« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

人生の二足の草鞋について

昨日のBlogに
MJさんが紳士だったと書いた。
が、なんかさぁ私生活でゴタゴタがある
らしい人…と知ってしまったので
別にどうでもイイんだけどさぁ〜
彼の私生活に興味は無いんだけどさぁ〜

昨日、彼の事を書いてしまった事もあり
一応“思考の縁?円?”と言う事で
自らの思考回路にパルスを流す。

パルス【pulse】
 1 脈拍。プルス。
 2 ごく短時間だけ流れる電流や電波
  衝撃電流。

MJさんは以前から
interestingな人だと思っていた。
こないだNHKで
「私が子どもだったころ…」
も偶然に見れた。

でも今の私生活についてや
仕事は何をして稼いでいるかは
知らないし興味がなかった。
私がinterestingしているのは

彼の“仏教”に対する接し方だ。
救われたいからor向上したいから
偶像崇拝するんじゃなくてさぁ
仏像や般若心経が子供の頃から
自然体で好きって所です!

で、一応ネット情報などからの私生活に
ついての感想は…(報道が事実ならば)
彼が今にいたるのは
両親に愛情いっぱいに育てられた
御両親のお陰だと思う。
そこから先の事は
自らの弱さだったんだと思う。
でも
子供が可哀相だよねぇ
御両親に悪いよねぇ
って思っちゃいました。
           <(`^´)>エッヘンそういえば
因果応報で報いは必ず受けますから…
ってな事をボソッて言っていたなぁ

【因果応報】 いんがおうほう 仏語。
前世あるいは過去の善悪の行為が因となり
その報いとして現在に善悪の結果が
もたらされること

別にどうでもイイんだけどさぁ
自分の事は自分で考えればイイじゃん!

それに
遠い星の出来事だし…
ただ遠くから見てるだけだしね。
それにやっぱり
私の金バツ先生の印象は変わらないよ!
面白い人だよね

人生の二足の草鞋について

あとSBさん48歳じゃん
昨日のBlogに47歳って書いちゃってるよ

視聴者投票で2位だったね〜
でもさぁ
1位にならなかった理由は解るなぁ〜
以前Blogにも書いたけどさぁ
誰か言ってたもん

生まれ持った才能は褒めるもんじゃない

これからなんだろうね
スタート地点には立てたんだからさぁ
それだけでも凄い事だよね。

人生の二足の草鞋について

やっとさぁ

逃れなさい、あなたの孤独の中へ

byニーチェ

の所ら辺を通過したよ。
地道に読んでるんだよ!

| | コメント (0)

2009年5月30日 (土)

『自分無くしの旅』

英語を無理して書くのはヤめる。
Blogに時間をかけ過ぎるのは…
時間の無駄だ。
その分、本を読んだり、英語を勉強しろ!
って思ったし
それに文章が下手くそになる。
文音を大切にしたいもんね。

“Susan Boyle”の You Tube を見た。
47歳で夢を実現させるって凄いね
英語は解んないから
言ってる事は解んないけどさぁ

   歌を聞いたら泣けた。

今日は久し振りに鞄の中の
入れっぱなしのニーチェを読んだ。

P75『それらを恥と思わないほどの
    偉大さにまで達するがいい!』

《ツァラトゥストラはこう言った》より

『自分無くしの旅』

みうらじゅんさんの講演に行った。
凄い面白かった。

《自分の心を引いた所のメモ》

・小学生の時に仏像の写真をスクラップ
 その頃のクリスマスプレゼントが
 仏像の写真集だった。
・母方のお祖父さんの影響が強い。
・中高6年間仏教系男子校だった。

・以前は弥勒菩薩は近くでみれたけど
 観光客が指を折った事件があったらしい
・中村ナオカツさん
・タカダコウリンさん→奈良の住職
 修学旅行生にする話が面白かったらしい
 著書『心』『道』

・ウルトラマン=弥勒菩薩
・ウルトラマンの笑顔は
 アルカイックスマイル
・ウルトラマンの前身→べムラ〜=迦楼羅・仏像は昔はシンメトリー

・以前は仏像を茶化してると怒られた
 でも今は阿修羅boyの選考者に選ばれる
・イケ面仏像候補に帝釈天orコウモクテン・海洋堂で仏像のフィギュアが登場

・秘仏は見えないから尊い。
・妙な所から仏教に入ってる
・どんな入口であれ仏教に近付ければ
 良いと言う仏教職の人もいた。

・仏像は神を人間化したスーパー超人

・人は、見え無いモノより見えるモノに
 すがりたい?

・最初は怪獣が好きだったそれが転じて
 小学生から仏像スクラップを始めた。

・アウトドア般若心経

・ボビー教→死んで趣味のレコードが
 人でに渡ってしまう話。
・『自分無くしの旅』

以上

とにかく
面白いし紳士的な人だった。
途中で、パソコンのスライドがウマく
いかなかった時に主催者の人が来て
対応している事に対して
丁寧にやりとりして声をかけてるのが
凄い紳士だったのでビックリした。

それで話が解りやすくて面白かった!
なんか金八先生を思い出した。
いや、似ている。
こういう人が先生ならいいのにね

対応が落着いていて品がある人だった。
だから聞いてる方も落着いて聞けた

「軽る弾みにrespectと言う言葉を
 使う事はどうかなぁ?」って言ってた…

でも
みんな知ってて使ってんじゃないの?
って、思っちゃった(・ω・)ノ

面白いだけじゃ無くて
いろいろと考えさせられた。

本当に純粋に仏教が好きなんだなぁと
だから“放つ言葉が本物”なんだなぁ
自然体で仏教に接しているor悟っている
と思った。

死を意識するから今を生きて行く。

『自分無くしの旅』

インパクトを受ける言葉だけど…
意味がイマイチ解らない…
でもなんか“それイイかも…”と思う。
自分を捨てる…って事かなぁ?

今日も↓寄り道して来た。
『自分無くしの旅』
↑ここで写真撮ってもイイんだね
 係の人に確認しちゃったよ!

アルカイック‐スマイル
《(和)archaque(フランス)+smile》
ギリシアのアルカイック彫刻にみられる
口もとに微笑を浮かべた表情
中国六朝(りくちょう)時代や
日本の飛鳥(あすか)時代の
仏像の表情をもいう

| | コメント (0)

2009年5月29日 (金)

driving up

♪HELLO HELLO HELOO
 KOE KIKOE RUKAI
 HELLO HELLO HELLO

 SOLA MITE GOROUND

           (by UNICORN)

この曲を今日、初めて全部聞いた。
なんかユニコーンの復活を見るのが
怖くてね…視聴を拒んでいたんだ。

driving up

【driv・ing[drivi]】

[形] 駆動する(〜 force 原動力)精力的な
(風雪が)吹きつける.

ちなみにtodayは driving rain だった。

『TIME』is interestingでハマるっ!

今日は少し訳を調べたりしながら読んだ。
なんかイギリスの?カフェイン中毒?
一時的不景気をdriving up?
とかの冒頭の一節文だけ。

BIZの所だから

今の不況に珈琲と紅茶の価格のなんかが
9月のイギリスのなんかが…
書いてあるんだろうなぁ〜って感じだった

また VIDEO NEWS を視聴した。

But I not understand ┐('〜`;)┌

his mouth or faceの表情とか見ていた。

Who is man?
なんか…good印象を受けnot feeling man
話し方も…。企業家?にしては…
社長じゃねぇなぁ…個人自営業者?
技術者じゃないなぁ…洗礼感が無い…
オタクっぽい? 小説家にしては…
洞察力が 薄そう…現実を見る力の方ね。

って、言ってる事が解らず…
あんまり近付きたく無いタイプだと思った

他に American dreme woman を見た。
This is interestingなので
またtomrrow。何度も見て理解したい!

