« シルエット | トップページ | かかしになったよ »

2009年12月28日 (月)

知りエッとロマンス

【romance】
 空想的、冒険的
 伝奇的な要素の強い物語
 特に中世ヨーロッパの
 恋愛・武勇などを扱った物語をいう

以前
私がいた席に今いる人を
少し“キイ”に感じる。

別に
その人のせいじゃなくて
やはり
あの席に座る人は
皆あんな感じになるのだなぁ
…と、少し安堵しながら眺めている。

もちろん
ここだけの話だけどねっ

同じムジナが同じムジナを
叩いて
何の意味があるのか?
…と言う事に
何故?気が付かないのだろうか?

また同じ事の繰り返しだ。
本質的な事を変えなきゃ
駄目なのにね

弱い立場の人間同士が
お互いの足元を
踏んづけあって
何の意味があるのだろうか?
前進しないし

それにそれこそ
奴等の思うツボじゃねぇかよっ

踊らされ易い席なんだよねぇ〜

壁のシルエットは
洋服やコートの配置により
影が崩れてきた。

今は
ただのコートの影にしか見えない。

少し離れて
落着いて見れば解る事って
多々ある。

なんか
“ライムギ”の男の子
の思考回路でありながらも
途中から
その兄へと思考回路が変わる。

でも
本当はあの男の子の気持ちを
持続した方がいいのかもしれないが…

いやいや
あれはあれで…

あれ?
本の内容に自信が無くなってきたよ!
…って言うか
              忘れた。

読み直そうかなぁ
“The Catcher in the Rye”

いやいや
読みナおさなければ。

それから
まだ“来年の課題”が思い浮かばねぇ

|

« シルエット | トップページ | かかしになったよ »

darkness…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シルエット | トップページ | かかしになったよ »