« 飛行の夢。 | トップページ | 間違えて人間 »

2009年8月30日 (日)

A、B、C〜Dの唄

この岬を見ていたのかなぁ?

A、B、C〜Dの唄

家の手伝いの為に
寺小屋に行く事の出来なかった
14歳の少年は
おじさん達と漁へ出て遭難してしまう。
伊豆の無人島で百日以上過ごし
通りかがった米国船に助けられた。
鎖国中だった為に日本に戻る事が出来ず
ハワイで降ろしてもらう事になったが
少年は船長に気にいられ
マサチューセッツの船長宅に世話になる
隣人の教師の薦めで学校に行ったり
船長の薦めでゴールドラッシュで儲けたり

ある日、日本へ帰る機会が出来るが
船長が家に不在の為
「黙って帰る事は出来ない!」と言うと
船長夫人が
「船長がいたら行くように言うわ」
と促されて日本に帰る事となる(ToT)

ハワイに寄り
おじさんや土佐の仲間を迎えに行くが
一人は地元の人と結婚して残る
そして
10年ぶりに日本に戻る。
家族は覚えていてくれていた。

ペリーの通訳として政府に呼ばれる
日米和親条約の時に勝海舟に代わり
福澤諭吉と共に米国に向う
その時に1日だけ休みがあり
世話になったホイットフィールド船長に
10or20年会いに行った。会えた(^-^)

東京大学の英語の教師となるが
日本語が苦手だったので2級教師だった

なんやかんやとあり
71歳で亡くなった。
本人曰く1月1日生まれ。

A、B、C〜Dの唄

コーヒーが好きだったが
当時の日本にはなかったので
抹茶に砂糖を入れて飲んでいたらしい…
おかゆとかにも砂糖を入れてたらしい…

有名な
   ♪A、B、C〜D E、F、G〜

 の唄はジョン・マン(John Mung)こと
 本名は中濱 万次郎が作ったらしい。
 しかも勝海舟とかにも教えたらしい…

    …ってガイドさんが言ってたよ〜

ちなみに
第6回直木賞を受賞した
『ジョン萬次郎漂流記』(井伏鱒二)
と言う本があるらしい…

|

« 飛行の夢。 | トップページ | 間違えて人間 »

そうなんだぁ…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飛行の夢。 | トップページ | 間違えて人間 »