« driving up | トップページ | 人生の二足の草鞋について »

2009年5月30日 (土)

『自分無くしの旅』

英語を無理して書くのはヤめる。
Blogに時間をかけ過ぎるのは…
時間の無駄だ。
その分、本を読んだり、英語を勉強しろ!
って思ったし
それに文章が下手くそになる。
文音を大切にしたいもんね。

“Susan Boyle”の You Tube を見た。
47歳で夢を実現させるって凄いね
英語は解んないから
言ってる事は解んないけどさぁ

   歌を聞いたら泣けた。

今日は久し振りに鞄の中の
入れっぱなしのニーチェを読んだ。

P75『それらを恥と思わないほどの
    偉大さにまで達するがいい!』

《ツァラトゥストラはこう言った》より

『自分無くしの旅』

みうらじゅんさんの講演に行った。
凄い面白かった。

《自分の心を引いた所のメモ》

・小学生の時に仏像の写真をスクラップ
 その頃のクリスマスプレゼントが
 仏像の写真集だった。
・母方のお祖父さんの影響が強い。
・中高6年間仏教系男子校だった。

・以前は弥勒菩薩は近くでみれたけど
 観光客が指を折った事件があったらしい
・中村ナオカツさん
・タカダコウリンさん→奈良の住職
 修学旅行生にする話が面白かったらしい
 著書『心』『道』

・ウルトラマン=弥勒菩薩
・ウルトラマンの笑顔は
 アルカイックスマイル
・ウルトラマンの前身→べムラ〜=迦楼羅・仏像は昔はシンメトリー

・以前は仏像を茶化してると怒られた
 でも今は阿修羅boyの選考者に選ばれる
・イケ面仏像候補に帝釈天orコウモクテン・海洋堂で仏像のフィギュアが登場

・秘仏は見えないから尊い。
・妙な所から仏教に入ってる
・どんな入口であれ仏教に近付ければ
 良いと言う仏教職の人もいた。

・仏像は神を人間化したスーパー超人

・人は、見え無いモノより見えるモノに
 すがりたい?

・最初は怪獣が好きだったそれが転じて
 小学生から仏像スクラップを始めた。

・アウトドア般若心経

・ボビー教→死んで趣味のレコードが
 人でに渡ってしまう話。
・『自分無くしの旅』

以上

とにかく
面白いし紳士的な人だった。
途中で、パソコンのスライドがウマく
いかなかった時に主催者の人が来て
対応している事に対して
丁寧にやりとりして声をかけてるのが
凄い紳士だったのでビックリした。

それで話が解りやすくて面白かった!
なんか金八先生を思い出した。
いや、似ている。
こういう人が先生ならいいのにね

対応が落着いていて品がある人だった。
だから聞いてる方も落着いて聞けた

「軽る弾みにrespectと言う言葉を
 使う事はどうかなぁ?」って言ってた…

でも
みんな知ってて使ってんじゃないの?
って、思っちゃった(・ω・)ノ

面白いだけじゃ無くて
いろいろと考えさせられた。

本当に純粋に仏教が好きなんだなぁと
だから“放つ言葉が本物”なんだなぁ
自然体で仏教に接しているor悟っている
と思った。

死を意識するから今を生きて行く。

『自分無くしの旅』

インパクトを受ける言葉だけど…
意味がイマイチ解らない…
でもなんか“それイイかも…”と思う。
自分を捨てる…って事かなぁ?

今日も↓寄り道して来た。
『自分無くしの旅』
↑ここで写真撮ってもイイんだね
 係の人に確認しちゃったよ!

アルカイック‐スマイル
《(和)archaque(フランス)+smile》
ギリシアのアルカイック彫刻にみられる
口もとに微笑を浮かべた表情
中国六朝(りくちょう)時代や
日本の飛鳥(あすか)時代の
仏像の表情をもいう

|

« driving up | トップページ | 人生の二足の草鞋について »

体験談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« driving up | トップページ | 人生の二足の草鞋について »