« 赤と青のメサイヤー | トップページ | 知りエッとロマンス »

2009年12月27日 (日)

シルエット

この3日くらいかなぁ
ホッて置いた事がある。

でもやっと
考えがまとまったので
記する事にする。

部屋の模様替えをしたら
“死神”のような影が
壁に映るようになってしまった。

最初は“ビックリ”したが
よく見たら
洋服掛けのシルエットが
テレビをつけたまま
部屋の明かりを消すと
浮かび上がるだけだった。

でもさぁ
こないだ映画館で見た
“クリスマスキャロル”
みたいな感じなのでビックリした。

落着いたら
特に怖くもないので
シルエットをそのままにして
この“偶然”について
考えていた。

【死神】
基本的に、死神は悪い存在として
扱われる事が多いが、死神には
『最高神に仕える農夫』という
異名もあり、この場合、死神は

 「死を迎える予定の人物が魂のみの姿で
 現世に彷徨い続け悪霊化するのを防ぐ為
 冥府へと導いていくという役目を
 持っている」
        といわれている。
    (自分の気になった所だけ抜粋)

そういえば
死神が主人公の漫画や映画
ってあったなぁ〜
ブラビや金城武もそんな役を
やっていたなぁ
なんか
天使みたいな死神を。

必然たる偶然

と、言うならば
これは、どんな意味があるのだろうか?

本当は意味は解る。
解答は“来年の課題”だと思う。

なんかクリスマスプレゼントだったなぁ

Thank you

|

« 赤と青のメサイヤー | トップページ | 知りエッとロマンス »

そうなんだぁ…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤と青のメサイヤー | トップページ | 知りエッとロマンス »