あと…
TIMEじゃなくて日本のネットNEWSで
WORLDの所をみたりした。
そしたら
“CAT and dogに育てられた子”があり
 TIME以外の英語版の記事を読んだ

“negligent family”育児放棄

なんか…
もっとEnglishをら〜んしたくなる。
worldをもっと見たくなるね

P.S driving rain→激しい雨

無理して英語を使う事はねぇよな

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

put pressure

プレッシャーをかけられている事は花だ。

“期待の言葉”と言う花をもらっている。

or

まだ“花”だと思われている。

それは
実際に放つ言葉では無くて
その言葉の“真意”を理解出来る人と言う
認識を持たれているからであると認識。

put pressure

『TIME』の読み方…と
ネットで検索した。

『単語の意味よりも“背景”を読む』

…なるほど。

とりあえず上段の選択肢だけ訳を調べた。
(HOME〜MAGAZINEまで)

POLITICS(ポリティクス)→政治。
BIZ→経済。

後は、何となく解った。
でもさぁ〜

  USでアメリカ合衆国なんだね
  USAまで表記するのかと思ってたよ

(the 〜) United States of America
     United States Army

(army→[名] 陸軍; 軍隊; 大群)

今日はイヤーホンを持って来たので
VIDEO NEWSも見た。

WORLDの過去の所にJAPAN記事があった。

『プリンセスファッション〜姫系』

3〜4分なので、何度も見聞きした。
“背景”(内容)が見えてる(解る)ので

マリーアントワネット

聞いた事がある単語や
何度か聞いていると聞きとれる文章が
出てくるので

 『この VIDEO NEWS 解るじゃん!』

となってEnglishを身近に感じた。
『I Sutdy English very interesting』
あってるかなぁ?

そういえば…
『赤毛のアン』の英語版持ってた記憶が…
『The catcher in the rye 』は持ってる
日本語版も持っている。

でも何処にあるのかは不明?

put pressure

respect茂木先生にコメしたのを再読。
“お陰”の後に“様”つけた方がイイなぁ
私のコメにはいつも“トゲ”があるね
再読して客観視すると判るんだよねぇ

どうも…“先生”っていうのには
反発心を抱くみたいだね(*^_^*)
“無意識”にさぁ〜

だから関わりたく無いんだよねぇ

| | コメント (0)

2009年5月27日 (水)

とりあえず見学してます。

最近、英語版『TIME』を読む
いや、見ているor見学している。

その中から気になった記事を発見した
ので、それについて調べた!

福祉介護用

HAL(Hybrid Assistive Limb)
   《人体密着型ロボットスーツ》

筑波大学大学院システム情報工学研究科
山海嘉之教授

【CYBERDYNE(サイバーダイン)株式会社】

大和ハウス工業(株)が総代理店。

個人販売は、まだしていない。団体のみ
リース・レンタル販売。

福祉介護用

両脚型。単脚(左右)型
手足腕とかパーツ的な所だけみたいだ。
以前テレビで見た事があるが

 『実物を見たい!』

と、ネットで探索したら
6月は外国のイベントで見れるらしい…

場所は…
      あっ\(◎o◎)/!
ドイツかよっ         またか…

とりあえず見学してます。

respect茂木さんのBlogより

「私」の中心には
合田先生の言葉を借りれば
「よそよそしい」何ものかがある。
志向性の起点としての
「私」の中核に近づくほど、
そこには不可視のものが表れる。

無意識の情動は
自分にも容易にはコントロール
できぬ契機に満ちている。
誰でも自分の欲望や感情に
驚いた経験はあるだろう。

意識を否定する消去主義の研究者も、
人間精神について考えるとっかかりとして
自身の内観を参照している。

視覚のさまざまな性質については、
内観に頼らなければ
十分なことは言えないだろう。
意識の内観に依拠できない無意識の
ダイナミクスについては
同じような手法を用いることができず
かえって研究する上での方法論上の
困難があるという逆説。

「私」の核にあるよそよそしさは
例えば
ヒエロニムス・ボスの『快楽の園』の図
に美しい表現として結実されている。

合田正人先生との討議の様子。
野澤真一さんのyoutubeより。
「フェムトセカンド」参照。

     (『何かをつかんでくれて』)

そして、まだまだ
エン…延…円?演?園?炎?縁?鉛…が
続くのです。

なんでだろう|||(-_-;)||||||

話は最初に戻るけど

福祉介護用HALが医療器具として
早く認可される事を願います。

| | コメント (0)

2009年5月26日 (火)

吾が輩は猫だ。なっ

変な衝動にカラレタ
自分の趣味の一部を会社の人に
言いたくなった。

「なんでそれを集めるようになったの?」と言われ、その後に
「…に行ってからじゃない?」
と会社のコに言われ
その時は曖昧に答えたが
後から考えると
確かにあそこに行ってからだ!

なんか
その事を認識させられた感じだ。

吾が輩は猫だ。なっ

午後休んで
観光してきた。
その時にあった猫さん↑

ここは、一般の人も入れるとは
知らなかった(*'o'*)

 帰りにまた猫さん↑にあった。

今度は寝ていたが
ヒョイと顔だけ持ち上げ
「ニャー」と言われた。

寝ている所は悪いので写真撮影は止めた。
研究博物館も見た。

エジプトのsphinxの所で
侍さん達が記念撮影してる写真を見た。
テレビで見た事があったけど
現物を見る事が出来て嬉しかった。

ここを1周した↓

またrespect茂木さんの寺子屋へ行った。
今回は合田正人先生との対談だった。

合田先生が茂木さんに

「無意識をどう捕らえているのですか?」

と質問した。

茂木さんのAnswer(私が受けた感じ)は…

・脳死とかなんだけどさぁ…

・“意識”って言葉が邪魔をしている。

・研究者達は“意識”を無視?したいが
 結局は、自分の“内観”に頼っている。

・(認知症?)計測が出来ない?

・「幻想」「幻覚」で終わらす答え…
 カギを外すのは危険?怖い?

・(合田先生曰く)
「実体が無いから“私”と呼ばれているのでは?」(私と他者)

と言う感じかなぁ…

私も曖昧にしか書けない!
でも“ライブ”だから、ここまで聞けた!
 でもさぁ〜

 『クオリア』を言葉で表現するには…
↑をclearしなきゃイケないんだろねっ。

他に気になったのは

『パルスが回路を走る!』

合田先生曰く
『クオリアが…ワカラナイ?』
でもタナトス?

茂木先生曰く…
『クオリアは生命哲学だと思う』
『動物もクオリアを持っていると思う』
クオリアは結晶化原理

脳が消えても記憶は残る
脳は何かを失って何かを得るor求める
認知症「黙る能力を失った」

『自然法則の偶然性』野田文夫→デカルト
『脳と心』ブートルー
九鬼周造『偶然性の問題』
サルトル『おうと?』

流通文明は哲学はイラナイと言うのだ!

【偶有的属性】
 ある事物にとって本質的なものではなく
 偶然に備わっているとみられる性質
 偶有性⇔本質的属性

  哲学者VS科学者VS心理学者

ニーチェVSアインシュタインVSユング

そんな対談を観てみたいなぁ〜
面白そうだ!

 偶然たる必然 and 感覚たる質感

でもさぁ
やっぱり無理して“クオリア”を
言葉で表現する必要は
無い気がするんだよね~

みんな声にしないだけでさぁ
解ってるんだよねぇ~
それもorそれが
“クオリア”の本質的なAnswerだと思う

  “言葉で表現するモノでは無い”

って事がさぁ、言い換えれば

言葉で表現した時点でもうそれは
“クオリア”では無い

何故ならば
言葉を発する事は感覚では無く確定であり第三者への伝達手段であるから。
道具って言うのかなぁ?

なんかそんな気がしてきたよ!

そういえば
「釈迦」は「無記」を貫く

それってさぁ
言葉で言い切ると、
そこで形が着いてしまうからじゃないの?

あと
クオリアでもう一つ大切な事は

柔軟性だと思う
曖昧がイイんだよねぇ

アイマイミ~がイイんだよねぇー。

よくわかんねぇや ┐('~`;)┌

| | コメント (0)

2009年5月25日 (月)

アクティブだす!

心持ちじゃなくて、実際に動いてます。
ちょこちょこだけどさぁ
気まぐれだけどさぁ
結果も、さて置き…
知らない事を知らない人に聞いたり
リサーチしたり…そして、思う…

パソコンと英語をもっと学ばないとなぁ

大阪の子供達の1週間の休校が終わった。登校した子供達は学校の授業で
手作りのマスクを作っていた!

感動しましたよ!
あっ!その手があったのか!

キッチンペーパーに
輪ゴムをホチキスとかでとめていた。

無ければ、作ればいいんじゃん!

オードリーの春日は凄い節約をしている。昨日、初めてその理由を知った。
「都内に家を買いたい!」っての事

その時は、凄い!目標あるんじゃん!
やっぱり、春日は凄いわ〜
と、思ったが

「売れて、家を買うんじゃ!」

って、昔の芸人とか言うんじゃねぇ?
今の人って感じだよね。

私も「春日すげ〜夢あるじゃん!」
とか思っちゃたよ!

現実の生活を考えながら
夢を見る事は悪い事じゃないよ
責任感のある生き方だと思う

誰もが
親に迷惑かけれる
余裕のある家庭じゃないし
親が自営業でも無いし

誰にも迷惑かけないように生きる方が
大切だと思う。

みんなが無邪気に
夢を叶えられるわけじゃない

でも出来無いって諦めるんじゃなくて
少しでも夢の近くにいる努力はしないとさ
ツマらないもんね。

だから動かないとね。
            …少しでもさぁ

| | コメント (0)

2009年5月24日 (日)

ミカタなんだけどさぁ

職場の人を観察して思う

本音を話す人と見栄を話す人は
慣れるとパターンがわかってくる

もちろんみんな
本音と見栄と会社の建前も含めて
試行錯誤しながら話をする。

  【試行錯誤】
   種々の方法を
   繰り返し試みて失敗を重ねながら
   解決方法を追求すること。

でもパターンはあるんだよ!
観察して波に乗れ!

職場は“和”だ。
その場の状況に合わせる事

まずは、そこからでしょ(^-^)

ミカタなんだけどさぁ

本音で生きてる人は
言う事と行動が伴う

見栄で生きてる人は
言う事と行動が違う。

 ∴ 抱えるストレスに差が生じる。

でもさぁ
職場で本音とは…?

仕事では
感情の割り切りも必要だからねぇ〜
大人だもん!

それに見栄と言うプライドも
飛躍するには必要だと思うし…
でもね
みんなに結局はバレてしまうので。

上から見下げるのと
下から見上げるのは
どっちが好き?

↓なんか人間みたいに見えるね
ミカタなんだけどさぁ
『下から見上げてみるんだ〜』

下から見上げる方が
ワクワクするね〜o(^o^)o

『あの先には何があるのだろうか?』

interestingが加速して行く
体の中からエンジンがかかってくる
だから前に進む

試行錯誤を繰り返す
だから立ち止まる
そしたら休む

見方はいろいろあるんだよ
味方はいろいろいるんだよ

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

以前の出来事。

漢検の前理事長のマスコミから
逃げる姿が滑稽でウケた!

持っている紙袋で自分の
前方にいるマスコミは避けれるんだけど
横からテレビカメラで撮れていた

以前にも
あんな感じの逃げ方をした人がいたなぁ
悪い事をした人達って
なんで同じ動作をするんだろうね~

TVドラマ『MR.BRAIN』見たよ

『死んだ細胞が再生してるんじゃなくて
 周りの使われずにいた細胞達が
 死んでしまった細胞のかわりに
 (補なおうとして)動き始めるんだよ』

以前の出来事。

以前に言われた言葉だ。

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

水と風と

今日は風水の話が話題となった。

東が赤色
西が黄色
南が青色
北が白色

と私は認識している。

で、あ〜だ。こ〜だ。と
大の大人達が
ギャ〜ギャ〜と議論した結論は

 ∴ 掃除しろ!

だった。

 ∵ 運気を上げるには
   水回りをきれいにとか
   風通りをよくしろとか

   置く物の色よりも
   行い動く事が運気を開く
   …んじゃないの?

水と風と

新型インフルエンザは弱毒だけど
猛威を広げている

【猛威】
    すさまじい威力。猛烈な勢い。

もういはもういいよ!

マスクは高いよ
使い捨てでしょ!
この100年降りの不景気に

低所得者いじめだよ!
格差社会の脅威も感じるよ!

とにかく
いつもより“清潔”を意識する事。

掃除とかさぁ

ウガイ&手洗いを心がける。

清潔なハンケチを持ち歩く。

なんか
小学1年生にタイムスリップした
感じだね。

水と風と

あと
山の空気や山の水は
旨いねぇとか

海釣りの話とかの話を聞いた。

来月は自然散策しようかなぁ

水と風を求めて

| | コメント (0)

2009年5月21日 (木)

思考に余裕ねぇよ

結局さぁ
暇だから、難癖つけてんだけじゃん!

って、何度も言いそうになり
押さえた。

思考に余裕ねぇよ

武田双雲のBlogより

「だからできること」

経験がない「だからできること」

知識がない「だからできること」

お金がない「だからできること」

今の状況から離れられない

「だからできること」

とつけることで、
新たなる「問い」が生まれます。

すると
脳の中に新しい領域が作られます。

これを繰り返していると
今までにはありえなかった
アイデアが浮かび上がってきます。

つまり
道がブワーって「ひらき」ます

あとは行動するだけで
道なきところに
道ができあがっていくのだす('-^*)/

   (『できない理由を
     探してしまう大人たち』より)

近辺では
なんかウダウダ揉めているのが
聞こえつつ…

自分の世界に入り仕事をした。

本当にさぁ
聞きたく無いし、参加したく無いし
関わりたく無いのに…

何故か関わるんだよねぇ(ρ.-)

なんか、今日は仕事したなぁ
って感じがしたヾ(*'-'*)

その為、思考が回転しないので
また人のBlogより抜粋しちゃったよぉ

| | コメント (0)

2009年5月20日 (水)

事故じゃないじゃん!

こないだ誤送メールしてしまった
有名人Blogの人は2度と見る事は
無いとしていたが

それに関連してか?偶然なのか?
ある事件が起きた(-"-;)
メンドイから書か無いけど…

で、ショウガナイので捜査の為に
もう一度その有名人Blogの人を見たら
特に関連性も無いので…
やっぱりタダの偶然だったらしい…
W事故発生かよ〜(-"-;)

と、思いきや

なんとなく
最後にその有名人Blogの人の
プロフィールを読んだら

あっ\(◎o◎)/!

この人に関連した出来事があったのだ!
なんだ〜あのメールに
言いたい事があったじゃん !

また謝罪メールを送信するべきか?
迷ったが、止めた。
関わりたく無い感じがした。

メンドクサいし
またBlog読んだけど…
興味無いんだもん

しかし、不思議な偶然だねぇ〜

いやいやビックリどすなぁ〜
まっ、ちょっとだけね!
よくある事だもん(^ヘ^)v

クドカンの本を
図書館から借りてきていたのだった。

更に偶然?って言うのか
いや
勝手に“思い”を
自分の言い様に
リンクさせてるだけだね

ついでだけどさぁ
今の上司は昔あった痴漢に似ている
初めて会った時から似てる〜
と思ってたけどさぁ
何年後かに上司になるとは…

本当に別人なんだけどさぁ

ま〜なんか
淡々としながらも
楽しい一日だったなぁ

事故じゃないじゃん!

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

カタチをつくると言う事。

“カタチ”を創ると言う事は
結構、楽しい作業だ。

粘土のようにこねてる時が
一番楽しい

都心近郊は、思いの他
新型インフルエンザを意識して無い感じ
マスクしてる人も
いつもみかける程度の人数だしねぇ

昨夜のテレビで
また
煽りタテル民間のアナウンサーの過剰な
言葉と声のトーンにノリそうになるが
視聴者は
ちゃんとその辺も心得て見てるんだよね

昔、給食でしていたガーゼのマスクは
駄目みたいだし
使い捨てのマスク代も
1枚は結構いい値段するし

子供達に学校でマスクしろってさぁ
学校で支給するならいいけどさぁ
個人負担なら差別になるから
止めて欲しいよ!

素直さの凶器って一番怖いよね

マスクを買う事は
子供の判断じゃ無理じゃん!

それにマスクが不足してるならば
本当に必要な人を優先にすべきだよねぇ

咳をする時は、気をつける。
手洗い、ウガイをする。

電車で、咳を撒き散らすオヤジがいた。
顔を見たら

『コイツ海外に行く金なんてねぇな』

と、心の中で安堵したり

自分なりに新型インフルエンザ対策に
勤しんでいるのです。

それにさぁ秋頃にはまたパワーUPする
話じゃん!ワクチン出来ると思うし

カタチは粘土のように
対応する時期だよね

今日は写真載せないよ!

初めてだよ(^ヘ^)v

理由は
楽だ!って言うのもあるけど

カタチにこだわって何かを
(気がつかなかったとしても)
オロソカになったりするのも嫌だし

それに
なきゃ無いで
なんか新しい発見あるかも知れないしねぇ

| | コメント (0)

2009年5月18日 (月)

想像レシピ

テレビ東京の『男子ごはん』
で、ケンタロウさんが
「イカめし」の作り方を想像して
作ったんだって

『想像レシピ』

面白いなぁって思った。

もちろん、後で
本当の作り方を知ったらしいけどね

最初っから答えを知るより
自分の中で感じ考える。
そして本当の事を模索する。
その方が自分の中に残る
それより何より

感じ考えてる時が一番楽しいじゃん!

それに行動が伴い
現実に表現した時は

一番、面白いと思う。

ただ
人が行動した事を見て聞いて
それに対して
感動した。
は、感動じゃない!

感じたから、動き出す。

想像レシピ

人のBlogを勝手に読んでてさぁ
閉じる時に手がすべってさぁ
自分のメールをその人の所に
送信しちゃったんだよねぇ
もちろん、無言メール!

で、その人は有名人Blogの人だから
セキュリティー的には大丈夫だと思うけど
気が引けたので、すぐに謝罪メールした。
で、名前を無記にするのもまた
気が引けたので“ぱろっと”にした。

本当にその人に
言いたい事は無い!
少しでもあればまだ良かったんだけどさぁ
名前しか知らない人だし
読んだBlogも興味無いし
何も心に引っ掛から無いから
ムシロ
スル〜したいタイプの人だ!

こういう偶然は事故だよねぇ…
はぁ〜参ったねぇ(´〜`)

想像レシピ

なんか
この誤送メール↑の件とか
新型インフルエンザが
突如、国内感染者が出て、増えたり
とかさぁ
ネガティブになっちゃったよ!

こういう時はとりあえず
新しい事をする事ばかり考えるんじゃ無く
邪魔なもの今イラナイものを
捨てたり、排除しなきゃなぁ
今日はそういう事をするぞ〜

| | コメント (0)

2009年5月17日 (日)

ファイト!(第2ステージ)

『ファイト』
って部活の時に言われたり
言ったりした。

外国の人に言うと
「はぁ?」て感じらしい。

そういえば
なんかの格闘技で
“赤コーナー”と“青コーナー“の
選手が試合開始の時に相手に拳をつける。

そして
レフリーが言う

 『ファイト』

ある“公開講座”へ行った。
“ライブ”で、話を聴くのは好き
本当に参考になる。
受け取る“語感”が違う
受け取る“ニュアンス”が違う

【五官】人間が外界の事物を感じる
 五つの感覚器官。目・耳・鼻・舌・皮膚

より、リアルに近付ける。

ファイト!(第2ステージ)

某プロデューサーに質問して
更に終了後に話かけた。

『面白い事。強い方向性。粘り強い事。』

何処もそうだけれど
新しくて、斬新なものを…
と、言うクセに
結局は“秩序は守れ”
って空気は、流れる。

古い体質を改善したいとは思うが
“私の次の人の代からお願いね”
自分も若い頃にそう思ったけど
自分の代じゃ困るらしい…
って空気が流れる。

何処も古い体質は変る事なんてしなくて
いいんだよね

そう言うのも“ライブ”だと
肌で感じる。

でも“温故知新”は大切だとは思う。
古い物事を温めながら
新しい物事を取り入れる方が
イイと思うけど…

【温故知新】
《「論語」為政から》過去の事実を研究し
 そこから新しい知識や見解をひらくこと
◆「故(ふる)きを温(たず)ねて
 新しきを知る」と訓読する。
 「温」を「あたためて」と読む説もある。

結局、決まった(暗黙の)形式的質問と
形式的な答えしか戻って来ない。
しては、イケない!
空気…

でも
質問したけどね(^ヘ^)v

こっちだって
アンタらを観察して判断したいんだよ!

同じスタート地点に立つ事が出来たのに
一人だけ、まだココにいる
理由は
アピール&アプローチした人と
待っているだけの人の違いだ!との事。

『声が大きい人が勝つ』

 →自分の本気さ!情熱!
  を大きくアピール出来る人。

    って、意味だと、受けトめた。

『私はここだよ!』
自力のアピール力。

マネから入る。
イイと思うモノを何度もマネる。
その息遣いが解るまで

 インスパイヤル

例えばね
『神が降りて来てスルーした!』
と、思い込むくらい、行動しろ!
なんてさぁ
“ライブ”だから言えるんだよね
        聞けるんだよね

金スマでの「女の一生」が
浜田ブリトニーさんだった。

彼女は、持ち込みなんだよね!
たまたま、古本屋で「まんが道」を見て
感動して漫画学校に行って
そこで校内で1位になって
“調子に乗って”
小学館に電話して、作品を持ち込んだ。

軽くて早い!
凄いと思った。
強いね

思いが“素直で一途”なんだよね

私も
『面白い事。強い方向性。粘り強い事。』
を聞き出した。

質問した時に
場はシラケたけど

聞かなきゃ自分が後悔する

って思ったから、聞いた。

扉は自分で叩き
開くものだ!

と、頭では、思ってるんだけどね…

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

方向転回

  “机上の空論”

ネットで、怖いのは
それで終わっちゃう事。

スッキリしてしまう事。

  人は自分の認識を他人に伝えると
  その認識を前ほど愛しく無い

            by ニーチェ

なんか
このところ足踏みしてる感じがする

頭デッカチで、でっかくなるだけだ
身体がついていってない
それは
行動が“思い”と伴っていないからだ。

このまま平行移動しているだけじゃん!

だから『クオリア日記』を
読むのを止める。

もう少し
私の心に余裕が出来たら読む事にする。
読むかなぁ?

方向転回

例えばさぁ
以前、総理大臣をしていた人がいた。

で“変人”とか言われててさぁ
なんかあの時からいろんな事が
コロコロと変わり始めたとは思う

いや
メディアの力で思い込んだだけかなぁ?
それは、置いといて…

なんやかんやと
変革の“きっかけ”or“入口”なのかも
とか、思ったけど
結局さぁ
工場系の派遣社員の件とかの法案が
あの時に可決しちゃったり
なんか、今は、それでメンドくなったし
で、挙げ句の果てには
次男にチャッカリ後を継がせたり
“変人”じゃ無くて
普通の政治家だったんだなぁとか思った。

パフォーマンスとかアピール力とか…

でも、それも大事だしなぁ
世の中が変わる為には

たとえ“うるさく”ても“邪魔”でも
大切な事は

“look me” and
“look heer” or “look now”

その時には
そう言う行為が必要だったんだ。

何もしないで
愚痴グスしている奴等よりも

外から見ていて
他人の失敗ばかり強調して
安心している奴等よりも

大切な事をしていたorしている
んだと思う。

なんか、そんな事が思い浮かんだ。

あとさぁ

環境の良い状態の草木花を
見て、撮って黄昏るよりも

なんで、こんな状況下の中でも
きれいな色で
きれいに咲く事が
出来るんだろうか?

と言う“花”を
見たいし撮りたいし想いたい。

方向転回

環境の違いは温度さがあり
温かい温度の人が冷たい温度の人を
温めたとしても
それは“一瞬”の事であり
その冷たい温度の人の環境が
変わらない限り
また、冷たくなってしまう。
下手をしたら、溶けて無くなる。

結局また“机上の空論”だったなぁ
このBlogも止めるべきかな?

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金)

わかままな話だ

わかままな話だ

respect茂木さんが
桑原武夫学芸賞受賞した。
みんな“おめでとう”コメだった。
でも、私は“めでたい”理由“を
イマイチ理解する事が出来無かったので
“おめでとう”メールは、さけて
勝手に言いたい事をコメした。
しかも…3部作(偶然にそうなった)

実際に載ったコメを読むと

すげ〜浮いてる

ので、ちょっと悪かったなぁと反省した。

一応、今日のBlogで
“おめでとう”コメをした。

ちょっと、調子に乗り過ぎたので
しばらく、コメントを控える事にした。

“おめでとう”コメントを
かけなかったのは
純粋にかけなかったからだ。
『今、ここからすべての場所へ』を
読んで、いなかったし…

なんかイマイチ茂木先生に
ん〜、なんか素直に喜べない
引っ掛かりがあるからだ。

クオリア日記のBlogは読んでるけど
出版してる本を読みキッタ事はないし
(サイン本を2冊持ってるくせに!)

私の心の中のわがままな理由だ。

しばらく『クオリア日記』も読むのを
ヤメる事にする。
依存し過ぎてるだけの様な気もする。

ても
『ツァラトゥストラはこう言った』上
は、interestingになってきたので
今日も読み進める。

あれは“面白い”よ!

| | コメント (0)

2009年5月14日 (木)

がぅウっ

『ツァラトゥストラはこう言った』上
                 より

 『感覚も精神も道具であり玩具なのだ。
  それらの背後にはなお本物の
  「おのれ」がある』P52

ここを読んだ時
クオリアの事を思い出した。

P56
『あなたはたった一つの徳を
 持つだけですむだろう』

ここを読んだ時
人は再生出来るんだって勇気づけられた。

P59
ここを読んだ時
ニーチェは優しい人なんだなぁ
と、思った。

P65
ここを読んだ時
“蝿”に愛着を持てる。

やっと、読み始めた。
基本的には、理解が難しいので
とりあえず、読み進める。

がぅウっ

respect茂木さんのBlogより

幻覚について考える。
_________

自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ

   (カール・マルクス)ますだたけし
_________

世界のすべての人と同意するのは
不可能である。
何よりも「多様性」という視点から
そんな
ことは望ましくない。

志向性を同じくする人と
つながっていくしかない。

共感できる友人の大切さを
しみじみと噛みしめる。

弱きもの我ら
身を寄せ合って温かさを力とするなり。

    (『共感できる友人の大切さ』)

【幻覚】げんかく
 実際に感覚的刺激や対象がないのに
 あるように知覚すること
 幻視・幻聴など。

『幻覚について考える』

幻覚と言えば
身体の一部が無くなってしまっているのに
ある日
あるみたいに感じる。
動いているように感じる。

脳の記憶が“ふっ”とよみがえる
と言うのか?

見た目には
もうその身体の一部は無いのに

周りからすると
それは“幻覚”ととれる。

あっ\(◎o◎)/!

《訂正》

周りからすると
それは“幻覚”と受けとられる。

   (以上をrespect茂木さんにコメる)

  自分が発した言葉について考える。

《ネットのNEWS記事より》

進む子供の携帯依存 返信がないと不安

携帯電話を持つ小学5年生の4人に1人が
「メールの返信がないととても不安」
になるなど子供の携帯電話への依存が
進んでいることが13日
日本PTA全国協議会の
「子どもとメディアに関する意識調査」
で分かった。
                以上


自らの道を歩め。
他人には好きに語らせよ

言いかえれば…

他人は勝手な事を言う
自分を信じろ。

  自分の言葉に責任を持て!

出来ない約束はするなっ!

格好つけてる。だけじゃねぇ?

   それって一番人を傷つけてるよ…

言わない事も勇気だよ

なんか良くわかんねぇやぁ
             ┐('〜`;)┌

とりあえずさぁ…
        噛み付く
             カラミツク

会社でアイディア
なんて出すもんじゃないよ

盗られて
素知らぬ顔されるだけじゃん!

ただ、言われた事をこなせばいいんだ。

仕事はこなすものだ!

出過ぎれば、排除されるだけだ。

社内に置いて大切な事は
“和”を乱さない事。

今日も余計な事しちゃったな…

会社では“感情”も“信念”も
殺さなきゃイケないのに…

また、アイディアを出しちゃったよ!

自分にムカつく!

跳ね返って来るのは
ヤッカミだけじゃん。

w(☆o◎)w ガーン

《訂正の訂正》

周りから見ると
それは“幻覚”と受けとられる。

どうでもいいか、そんな事は

| | コメント (0)

2009年5月13日 (水)

lady bird

てんとう‐むし【瓢虫/天道虫/紅娘】

《天道》仏語。六道の一。
    欲界・色界・無色界の総称。

【欲界】(よっかい)仏語。三界の一。

食欲・淫欲・睡眠欲など
本能的な欲望が盛んな世界。
六欲天から人間界、八大地獄に至る。

【色界】(しきかい)仏語。三界の一。

欲界の上、無色界の下にある世界。
欲界のように欲や煩悩(ぼんのう)はないが
無色界ほど物質や肉体の束縛から
脱却していない世界。色界天。色天。
四禅を修めた者の生まれる天界で
初禅天から第四禅天の四禅天よりなり
さらに一七天に分ける。

【無色界】(むしきかい)仏語。三界の一

色界の上にあり、肉体・物質から離脱して
心の働きである受・想・行・識の
四蘊(しうん)だけからなる世界。
さらに四天に分けられ
その最上の非想非非想天を有頂天ともいう

lady bird

respect茂木さんのBlogに
鏡リュウジさんが登場してビックリした
と言う事は、もうじき
宮本亜門さんも出てくるよなぁ

鏡リュウジさんのBlogから
中沢新一さんとユングの名を見る。

目にトまって、気がつけば
いろんなinterestingがリンクする
不思議だ。

リンク先を選ぶ時は
「自由意志」による働きなのかなぁ?
「自由意志」は2番手にくる
 意思経路だと思う。…のはず。

束縛があるから自由を求める
自由があるから束縛を求める
テレビつけたら“偶然”
respect茂木さんが出ていた。
見てて気がついた。

         あっ\(◎o◎)/!

そういえばrespect茂木さんは

  “科学者”だった!

すっかり、哲学者だと勘違いしていた。

クオリア日記読む時
哲学者を意識して読んで接していたわ!

“偶然”に教わる。

だから“偶然たる必然”と言うんだろう

lady bird

あのメールも偶然なのだろうか?

“偶然”なら現実的に許せるが
 気持ちは悪い。

“偶然”で無く糸的ならば
 現実的にムカつくが
 気持ちはスッキリする。

見えない理由の所在を求める
それが、哲学の1つなんだろうなぁ

町を歩いている時に
「lady bird」の文字を見つけた

なんで訳が、てんとう虫なんだろう?
そこから冒頭の所までリンクした。

シンクロニシティ?だっけ?

脱線にもなんかの意味があるんだよねぇ

respect茂木さんのBlogより

自らの道を歩め。
他人には好きに語らせよ。

(カール・マルクス)
           ますだたけし

    (『筆が進んでしまうことを』)

こういう↑のもリンクリンクなんだよね

てん‐どう【天道】《「てんとう」とも》

    1 自然に定まっている道理。
      天然自然の道理。天の道。
      天理。⇔地道。
    2 天の神。天帝。
    3 天体が運行する道。

lady bird

こんな↑感じだったよね?
             天道虫って

| | コメント (0)

2009年5月12日 (火)

ユクユク春日とFrenchと

 『トゥース!』

オードリーの若林と春日は面白い!
春日なんかは、見てるだけでイイ!
あの安定感はなんだろうなぁ〜

ユクユク春日とFrenchと

コント【(フランス)conte】
 1 短編小説。特に機知に富み
   ひねりを利かせた作品。
 2 笑いを誘う寸劇。

コント【Auguste Comte】[1798〜1857]
 フランスの哲学者・社会学者
 人間の知的発展は
 神学的・形而上学的・実証的の三段階を
 たどるものとし、社会学の体系を
 樹立したのち、宗教に傾き
 人類教を唱えた。著「実証哲学講義」
 「実証政治体系」など

そういえば明大の合田正人先生は
フランス哲学だったよなぁ

フレンチ‐カンカン【French cancan】

カンカン【(フランス)cancan】
 19世紀中ごろからフランスで流行した
 速いテンポの踊り。
 長いスカートをまくり
 足をはね上げて踊る。フレンチカンカン

 アン・ドゥ・トゥワァ
              とかさぁ
フランスの言葉は
軽くて丸い感じがする

マドモアゼルとか

コミックのコミ(雑)も
フランス語が原語だった。
…はず。イタリアじゃないよなぁ

と、うっすら憶えで
フランス語ってイイかも…と思い始める

ユクユクはFrenchも習いたいなぁ

ついでに
トラジェディー【tragedy】
悲劇。⇔コメディー

悲劇って、トラジェディーか〜
とか、また脱線を繰り返す。

そういえば、前に調べ忘れてた“僥倖”

ぎょう‐こう【×僥×倖】
 1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運
 2 幸運を願い待つこと。

respect茂木さんのBlogより

 「自由意志」について考えていた。
  たとえそれが幻覚であるとしても
  結局は幻覚の存在論的
  認識論的地位が問題となる。
        (『黒いトレーナー』)

いろいろな事を思う。

それとは、別に仕事もする。
日常生活もある。
誰かと日常会話もする。
目まぐるしく1日は、終わる。

『同じ色の点』は沢山あるのかもなぁ
どれが同じ点なのかは
“自由意志”により選ぶ。

そして
点と点を結んだらユクユクは
何かが出来る!
              …はず。
オードリーも好きだけどさぁ
モンスターエンジンも好き
↑ 見た目が地味なんだよね。
凄く面白いと思うんだけさぁ

みんなに好かれる為には
自分の“華”を考える事も必要だ!

春日のピンクのチョッキは“華”だ!

今日もよくワカラナイBlogだけど…

タンポポがたくさん白坊主に
なって↓ましたよ

ユクユク春日とFrenchと

春が終わって
ユクユク夏に向うけれども

ずっと
春日は“ピンチョキ”なんだろうなぁ

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

companio frontier

 凄い!

  横歩きしながら楽器を吹いている!

junior and higt schoolの

   MARCHINGを見に行った。

感動した。
新たにfrontierしたってfeeling

companio frontier

中学生〜高校生〜OBの演奏だった。
楽器を吹きながら、叩きながら。
足さばきが凄かった!
特に“サイドステップ”はinteresting!

MARCHINGは

 バンド・フロント・ピットのバッテリー

 バンドは、歩きながら出来る楽器。
 フロントは、パフォーマンス。
 ピットは、歩けない固定した楽器。

中学生の1年生で
ステージに立てる子は体操着姿だった。
5月1日で本入部との事。
基本のステップを使ったフロントだ。

歩く姿も格好良くなければならない!
だから
後に歩く時は膝を曲げないようにする為
カカトをあげて後に下がるとか

いろいろ不思議に思う事もあった。
なんで指揮者が2人なんだろう?
指揮者の先生は
ダンスしている様な指揮だなぁ
あの横歩きどうやって歩いてんだろう?
とか、いろいろと思った。

司会をしていた先生が子供たちに
教えている3つの事がある。

 1、格好良い事
 2、爽やかで心地良い印象を与える事
 3、面白い事

companio frontier

『カンパニーフロント』の時は
見せ場なので、拍手して下さいとの事?

 会社の正面?って訳?

なんか、別の訳ないかなぁ?
と思い、調べてみた。

company
    交際・親交・仲間・一団・一座
    来客・会社・商会・全乗組員
    消防隊・中隊

カンパニー【company】
《(俗ラテン語)companio
  (一緒にパンを食べる仲間の意)から》

 companio か〜

フロンティア【frontier】

 1 国境地方。辺境。
   特に、米国開拓時代の開拓地と
   未開拓地との境界地域。
 2 未開拓の分野。新分野。
   また、学問・技術の最先端。
   最先端の業績。

いや、フロントだった(`o'ヾ
でもフロンティアの方が夢がある。
格好良くない?

  『companio frontier』

 未開拓の分野で一緒にパンを食べる仲間
と勝手に言葉をつくってみた(^-^)v

でも、日本でコンパニオンってさぁ…
接待する女性ってイメージ強いじゃん!
ダメだコリャ(*_*)ヾ(^_^;

companio frontier

 『一生懸命は格好イイ!』
             と言っていた
大人になると
格好ばかり気にして
一生懸命してるフりしちゃうからね!

無意識にヒタスラに打ち込めていいなぁ
と、思った。

『自分と同じ色の点』の意味が解ってきた
 だいたい探したい場所も見つけた。
 おおまかで思いつきだけど…
 これが“イイ”と感じる事を
 辿って行けばイイんだよね!

あとは、飛び込むだけなのだ。

              …maybe

♪JUMP 夜が落ちて来る前に
         もう一度JUMPするよ!

          (by 忌野清志郎)

companio frontier

 ♪ドキドキしてる
      ドカドカしてる
          ボカボカしてる

  電撃作戦しかけて いかすぜOK

最後の最後の最後の最後は

         きっと笑っちゃう

     (THE HIGH-LOWS いかすぜOK)

| | コメント (0)

2009年5月10日 (日)

モチつモタれつモツれずに

メンドい人からメールが届く。
“本音”で話せない人だからだ

私は、本音で話すけどさぁ
そっちが本音を言わないので
押さえた、タワイモない話にしてる人だ

    非常に
       ツカれる人だ。

人から情報ばかり捕ろうとする人だ。
こっちは、“本音”で話てるのに〜

本当は自分の気持ちのクセに
ウマく相手から“自分の気持ち”を
言わせるのだ。

で、後で
私が言ってた。と称して話をする人だ。
具体的に言うと
『○○さんが言ってたんだけどさぁ』
と言う話方しか出来ない人だ。

『ハイハイ
 言ってましたねぇ○○さんが…』

とか言ってさぁ
“お前が言わせてんだろって!”
いつも心の中だけで、思っていた。

  いわゆる
  虎の衣を着たキツネだ。

      私は虎だ。ガォ〜。

本人は、世渡り上手だと思ってるけど
みんな結構見抜いてるんだよねぇ

そしてみんな利用されてるフリして
利用している。

世の中ってそんなもんだよ。

そのメンドイ子を
ウマくカワす事も出来んだけどさぁ
話に乗って、やってる。

私が話す言葉は
その子の“言えない気持ち”なのだ
そんな気持ちを逆に引き出してる

本音なんか口に出さない人間でも
本音はあるからね

言い出しっペにされても
話の責任を負わされても
縁を切らずにいるのは…

利用されてるのは、わかりつつも
もちろん私も利用しているのだ。

いろんな人を知っていると言う事は
いろんなネットワークを持っている事は

社会では
特に職場ではイきやすいからね

ちゃんと駆け引きの計算が見えていれば
職場の人間関係で苦しむ事はないし
他人のセイにしないで自分と向き合える。

でも、そんな打算的な事だけじゃなくて

やっぱり、その子は
自らが口にしなくても
誰かに気持ちを吐き出したいんだと思う

言葉の責任の所在を
常に考えている人なのだ。

言葉の持つ重さを
理解しているからなんだよね

人間関係は
保ち、モタれ合い、もつれ無い努力をする

モチつモタれつモツれずに…っね!

モチつモタれつモツれずに

| | コメント (0)

2009年5月 9日 (土)

UP the world

通勤電車で帰る道

ドア窓から虹が見えた。

一人で帰る道だから誰にも言えず
ヒッソリと心で思う

『あっ、虹だ!』

携帯電話を宙ブラリンにして
空を見上げる。

虹は、大きくて、長くて…

  みんな知っているのかなぁ?

        気がついたのかなぁ?
 周りを見回す。
        
   みんな
      窓の外なんて見ていない…

  空なんて見て無いじゃん!

目の前に女の人がいる。
窓の外なんか見やしない…

教えてあげたいなっ

『あのね、窓の外をミテミテ…』

と、心の中で思う。
         思うだけ…
あっ
別の女の子が携帯電話をイジりながら
やって来た。
携帯電話をイジるのにドアに
ヨッかかる為みたいだった。

女の子は、ふと、空を見上げる

虹に気がついてくれた!

女の子はずっと見ていた。ずっと
携帯電話を宙ブラリンにしながら

その女の子は気がついてないけど
私は一緒に同じ虹を見てくれた事が
嬉しかった。

しばらく、同じ虹を見ていた。
 二人で、同じ虹を見ていた。

段々と虹は薄くなり、虹は消えた。
女の子は、また携帯電話をイジり始めた。
私達は、また他人に戻った。

一瞬だけ、虹を“共有”した。

友人からメールが届く。

 『今、虹見た?』と。

後で
虹の事がネットのニュースにあった。
虹を“共有”してた人は
結構いたんだねっ

UP the world

空を見上げる 星が見えた。
しばらく見ていたが 手をあげてみた。
届きそうじゃん! 

手を伸ばす 伸ばす 伸ばす

そしたら
手を引かれた。

怖くて、うずくまる。

そして
また、空を見上げる
星を見る

UP the world

| | コメント (0)

2009年5月 8日 (金)

椿事

コメントに返答があった(^_^;)

このBlogは、読んでねぇよなぁ〜

(-.-)y-~~~
       あっ\(◎o◎)/!

「やべっ、先生だ!」

          ε=ヾ(;゜ロ゜)ノ
って、

煙草を吸ってる所を
見つかってしまった
中・高校生の気持ちですよ!

respect茂木さんのBlogのコメントにはさぁ
小学生みたいな(^-^)文章を書いてさぁ

自分のBlogには

“(-.-)y-~~~あいつさぁ〜”的な事を
書いてるので…ヤバっ!

  そっか〜
  これが“子供の気持ち”なんだね

とりあえず謝っておかなくちゃ!

『ツァラトゥストラはこう言った』上は

まだP25までしか読んでません!

椿事

           ...((((((^_^;)

ちん‐じ【珍事/×椿事】

 1 珍しい出来事
 2 (椿事)思いがけない重大な出来事。
   一大事。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

I am English

ここの映画館にジム・キャリー来たの?

    って 嘘or本当 も見抜け無い

…ほど ジム・キャリーは、好き。

ロビーに映画の予告が流れていて

ここのチケット売り場の前に
ジム・キャリーの姿が…

その写真を撮りたくて
かなり待つが
ここは、上映映画が沢山あるので
同じ予告を見るのに…
かなり時間がかかるみたい…
しかし、入場時間ギリまで待った。
でも、見れなかった。
本作を見てからまた、待とうかなぁ…

久し振りに洋画を見た。

字幕を見ちゃうから表情&演技を
ジックリ見れないんだよね
だから、映画館で
洋画は見なくなっちゃったんだよね

頑張って、字幕を見無いようにしたけど…
無意識に目がイってしまう

やっぱりEnglishをstudyしなきゃ!
って、思った。

とりあえず、ルー大柴さん化してる。

でも映画を見てて
解るEnglishもあったよ!
短文なら解るし

日本語訳よりもEnglishの方が
ニュアンスが伝わるのもあった。
流れのノリとかで…

英語が解ると面白そうだね
そして
もっと世界が広がりそうだ。

I am English

 映画の感想は
       “interesting”
              だったよ
ジム・キャリーらしくて
笑えた(^-^)

無気力な時や悩んだ時は
なんでも“YES”で受け入れて
その中から
本当の“YES”を選ぶor選べるようになる。

だから

“YES”or“NO”に執着してはイケない!

そして
“きっかけ”と“継続”は違う。
“きっかけ”にずっとしがみついてちゃ
            ダメなんだよ!

その事に気がつかないと
“成長”出来ないよねぇ?

変な継続心→執着心は
前進の邪魔だと想い思わされました。

早い話が時間の無駄だ。

ロビーでジム・キャリーの映像が出るの
待っちゃうトコロだったよ!

とっとと帰りましょう.....((((*^o^)ノノ

あっ\(◎o◎)/!

でもジム・キャリー作品は
            制覇してます!

これは、いいんだよねぇ?

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

ダメでもイイんだ!

ダメでもイイんだ!

↑この写真イイよなぁ〜

“UNICORN”らしいんだよねぇ

この写真を撮った人も選んだ人も
UNICORNのファンなんだろうか?

 1枚の写真で“伝えてる”じゃん!

    “伝わってる”じゃん!

こうゆう時に
      “Art in You”
              が疼く

最初は“復活”に否定感があったけどさぁ
ジワジワと心に染み込んで行く…

こうゆう写真って、勝手に載せちゃ
ダメだよねぇ?本当は…
著作権の侵害とかさぁ?

でも、でも
      ダメでもイイんだ!

良い物や自分が感動したモノは
載せたいよね?

“Art in You”

目に見える利益を追求する奴等が
邪魔をしているだけなのに…

“あなたの心の中にあったモノ”

沢山の言葉なんて
        イラナイ

 見れるば解る
        感じトれる

それを言葉で表現しようなんて無理だよ!

クオリアってさぁ
感覚たる質感でしょ?

言葉で語り過ぎると嘘になる
イイ訳に聞こえちゃうんだよね!

言葉ってメンドイね。

言葉を放つ側にも受ける側にも
温度があるから
差が出ちゃうんだよね。

でも
言葉で表現したいよね。

           なんでだろうね?
不思議だね!

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

『せんせい、あのねぇ…』

しかし
          (´〜`)

  “小学生”だなぁ

respect茂木さんにコメントを書くと
どうしても、文章が“小学生化”するなぁ

『せんせい、あのねぇ…』

書いてる時はさぁ
“小学生”っぽく書こうとか意識は無い!

ムシロ
大人として“凛”として書くって
思いながら書いてんだけどさぁ〜

   おかしくねぇ?

あっ、でも

   解り易く書こう!

って、いうのは
いつも文章を書く時に心がけている。

そうじゃなきゃさぁ

   書いてる意味無いじゃん!

『せんせい、あのねぇ…』

でも…反省は一応しよう…かなぁ〜

先生ってフレーズがなんか嫌い。
医者はDr.てかさ〜にしたいじゃん!

日本ってさ〜
学校の先生も医者も政治家も
変な宗教家も
弁護士も占い師も霊媒師も
みんな“先生”だもんなぁ

なんか
   “先生”って言葉自体が嘘臭いよ!

以上を踏まえ、今度は
respect茂木さんにコメる時
どうしようかなぁ(´〜`)

まっ、その時に考えるかなぁ!
その時のノリもあるからねぇ。

さぁてと、今日こそは
『ツァラトゥストラはこう言った』上

          を読もおっと!

『せんせい、あのねぇ…』

| | コメント (0)

2009年5月 4日 (月)

ペンペンのぐさ

respect茂木さんのBlogより

このところ思っていること。
世の中にはいろいろな人がいる。
その中で
自分と感性や志やその他もろもろが
共鳴する人は、そうはいるものではない。
だから
同類を見つけたら
全力で結びついていろ。

助け合え。語り合え。
そして
共に何ごとかを成し遂げよ。

世界は色とりどりの点から出来ている。
自分と同じ色の点を見つけたら

その僥倖をありったけの力で
追いかけ続けなければならぬ。
       (『自分と同じ色の点』)

それに“心が動き”コメした本音Ver.↓

素直に“なるほど”と思った。
何かしたい!と思いつつも
つい、やり出す前に
ゴチャゴチャと語って
頭でっかちになっちゃって…

ブレーキをカケてるの自分じゃん!
って、反省した。再々度…だけど。

ペンペンのぐさ

自分と同じ色の点を探すってもさぁ
“自分が何色”なのかなぁ?

“好きなモノ”をリストUPしてさぁ
調べんべ

“好きなモノ”って言うより
“心が動くモノ”interestingなモノ

…だなぁ、なんだろうねぇ?

好きなモノが有り過ぎ
欲しいモノが有り過ぎ

とりあえず今、必要なモノをPICK UP

イラナイモノ、汚れたモノは捨てる!

過去の思い出は…
不必要ならば捨てる!
…のは、出来ないならば、形を変える!
で、残す。

ツカレたら、休む。

今日は、現実と向かい合う。

こんな所でも花になりたがりナリ

       ↑ヨモギかなぁ?
あってるかどうかジシンないよ…
        ワカラないよ…

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

JUMP

 「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」

           by 忌野清志郎

忌野清志郎さんが亡くなった。

テレビの公開番組に行った時
たまたま
ゲストが忌野清志郎さんで
すっぴんでギター片手に
歌を歌ってくれた

かなり近くで聴けて嬉しかった。

声がさぁ〜
なんて言うのかなぁ〜

オッサンなのに“天使の声”って言うと
大袈裟だけどさぁ

教会とかで、白い衣装をまとった
子供たちの合唱団の様に感じた。

“透き通った声”だなぁと思った。

 『JUMP』と歌いながら

ギター片手に何度もジャンプしてくれた

すっぴんだったので

“シャイな”人柄も沢山垣間見れた。

“ライブ”で遭えて良かった。
         嬉しかった。

書道家・武田双雲さんのBlogより

「もし、世界中の人がみんな
 自分が好きで、得意で
 ずっとやってても飽きないものだけを
 追求したら。。。」

僕は「ありえる」と思ってるんです。

 パズルのようにうまく組み合わさって
 調和がとれるのではないかと。

 おい!
 じゃ誰が街の掃除やんだよ
 誰が介護とかやんだよ
 って色んなツッコミがあると思いますが
 掃除が大好きだと言う人は
 どれだけでもいるし
 実際、僕の生徒さんでも2人も介護が
 天職だと言い切る生徒さんもいますし

 そこにうまく経済という
 潤滑油を組み込めたら。。。

 なんと素敵な世界が広がるんだろうと。

         (『適材適所』より)

福祉関係や農業関係の仕事に
就きたいと思ってる人は多いと思う。
でも
精神的にも肉体的にもキツいのに
給料は“安い”よ
しかも“休み”もとりづらいしねぇ

テレビのバラエティー番組で
“子豚”が出て来て可愛いかった。

その後、報道バラエティーで
あの“新型ウイルス”の話題で
メキシコの養豚場が写ってて

大きな穴に“大きな豚”の死骸を
一輪車から放り投げている映像が流れた

穴から“大きな豚”の死骸が
はみ出ていた。ゴロゴロと。

そういえば、妻夫木くんが先生役の
学校で豚を育て最後は食べる?
とか言う。実際の話がモデルの映画が
あったよね。

   “観る”勇気が無いなぁ…

バーチャルな世界は、楽だもんね!
空想世界は、傷つかないから…
“観て論じてる”だけなのは楽だよねぇ

現実から逃げてばかりだなぁ
なんか…
メンドイんだもん

忌野清志郎さんについて…

音楽評論家 田家秀樹さんの話より

『日本のロックバンドと日本語のロックの 原形をつくった人だった。
 忌野さんがリーダーだった
 RCサクセションは
 黒人音楽と日本語を初めて結びつけ
 またビジュアル系の元祖でもあった。
 反原発の曲をつくるなど
 ロックが反骨であると証明し続けた。
 妥協もこびることもなく
 音楽一筋を貫き通したと言える。
            死は早すぎた』

音楽評論家 天辰保文さんの話より

『清志郎さんの根底には
 黒人音楽への敬意があり
 それをエンターテイメントの形で
 日本に定着させた功績は大きい。
 権威への反逆も一貫していたが

 それをユーモアにくるみ
 さりげなく表現していた。

 実はシャイな人だったと思う。彼の音楽には
 「彼は常に信頼できる人であり
  自分もしっかりしなければ」
 と、聞く者に思わせる力があった。

respect茂木さんのBlogより

そもそも、芸術というものは
    「愛する」ということを貫く

大きく育むということではなかったか。

ただひたすら自分が大切だと思うものを
愛すること。

そのような時間を、この浮き沈みの
大きな人生の中でいかに多く持つことが
できるかということで、その人の
心のかたちのようなものが決まって
くるのではないかと考える。
         (『精神の残り火』)
JUNP

 ♪サン・トワ・マ・ミー 夢のような
  あの頃を 想い出せば
  サン・トワ・マ・ミー 悲しくて
  目の前が暗くなる
  サン・トワ・マ・ミー

           -SANS TOI M'AMIE-

   ♪Baby Oh Baby
    い・け・な・いルージュマジック

  「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」

            by 忌野清志郎

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

break time!

break time!

羊は“勉強したい”と、思いながらも
いや、思っているだけであって
実際には
新しい言葉や知識に対して
外枠だけを見るだけです。

そして
外枠だけを見て、ほくそ笑んでいる。

そんな感じだなぁ
と、思った。

でも、それで良いかもなぁ〜
何故ならば

薄っぺらな知識でも
沢山、沢山、沢山…
正確に知っていれば良いと思う
だって、そのうちに…

どっかで“リンク”するでしょう!

って言う
勉強しない理由を見つけたので
今日は、これにて…
               …ではpaper

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

コントへの参加は遠慮します!

コントへの参加は遠慮します!

通勤中での出来事。

ラッシュアワーだった。

ドアが開く付近にいる時は、駅に着くと
一度、携帯電話をイジルのを止める。
ポケットに入れたりもする。

迅速に乗り入れしてもらいたい事と
安全地帯を確保する為だ。

最悪なのは、ラッシュアワーで
携帯電話をイジりながら
乗り込んで来る奴等!特に“女性が多い ”
    (私の観察区域による統計より)

で、メンドい事が起きた!

やはり
ラッシュアワーで、年輩の女性が
携帯電話をイジりながら
電車に乗り込んで来た!

『ギャ〜』と、デカい声をアゲル。


『足踏んだの誰ですか?』とデカい声。

その後
ドアが閉まってもギャ〜ギャ〜うるさい
『卑怯もの』とかさぁ〜
目の前でさぁ〜

 『ラッシュアワーにメールしながら
      乗り込む方も悪いでしょ!』
って、言そうになったが、止めた。

 関わりたく無かったからだ!

 変な正義感なんて、要らないよ!

でも、やっぱり
自分に納得する事が出来無いので
心の中で、賭けをした。

そのオバさんを“見て”いて
話かけられたら、言う事にした。

賭けに勝ったんだか、負けたんだか
解らないけど

オバサンは、また、メールを打ちだした。
そして、私は自分が降りる駅に着いた。

きっと、あの年輩の女性は

蹴られて、謝られ無かった事とか
「大きな声で言ってやったのよ!」とか
だけ、言いまくるんだと思う。

出来れば
誰かに話をする時にさぁ

『ラッシュアワーの時に
メールを打ちながら電車に乗ろうとしたら蹴られて…』

と、話を始めると、良いのですが…
                ねっ!
コントへの参加は遠慮します!

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »