手

(写真の絵は奈良美智さんの作品です)

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

ナントナク

テガスベッテ

オクッテシマッタ

シャシン

| | コメント (0)

2010年2月19日 (金)

confident

今回のOlympicで一番期待していた
男子のフィギュアスケートのメダル。

 高橋大輔選手が銅メダルを獲得したconfident

      “嬉しい”

しかも
4回転ジャンプにチャレンジしていた。

1992年
アルベールビルオリンピック
フィギュアスケート女子シングルで
伊藤 みどり選手が銀メダルを獲得した。

男子は13位に鍵山 正和選手がいた。
その時
忍者の衣装着てなかったっけ?

まっ
それは、さて置き…

あれから
男子フィギュアスケートは
いつメダルとれるんだろう?
と、思っていたんだよねぇ〜

あっ\(◎o◎)/!

本田武史さんが
高橋選手にジャンプ指導していたのかぁ

以前
プリンスアイスワールドで
演技を見た事あったんだよねぇ〜
そうだったのか〜

私の記憶がうっすらだったので
少し調べたら

あっ\(◎o◎)/!

“日本で最初の4回転ジャンパー”は

 鍵山 正和選手だったのかぁ〜

そうだったのかぁconfident
           …と

男子フィギュアスケートの歴史を
振り返ったら
        …とても感慨深いconfident

高橋大輔選手
おめでとうございます。

そして
感動を有難うねぇ

芸術点最高かぁ~
高橋大輔選手
           …すげぇなぁconfident

| | コメント (0)

2010年2月18日 (木)

winter wine

家飲み会で
初めて“グリューワイン”を
飲んでみた

暖かくて甘くて美味しい。
飲んで良かったよ

winter wine

今回のOlympicは
昼休み時間のテレビで
見る事が出来る

しかも
日本人選手の活躍が
リアルタイムで見れた。

だから職場が和むconfident

メダルをとったスピードスケートや
フィギュアの織田選手や
話題の国母選手。

リアルタイムで見れた

彼等には伝わら無いかもしれないけど
殺伐とした社内が一瞬でも
Olympicが放映される事で
和んでいる。

だから彼等に感謝している。

国母選手も
あのパフォーマンスがなければ
絶対に見なかった選手だった。

でも飛ん出るフォームは
キレイだったと思う。

だから
見る事が出来て良かった

それは、彼等に伝わらなくても
別にイイ出来事でもある。

だって
勝手に見て
勝手に批評しているのだし

ただ見て良かったなぁ。

と、思う。思っている。

ただ
それだけだからさぁconfident

見て良かったよ
心が暖かくなったよ
有難うねぇ

| | コメント (0)

2010年2月17日 (水)

EL撤退かぁ〜

ソニー3月末で
国内の有機ELテレビ撤退

ソニーは16日、超薄型の「有機EL
 (エレクトロ・ルミネッセンス)テレビ」
の国内出荷を3月末で終える方針を
明らかにした。
普及が進む液晶テレビに比べて割高な上
技術開発の遅れで
大型画面サイズの製品化ができず
販売不振が続いていた
高画質の映像が楽しめることから
発売当初は話題を集めたが
わずか2年あまりで
国内市場から消えることになる。

ソニーは世界に先駆け
2007年12月に11型の「XEL-1」を発売
しかし、約20万円と価格が高いことから
期待ほどは売れなかった。

さらにライバル各社は
LED(発光ダイオード)バックライトを搭載し
明るく高画質な映像が楽しめる
大画面の液晶テレビを投入
差別化が難しくなるとともに
有機ELへの他社の追随もないことから
存在感をなくしていた。
EL撤退かぁ〜
    (写真はSONYのHPより)
ソニーは
 「引き続き海外では販売するほか
 大型化に向けた研究開発も継続する」
         (広報センター)と説明
一方、今年半ばにも
3次元(3D)対応モデルの発売を予定する
など、商品力を強化し、薄型テレビで
10年度に2000万台超の販売を
目指しており
国内では液晶テレビの販売に注力する。
    《(産経)[2/16 18:45]より抜粋》

w(☆o◎)w ガーン
         ショックだった。
薄くて
   “ポスターみたいなテレビ”
                を
期待していたのに
初めて現物を見た時は感動したなぁ

そして
値段が約20万だったので驚いた。

でもさぁ
海外ではまだ売るんだよねぇ

そういえば
こないだTVで見たんだけどさぁ

日本で福祉系のロボットを
製作している人がいて
結局、その事に興味を示してくれたのが
外国の人達だったんだよねぇ

日本で生まれて
外国で育ててもらうのが
一番いいのかもしれないなぁ〜

…とか、思った。
いやいや
そう言う考え方ではなくて

国や地域に関係なく
新しい“芽”や“息吹”が育てば
イイんだよねぇ

        …って、事かなぁ?

