« ( ^ー^)σ" | トップページ | 「赤信号」を渡る。 »

2009年8月15日 (土)

それは他力本願だよ!

前後の話は解らないが…
それは…

 “ライオンの衣を纏ったキツネだよ”

なんか…
ムカついた(^ヘ^)v

最近
ブログの探究をしていた。
…と言っても余暇程度だけれども

その探究も少し落着いてきた。
…んだけどさぁ〜(´〜`)

 “ネットストーカー”も怖いし〜

だから
あからさまに書けないしねぇ〜
と、言ってもメモ代わりに便利だし〜
ギリギリのラインで日記として書く。
例えば話も含めるとGOOD!

それに
愚痴を多少書くとスッキリする。

やはり
ノートにヒッソリ書くよりも
Blogでギリギリに書いた方がスッキリする
理由はアエテ書かない。
書いてる人なら解るでしょっ?

しかし
今日はイヤーなものを読んでしまった。

自分のブログに愚痴を書くのは
いいけどさぁ〜
私も書いてるから書きたい気持ちは解る。
それにそれは…ポイ (/--)/ ⌒○
ブログの管理者であるその人の
責任によって書かれているからさぁ

長くブログを書かれてるとさぁ
読んでいると
それなりにその人の人間性も解るじゃん
何となく…

だから
第三者が愚痴をたまたま見ちゃてさぁ
他に書かれてるブログの内容を読んだ時

それじゃそうなるかもねぇ〜
って、思う事もあるし〜

 自業自得じゃん

って思う事もあるし〜
(だいたいはそうだけれども…)

運が悪かったねぇ〜と思う時もある。

それは
ブログで愚痴ってる人なんだけどさぁ〜

でもさぁ
今日たまたま見たのは
人のコメント欄に自分の愚痴を書いた人。
しかも
その人のブログに対しての
愚痴じゃないんだもん!
違う次元での愚痴だった。

それは
“ライオンの衣を纏ったキツネ”or

“他力本願”だよ

【他力本願】
 1《他力(阿弥陀仏)の本願の意》仏語

   自らの修行の功徳によって
   悟りを得るのでなく、阿弥陀仏の
   本願によって救済されること。

   浄土教の言葉。
 2《誤用が定着したものか》
   俗に、自分の努力でするのではなく
   他人がしてくれることに
   期待をかけること。人まかせ。

確かに愚痴ってる内容は解るけどさぁ
人のコメント欄に書く事じゃ無いじゃん!

…って、他人事なんだけどさぁ
たまたま見ちゃって(-"-;)

Blogだけじゃなくても
みんな愚痴や悪口や他人の評価はする。
それを上手く
笑いにしたり教訓にしたり
解ら無い様に言うんだよねぇ〜

人は独りでは生きてイケない!
だから
他人を意識しなければイケない!

だからさぁ
評価が生まれてくるのは当然だと思う。

でもさぁ〜
それは、せめて自分のBlogに書けよ〜
他人のコメント欄に書くなよ!

魂胆があるのは自分の方じゃん!
責任転換してんのアンタじゃん!

なんの魂胆だか理解しないけどさぁ
アンタの愚痴が
アンタがコメントした人のBlogに
悪い印象を与えるじゃん
            (`ε´)ぶー

それで正義を熱弁しても偽善だよぉ

…って、思っちゃったよぉ
<(`^´)>エッヘン

Blogの探究をして解った事は

後で自分で読んでみても
自分が“納得”出来るモノを書く事
それが“責任”と言うモノかも知れないね

…だと思う

もしさぁ
書き過ぎたなぁ~とか思ったら

書き直したり、書き足したり
削除すればイイじゃん!

感情的に書いちゃう事ってあるよね

だから“人生の感想戦”は必要だよね。

そういえば
『自由なる当確or当確なる自由』

    の意味or言い訳を考えないとなぁ

|

« ( ^ー^)σ" | トップページ | 「赤信号」を渡る。 »

darkness…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ( ^ー^)σ" | トップページ | 「赤信号」を渡る。 »