« お月さま | トップページ | OUTサイドINサイド »

2009年10月 2日 (金)

かいだん。

朝方
変な夢を見た。

体が寝たまま少し浮き
部屋の周囲をぐるぐると回っていた。
どうやら
母にオンブされていたらしい…
と言う事は感じていた。

で、間にstoryがあったが
それは忘れた

もう一度
少し浮いた。
魔法の絨毯のような感じで浮いて
部屋の中をぐるぐる回っていた。

そして、暫くして
飛行機が着地するように
ゆっくりと布団に戻ろうとした時に
「眠れない」
      と母の声がした。

布団に着地して目がサメた。
変にリアルだったので
居心地が悪かった。

かいだん。

こないだの旅行がキッカケで
「坊ちゃん」を買って
たまに読んでいた。

買ってから
かなり時間が経つが
今だに読み終えていないcoldsweats02

だから
ずっと鞄の中に持ち歩いていた。

で、
ラフカディオハーンの事を
思い出した。

大学の教師?として
人気のあったラフカディオハーンの
後任の漱石は
やっぱり、生徒のイヤガラセにあっていた…らしい
事を思い出した。

以前
漱石の墓参りをした時に
万次郎とラフカディオハーンの
お墓も同じ墓地にあった事を思い出した。

でも
ラフカディオハーンの
日本名を忘れてしまったので
Wikipediaで調べた。

松江の島根県立中学校への
赴任を命ずる辞令に「Hearn」を
ローマ字読みして「ヘルン」と
表記したのが広まり
当人も「ヘルン」と呼ばれることを
非常に気に入っていたことから
定着したもの
ただ、妻の節子には「ハーン」と
読むことを教えたことがある。

なお、名前の「八雲」は
一時期当人が島根県の松江市に
在住していたことからそこの
旧国名(令制国)である出雲国にかかる
枕詞の「八雲立つ」にちなむとされる。

     (気になったトコロだけ抜粋)

そっか〜
ギリシャの人だったのかぁ〜

かいだん。

またまた偶然に
こないだギリシャに行った人がいて
土産話を聞き
少しネットで調べていた。

かいだん。

出雲大社行きたいなぁ〜
ちょうど神無月だし〜

小泉八雲さんは

  コオロギ゛の一種クサヒバリの
  鳴き声の美しさを讃えた

そういえば
お墓に紅葉があったハズ…

夏の終わりや秋の始まりが
好きだったのかもしれないねぇ

ネットで調べたら
柔道の猪熊さんの名前も出てきて
興味ある
いろんな気になる人や事柄にリンクした。

またしても
       interesting だった。

|

« お月さま | トップページ | OUTサイドINサイド »

そうなんだぁ…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お月さま | トップページ | OUTサイドINサイド »