有機ELテレビand大型化を願う
のですconfident

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

心の上に台がある日

今日は朝から怠けまくった。

本当は仕事も休もうとしたが…
そんな日に限り
休むワケには行かない仕事があった

でも
出来る限り怠けて
サボって
自分に課した禁も破り

赤信号も歩いた。

そしたら
今日はとてもイヤな事ばかりの
嫌な一日だった。

     …ので反省した。

w(☆o◎)w ガーン

台の下に
心がある

心の上に台があるのに
ダイナシな一日だった。

まっ
また明日からやり直せばイイやcoldsweats01
再デビューscissors

| | コメント (0)

2010年2月15日 (月)

線路はイヤでも続くから

私も
私の周りも
冠婚葬祭なども続き
バタバタとして慌ただしい。

一応
予定通りには進むんだけどさぁ
気持ちが焦る。
焦るわりには進まない。

線路はイヤでも続くから

落着いて
一歩ずつ進むしかないからなぁ

…とか思うんだけどさぁ
ついつい

逆走したり
2歩ずつ進んでみたりしている。

その後に再び
線路に戻ると“正規”が理解出来る

それにそうした方が
意外とモノゴトがスンナリと
進むんだよねぇ〜

線路はイヤでも続くから

線路はイヤでも続くから
マイペース&ハイペースで

タイミングよくイキましょう

とにかく

出来る事を精一杯するだけだ

線路はイヤでも続くから

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

はなのにおい

 ♪届けたい 届けたい
  届くはずのない声だとしても
  あなたに届けたい

はなのにおい

  「ありがとう」「さようなら」
  言葉では言い尽くせないけど
  この胸に溢れてる

はなのにおい

 ♪花の匂いに導かれて
  淡い木漏れ日に手を伸ばしたら
  その温もりに

  あなたが
  手を繋いでいてくれているような
  気がした

はなのにおい

 ♪信じたい 信じたい
  人の心にある
  あたたかな奇跡を信じたい

はなのにおい

  信じたい 信じたい
  誰の命もまた誰かを輝かす為の光

はなのにおい

    (Mr.Children『花の匂い』より)

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

〜印度がイィンど〜

粉雪が降る中

今年はインドだなぁ

と、思っている。
と、言うか

 “ヨガ”

今年からやっていた。再び…
だから、だけじゃないんだけどさぁcatface

 “秘密の花園”

って題名が頭に浮かんできた。

外国の映画にあったはず…
男女の子供達が出ていて
あと、戦争から戻って来た
青年が花園を見る後ろ姿…って
違ったかなぁ?

で、ネットで調べたら
あっ\(◎o◎)/!

出だしが“インド”だった。

あとは、あらすじなので…
とりあえず映画版か本を読む?
かなぁ〜って…think

ついでに松田聖子さんが出てきた。
あっ\(◎o◎)/!
そういえば歌ってたわ〜

 ♪月明かり碧い岬に
  ママの目をぬすんで来たわ
  真夜中に呼び出すなんて
  あなたって、どう言うつもり?

 …moon light magic

  私の事を口説きたいなら
  三日月の夜に …hold me time

  入江の奥は
  誰も知らない秘密の花園

          (『秘密の花園』を
       自分勝手に抜粋 m(_ _)m)

今日も思いツキで書いた。
…ので文章がマトマラなかったcrying

 ♪こな~雪…ねぇ

     (レミオロメン『粉雪』より)

| | コメント (0)

2010年2月12日 (金)

やっぱり雪かなぁ?

今日は
また寒くなった。

いつ雪が降っても
オカシくはないなぁ~
と、思う

殿様会社の理不尽な移動が
またあった。

会社の定年まで我慢すれば
10年も無い人だし…

本人にも打診はあった様だし

でも…まぁ…
体裁さえ気にしなければ…
凄く悪くは無いとは思う。

いやいや
私自身がそう想ってあげたいだけ
だと思う。

それでも
他人を…人を…信じて行かなければ
ならないのであるならば。

そして
ヒタスラに勉強する。

独学でヒタスラに…

今、出来る事をするだけだ
              黙々と。

勉強する…勉強する…。

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

梅の花は白

そっか〜
梅の花は白いのかぁ

と、外出中に目にした。

キレイに咲いている
梅の白い花を見た。

…けれども
写真機が無かったので撮れ無かったcrying

共同で使うモノがあった。
その場所で
見ず知らずの子供と一緒になった。
その子は
使い方が解らないらしく
私のやり方を見ている

…コトに気がついた
だから

なるべく
格好よく美しい動作で
少しゆっくり丁寧にやった。

そしたら
その子も同じ様な動作を
追いかける様にしてきた

最後の置き方も同じ様にマネしたので
その子の前を去った後
少し笑いそうになったwink

でもさぁ
やっぱり緊張した。
きっと相手が
子供だったからかもしれないなぁ

 ♪静かな湖畔の森の中から
  もう起きちゃいかが?と
  カッコーが鳴く

  カッコ〜カッコ…

         『静かな湖畔』より

の輪唱曲を思い出した。

最初の人がウマく歌い上げないと
輪唱がウマく歌い上げれない

そんなコトを思っちゃったよcatface

| | コメント (0)

2010年2月10日 (水)

カリカリうめノ様だけど

なんかバタバタして
落着かない今日この頃だcrying

やりたい事が沢山あって
欲張って
手を出し過ぎているからだ。

ハタから見ると
カリカリ梅の様に
顔が赤くなるくらいカリカリしてる様に
見えるかもしれない

たまに
自分もそう感じるgawk

カリカリうめノ様だけど

でもさぁ
本当は
心の中は穏やかな風が吹いています。

今は思考よりも行動が

 “passion”なのだと思う。

行動を思考が追い掛けている感じだcatface

今日も走った。
時速がまた上がった。

追い風も吹く。
上昇気流がトまらないように

 走る or 歩く and 休む

| | コメント (0)

2010年2月 9日 (火)

献杯

 山路を登りながら、こう考えた。

 智に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。

  とかくに人の世は住みにくい。

 住みにくさが高じると
 安い所へ引き越したくなる。

 どこへ越しても住みにくいと悟った時
 詩が生れて、画が出来る。

  人の世を作ったものは
  神でもなければ鬼でもない。

 やはり向う三軒両隣りにちらちらする
 ただの人である。

 ただの人が作った人の世が
 住みにくいからとて越す国はあるまい。
 あれば人でなしの国へ行くばかりだ。

  人でなしの国は
  人の世よりもなお住みにくかろう。

 越す事のならぬ世が住みにくければ
 住みにくい所をどれほどか寛容て

  束の間の命を
  束の間でも住みよくせねばならぬ。

 ここに詩人という天職が出来て
 ここに画家という使命が降る。

 あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし
 人の心を豊かにするが故に尊とい。

       夏目漱石『草枕』より

『草枕』を読んでいたら思い出した。

 ゆく河の流れは絶えずして
 もとの水にあらず
 淀みに浮かぶ泡沫は
 かつ消えかつ浮かびて
 久しくとどまるためしなし
 人と住家とまたかくの如し

          『方丈記』より

今日は夏目漱石の誕生日…らしいです。
“Google”で知る。

時々Googleのトップ画面に絵が描かれる
それを楽しみにしている。していた。

献杯

立松和平さんが8日に亡くなった。

 ご冥福を祈ります。

 I pray you soul may rest in peace.

【献杯/献盃】
◆「故人をしのんで献杯します」のように
 亡くなった人を悼んで
 杯を捧げることをもいう。

今日は
そう想い浮かべる人がいる
日だった。

| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

チョコカフェ

珈琲とチョコレ〜ト


今まで一緒に飲食する感覚がなく
薦められて食べ始めたら

結構
ハマってしまった!confident

…今日このゴロ。

だから
ケ〜キも
ついついチョコ系を選んでしまう

今日このゴロゴロ…catface

チョコカフェ

| | コメント (0)

2010年2月 7日 (日)

2つの実

2つの実

2つの実

2つの実

2つの実

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

ゴー5…GO〜!!!

帰路はとても眩しかった。
太陽が照りつける

…かと思えば

一瞬にして
光りが無くなった。

雲が太陽を隠してしまう
しかし

太陽が雲に覆われたのに
雲の後ろに太陽が判る

なぜならば
雲の隙間から地上に届かない
光りが
雲の縁を浮き彫りにしていた。

そして
気まぐれに太陽が出てくる。

 “神々しい”

と言う言葉が浮かび上がる。

またカメラが無いので
撮れ無かったcrying

今日はギリギリ
目標を達成した!!!
         “555”なのだ!!!confident

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

想い重い思う

「作品を出版しないでいれば
 平和な日々だ。
 私は書くことが好きで
 今も自分の喜びのために書いている」

と語った
サリンジャーの言葉を思い出す。

 74年、20年近くの沈黙を破り
 ニューヨーク・タイムズ紙の電話
 インタビューに応じた最後の言葉。

サリンジャーはBlogって
知っていたのであろうか?

想い重い思う

暖かい光のトコロだけ
葉がツイていた。

今日も夜道は寒い。

| | コメント (0)

2010年2月 4日 (木)

氷花を評価

夕方になって
外を歩き始めたら
信号待ちをしている車のライトに
細かい粒達が映しだされていた。

また雪が降り始めた
コトに気がつく。

用事を終えて再び表に出ると
雪が大粒となり降りそそいでいた。

傘がないので
雪粒を浴びながら夜道を歩いた。
昨夜は久し振りに雪に触れた。

氷花を評価

何か目新しいコトガラがあると
ついつい評価してしまう。

特に自分以外の人に対する評価は
悪くて重い。

今日も嫌だなぁ
って思った他人に出会う。

今、冷静さをトり戻すと
“お互い様じゃん”
と、思える。

今日は第三者の目線を気にした。
そっか〜
私も知らない誰かに
知らない間に“評価”されている
コトに気がつく

氷花を評価

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

ミルク珈琲

最近
朝はカフェラテを作って
飲んでいる

たまたま読んだBlogに
カプチーノの話があった。

あっ\(◎o◎)/!

カプチーノとカフェラテとカフェオ〜レ
の違いについて悩む。

のでネットで調べた。

カプチーノ
【(イタリア)cappuccino】
コーヒーに泡立てた生クリームを加え
シナモンを添えた飲み物。

カフェラテ
【(イタリア)caffellatte】
《「カフェラッテ」とも》
ミルクコーヒー。カフェオレ。

        《Yahoo!辞書》より

w(☆o◎)w ガーン

ラテとオ〜レが同じククリじゃん!

で、他で調べた。《Wikipedia》より

カプチーノ(イタリア語:cappuccino)
イタリアで好まれているコーヒーの
飲み方の1つで、陶器のコーヒーカップに
注いだエスプレッソに、クリーム状に
泡立てた牛乳を加えたものをいう
イタリア語の本来の発音は
「カップッチーノ」に近い
好みによってシナモンやココアパウダーで
風味付けすることもある。

名前の由来

カップッチーノ(カプチーノ)という言葉は
元来はカトリック教会の一派である
カプチン会の修道士のことを指し彼等が
着るフードのついた修道服カップッチョ
(cappuccio 「頭巾、フード」の意)
にちなむとされる。
イタリアでカプチーノは
カップッチョとも呼ばれている。
より具体的にはカプチーノの
茶色が修道士の服の色と似ていたから
という説や
エスプレッソに浮かんだミルクの泡を
蓋に見立てたから
(cappuccio には「蓋」の意味もある)
という説、さらに白い泡をコーヒーが
囲む様子が、頭頂部のみを
剃髪した修道士の髪型に似ているから
という説もある。

イタリアでは
コーヒーと牛乳を混ぜていれば
カフェ・ラッテであるが
イタリアのコーヒーは
一般的にエスプレッソ形式で
供されるため、カフェ・ラッテも
エスプレッソ+牛乳の組合せとなる

日本でもエスプレッソ+牛乳を
用いたものを「カフェ・ラッテ」と言い
コーヒー+牛乳を用いるカフェ・オ・レと
区別している場合が多いようである。

良かった私の認識↑は
間違えて無かった。
ついでに同じく《Wikipedia》より

また、スターバックスなどでは
エスプレッソに牛乳ではなく
スチームミルク(蒸気で温められたミルク)
を加えたものを
「カフェラテ」と呼んでいるが
このようなものは
イタリアではカプチーノの
一種であるウェット・カプチーノや
センツァ・スキューマと呼ばれる。
これを「カフェラテ」とするのは
アメリカ式の呼び方である。

ミルク珈琲

で、飲んできたよぉ〜smile

そういえば
スタバは『ラテアート』を
描いてくれないなぁ

あっ\(◎o◎)/!

スチームミルクだから
泡が邪魔してムリかぁ~catface

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

雪が降るらしいので

昨夜は雪が降るらしいので
半信半疑だったけど
予定を変更して帰宅する事にした。

最近の天気予報が
雨が降る時間も的確に当たるのは
体験するんだけど…

なんか
たまに“ハズレ”
てもいいんじゃない?
と、
科学の完璧さを否定したい
衝動にかられる

それは
人間が自然には勝てない!
or
計算出来無い“威厳”
が、あると
なんか…なんか?だと思う

まだ雪が降っていない
本当に降るのだろうか?

何度も夜空を見上げる。

寒かった。

ランナーズ‐ハイ
【runner's high】

長時間のランニングなどの際に
経験される陶酔状態。

と、言う事があるらしい。

確かに走り始めると
また、走りたい衝動にかられる。
昨日は走りたかったなぁ

あっ\(◎o◎)/!

雪が降ってキタ。

雪が降るらしいので

そして
夜が開けたら
少し雪景色になっていた。
この街に今年最初の雪が積った。

で、

今日は走ってキタ。
距離もスピードも
UPしてキタ。キタキタ…。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »