« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

アンテナ

アンテナ

respect茂木さんのBlogに
           コメントした!
 『自分が強くあるべき事』
          を論じてみました
             (・ω・)ノ
今日も職場でいろんな人達と話し
         ココロの交流をした
『言い易い人』って
まっ、良い事だと思うが…
カマワレ過ぎもツカレるんですよ…
             σ(ΘoΘ;)
 アンテナをハル事は
         めんどクサいし
 電波障害もあるけど
          善しも悪しも
  面白くて
      interesting!
             な日々が
      ハジマリます!
 今日は
 そんな事を感じた1日でした!

  A HAPPY LIFE !

               (^ヘ^)v

| | コメント (0)

2009年2月27日 (金)

衝動に押されて?

衝動に押されて?

昨日のBlogで反省点が有り
            今日1日じゅう
        (´〜`)
 その文節を
      削除するか否か迷った
『50代・60代の
 再生教育制度を義務付けて欲しいよ!』
って所です
          あっ\(◎o◎)/!
また、書いちゃいましたね
             ヾ(^_^;
とにかく、職場がね
何かに必至な50代&60代と
  殿様会社のクダラ無い方針で
   やる気の無くなった30代前半の
コラボがキツいんっすよ!
            (>_<)
年配者をタてれば、若い子達がシヌし
 若い子達をタてれば、年配者は愚痴る
      しかもヴァカでかい声で!
関わらない様にしたいのに
              なんか
 センターにいるんですけど!
            ┐('〜`;)┌
respect茂木さんのBlogより

 複数の知見を組み合わせていって
               初めて
 背後のメカニズムが見えてくる

 (『パラレル・ワールドに行って』)

ついでに
 『Pashler』が解らず調べたら
         外人の名前じゃん!
なんか、単語の感じがいいんだよね〜
                (^-^)
ニーチェの『悲劇の誕生』
   図書館にも本屋にも無かったよ!
でも
 『週刊・西洋絵画の巨匠
     レオナルド・ダ・ヴィンチ』
   を衝動買いしちゃったよ!
理由は
   こないだから
 気になってた絵があったからです。
               (*^_^*)
 今日は思いキッタ決断を下した
   周りがチヤホヤし過ぎたのも
        悪いと思うけどさぁ〜
みんな、だって
自分と戦っているんだからさぁ〜
『おまえも気付けって』
態度でシメしたんだよねぇ〜
             (・ω・)ノ
 私は
   バランスが悪い事が嫌なんだよ!

衝動的にじゃ無いよ
    前から思っていたんだよねぇ〜
私は
感情より秩序の乱れを重んじただけ
               っすよ
(-.-)y-~~~

| | コメント (0)

2009年2月26日 (木)

情況を楽しんで行こうぜ♪

情況を楽しんで行こうぜ♪

結局さぁ
モノゴトは表裏して
再び、表とナリにける

♪大人になるって事が
        タイトルになったよ
            by 渡辺美里
この歳でまだ
      「生意気」と言われる!
          <(`^´)>エッヘン
 ケッコウ毛だらけ毛
          猫ハイだらけ!
っすよ!
    だいたいさぁ〜
おまえら
50代・60代が作り上げた世界だろ!
            (`曲´#)
上手くバトンを渡せ無かったクセによ!
ガタガタ言えば
      ボケた振りしやがってよ!
50代・60代の
 再生教育制度を義務付けて欲しいよ!
それが
   子供たちの為です!
         (*~ρ~)ヨッテマース
 笑いながら
 子供たちは我慢しているんだね

 笑って無いと
      空しくなるんだろうねぇ
これにて
     カラオケ大会を
            終ります
また、来月もだよ!
         ♪( ^o^)\(^-^ )♪

まっ
  情況を楽しんで行こうぜ!
             (・ω・)ノ

| | コメント (0)

2009年2月25日 (水)

願い事中なのですよ!

願い事中なのですよ!

 家族がいる!
       ってだけで
            働けるじゃん
      それって
 一番
   幸せな法則が生まれる
          んじゃないかなぁ
(´〜`)そう言えば
前に見た事があるんだけどね
スーパーで買い物をしていたんだよ
でね、
野菜売り場の前にさぁ
ゴミ箱があってね
ゴミ箱がはみ出るくらい
沢山のキャベツの外皮の
ビミョに食べられ無い部分が
棄てられていたのね
           ポイ (/--)/ ⌒○
そしたら
そこにオバサンがやって来てさぁ
ゴミ箱を物色し始めたわけさぁ
           ...((((((^_^;)
オバサンは店員に向って
オバサン「これ、持って帰っちゃって
           イイのよねぇ」
店員「ハイ…」(・o・ )
そしたら
今度は、オジサンがやって来てさぁ
          .....((((*^o^)ノノ
…どうやら夫婦みたいなのね
オバサン「見てこれ!」
オジサン「大量にあるな!」
って、言いながら
二人でニコニコしながら
持参した袋に
ゴミ箱に棄てられていた
キャベツの外皮を入れていたの
              ヾ(*'-'*)
夫婦で楽しそうに袋に
棄てられたキャベツを入れていたの
               (¬_¬)
なんか…
楽しそうなの
       ((( ^^)爻(^^ )))
幸せってさぁ
個人の価値感で成立つんだよね
              (*^_^*)
♪例えば誰か一人の命と
    引き換えに世界を救えるとして
 僕は誰かが
     名乗り出るのを
        待っているだけの男だ
愛すべきたくさんの人たちが
   僕を臆病者に変えてしまったんだ
 小さい頃に身振り手振りを
            真似てみせた
     憧れになろうだなんて
        大それた気持ちはない
   でも
     ヒーローになりたい
ただ一人 君にとっての
 つまずいたり 転んだりするようなら
   そっと手を差し伸べるよ
       (Mr.Children『HERO』)

また長々と歌詞を載せてすいません
               m(_ _)m

でもBGMは沢山の事を
        救ってくれるんです!

| | コメント (0)

2009年2月24日 (火)

ヤバっ

ヤバっ

ちょ〜格好いいんだけど
           o(^o^)o
ドイツが生んだ大作曲家

  ベートーヴェン
          様
   (『この顔誰?』東京書籍より)

             子供の頃の
           教科書の写真は
     気難しそうで
        突っきにくい
 カールかかった
   オッさんだったじゃん
           (`ε´)ぶー
この写真だったらさぁ
 全曲制覇してたかもなぁ〜

追伸
『この顔誰?』は他にも色々
   interestingな写真が有りますので
       見て見て下さいね
               m(_ _)m

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

BEST SHOTかなぁ?

BEST SHOTかなぁ?

今まで見た中では
1番、BEST SHOTかなぁ?
            ~ヽ('ー`)ノ~
ドイツの哲学者
       ニーチェ

人間はルサンチマン(恨み)
     によって突き動かされており
それを
   超越した超人をめざすべきだ
                とした
   (『この顔誰?』東京書籍より)
おっ!

『スターウォーズ・エピソード3』

 スカイ・ウォーカー
          って、そうじゃん

 愛よりなされたことは
     つねに善悪の彼岸に起る
            by ニーチェ
また、思わずさぁ〜
respect茂木さんに
コメント書いちゃったんだけどさぁ
幼稚なダサい文になっちゃたよ
               (ρ.-)
いい子ぶる心構えがそうさせる
             のかなぁ?
ちょ〜恥かしいよ〜
出来れば、消したいんっすけど
            (*_*)ヾ(^_^;

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

何故かなぁ?ナけたよ !

何故かなぁ?ナけたよ !

 単なる偶然だと思う
 でも、奇跡は信じるよ
 だって、人は自分の思い描いた事が
 叶う事を願っているのだから
 でもね、自分勝ってに
 物事をトラエ過ぎて
 偶然や奇跡ばかりを求めちゃう
 事や時もあるよね
             (・ω・)ノ
respect茂木さんのBlogより

 「ヒエラルキー」においては
         下の方の人に共感し
自分をそのような
  立場に置こうとする衝動が強まる。
英語が母国語の人は、どこか
 肝心なところで鈍感なところがある。
マイナリティの方に共感する。
             そのことが 深いところで
自分の生命を再生させてくれるように
             思うのだ。
 言語的マジョリティなんて、
     あんがいツマランものだよ。
     (『海を見る暇くらいは』)

ヒエラルキー【hierarchy】→ヒエラルヒー

ヒエラルヒー【(ドイツ)Hierarchie】
 上下関係によって、階層的に秩序づけ
 られたピラミッド型の組織の体系

マジョリティー【majority】
      大多数。過半数。多数派。

図書館で調べ事をしていたら
      interestingな本に出会った

『人間は考える葦である』
            by パスカル
葦(あし)
 →イネ科の多年草
  根茎は地中をはい、
  沼や川の岸に大群落をつくる
  高さは2〜3メートルになり
  茎は堅く、円柱形で
  細長い葉が互生する。
  穂は秋に出て紫色から紫褐色に変わる
  若芽は食用になり、茎ですだれを作る〈季秋〉
  「日の暮れや葦の花にて子をまねく」
              by 一茶
考えるとは
「チェス」をヤル様なものだ
             (^ヘ^)v
哲学・思想は考え方の手引きをしてくれる

  人間は、何故、考えるのか?

一般の動物なら遺伝されたプログラムに
         従って刷り込まれた
条件反射によってきめられているのだが
 人間は毎日の決まりきっていることは
     何気無くやっていれば良いが
新しい状況にぶつかった時には
 どうしたら良いか考えなければ
         ならないからである
(『面白いほどよくわかる
       哲学・思想のすべて』
  新潟大学名誉教授
        湯浅赳男さん著より
  いつもの様に勝手気儘に抜粋)
               m(_ _)m
仕事してるとさぁ〜
  相手の意向を読もうと集中してると
なんか
   『将棋』
       ウってるって
        感じがするんだよねぇ
実際の将棋の
ちゃんとしたルールは知らないけど
それに仕事だから
        別に勝ち負けは
どうでもいいしねぇ〜
      滞り無ければいいじゃん!
 しかし
    1番ビックリしたのはさぁ
パスカルが
     野田秀樹さんに似てる事!
            \(◎o◎)/!
(このBlogに載せた写真は
 『この顔誰?〈東京書籍〉』より抜粋
  でも湯浅さんの本の髪の毛の長いのは
   凄い似てるので、気になる方は
     そちらの本を御読み下さい)
まっ
野田さんはシェイクスピアにも
           似てるけどね!
また、タイムリーに
『スターウォーズ・エピソード3 』
        をTVでやってくれた
 全話の中で
   1番、悲しい作品だよねぇ
               (ρ.-)
 強い力を持つ者の彼岸を見る

          作品だと思います
感受性のチャンネルの
   問題じゃないかなぁ?
        (・o・ ))(( ・o・)?
あっ!
   ↑の湯浅教授の本の中にも
      あの方の事が有りましたよ
『道徳の系譜学』より

高貴で雄々しい古代人に対する
  「卑小な奴隷の
    ルサンチマン(怨念)の魂」
である
            by ニーチェ
また、キリスト教の攻撃文らしいけどね
でもさぁ〜
     命題を裏返しすると
 ニーチェが高貴で雄々しいって事?で
      それで、嫉妬されてるって
     シロウトの私は解釈しちゃう
            んですけどね
これは
    別の本からの話ですが
ユングはニーチェの影響も受けた
            らしいですね
    あっ\(◎o◎)/!
肝心の
ユングの「3人の娘」の謎は
 今日も解け無かったよ
         オリャ(ノ-o-)ノ ┫
クオリアとは
       QA
          Question&Answer
 滞まら無い
   永遠に続く謎解き
      なのではないでしょうか?
追伸
respect茂木さんのBlogはさぁ
文体から受ける
ユーモアのセンスがイマイチだよね
              (´〜`)
そういう事も
      学び、学ぶ、学べ
              ですよ!
それじゃあ
アインシュタインは超えられ無いよ!
         <(`^´)>エッヘン
   

| | コメント (0)

2009年2月21日 (土)

ショク事休み

ショク事休み

渋谷オムライス
       ○ずかったよ
最やぁくぅ〜
名物に○いものなしっ!すよね〜
        ショクの事で休みます
思考回路が止まりましたよ
             ヾ(*'-'*)
目の前に壁がある
調理場の無いカウンター席
        って言うんですかね?
独りで壁に向い合う席です
そこに座って「渋谷オムライス」
          を食べていました
2つ置いて隣の席に
 背広をキチンと着こなす
   サラリーマン風の男性が座った
彼は
クロワッサンとなんかのパンを
        食べるみたいだった…
 で、食べ終り
       彼は席を外した
再び戻った彼のオボンの上に
              w(☆o◎)w
「渋谷オムライス」がのっていた
               (¬_¬)
横目でチラ見して
       彼の反応をうかがった
期待の…
   ひと口目、ふた口目、さん口目…
特に反応も無く食べていたが…
          あっ\(◎o◎)/!
彼が突然
    壁に中指の先を押し当てて
             止まった!
中指だけで壁に穴でも開ける気か?
           ...((((((^_^;)
なぜ?何故?
             何の為に?
人を不思議な行動に押しやる
 「渋谷オムライス」
          でした
おススメ○ません!
               m(_ _)m

| | コメント (0)

2009年2月20日 (金)

急停車

急停車

通勤電車に乗り込み
ひと息つくと
ドアが閉まり、電車が動き始めた
             (・ω・)ノ
 突然
 電車が止まり、急停車した
             (>_<)
私は隣にいた若い女性に
  思いっ切りしがみついてしまった上
『すいません』
       と逆に言われた
ムシロ
   私が身体を借りてしまい
かなり、引っ張りました
         すいません!
               m(_ _)m
お客様の鞄が
    ドアにハサマッてしまった為だ

鉄道会社によるのか?
世間の変な神経質細胞の為に
       生まれてしまったのか?
暗黙の秩序の更生力が
   崩れて来てしまっている気がする
          <(`^´)>エッヘン
昔はさぁ〜
鞄がハサマッたまま
       髪の毛がハサマッたまま
電車は走ってたよね〜
          そうゆう時さぁ〜
『天罰』
    とかって
        思いませんでしたか?
車内に居合せた人々が
          ニヤけて
『無理に乗るからいけないんだよ』
              ってさ〜
自然に秩序をシメされた事への
            安心感からか
   変な明るさが車内に出来ましたよ
そして
『人の振り見て我が身を見る』
              って思う
     ミラーニューロン
それが
みんな鉄道会社が背負う形になって
         しまった気がします
     嫌味な放送は流すけどさぁ〜
 急ブレーキの方が
         危なくねぇ?
それにさぁ~
鞄をハサンだ本人は自覚するかなぁ?
 澄した顔して
  誰ですか?って透して
           忘れるんだよ!
悪いのは無理矢理に乗ろうとする
          お客様の方なのに
せめて、自分の鞄がハサマらないか?
        くらい、気は使えよ!
               (-"-;)
モンスターを増やしたのは
        誰なんだろう?ねっ!
   ヾ(*'-'*)
respect茂木さんのBlogは
        はっきり言っちゃえば
ワカリズラい!
    ニーチェの様なものだよねぇ〜
まっ
人の日記を勝ってに見てるんだけどさぁ
ある種の階級の人々の使う言葉ばかり
        なので、ツカレるよ〜
 だから、かなり飛ばし読みしてさぁ〜
           pickupしてます
昔、誰かが書いてたよ

『難しい事を難しく伝えるのは容易
  しかし、難しい事を
   解り易く伝える事は技術がいる』

子供たちは何故、安易に
悪い人の餌食に
      なってしまうのだろうか?
例えば、イタズラ目的の人とかに
     ついて行くとかって事です。

目線が同じだから
   解りやすい言葉で話てくれるから
        とかじゃ無いですか?
先生ならさぁ〜
      勉強出来るんだからさぁ〜
難しい言葉を解り易く伝えるってさぁ
   技術を学び高めて欲しいものです

ミラーニューロン?
         鏡を見てどう思う?
 相対する相手に合わす
         私の相対性理論です
 そうすると
      相手との距離が縮まります

           話は戻りますが
新たな形で
  暗黙の秩序の更生力
        or
         秩序を考える媒体が
 出来て来たと思います
          それが、こういう
  Blogや書き込みだ
          と思います
    匿名だからこそ
           本音も語り易い
慣れれば
   効率の高い精神安定性が有ります
 でも
    何事も使用上の
           注意は有ります
そして、依存も駄目です

 『ここが、すべてでは無いのです』
             (・ω・)ノ
  あくまでも
       参考にして
            必要に応じて
PICK UPすれば良いと思います
              最近
           そんな事を
          強く感じます
      (^ヘ^)v
あっ!
 学ぶ事に
  急ブレーキをカケちゃいました
               っね!

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

羊の休息

羊の休息

社内のカラオケ大会の幹事とナリ
             ビミョーな
いや
  『どうでもイイじゃん!』
             って感じの
ビミョーな人間関係で
     ツカれを感じていますので…
 前日
   クリントン米国務長官も来られた
この場所に
     来てしまいました
             (・ω・)ノ
ここを歩くのは好き!
      気持ちがいいんだよねぇ〜
(^-^)
         ひと時の休息っすよ

| | コメント (0)

2009年2月18日 (水)

恐れいりますm(_ _)m

恐れいりますm(_ _)m

『センスは持って生まれたモノだから
         ほめる事では無い』
ガッンと
    o(゜へ゜)○☆来ました

『さんまのスーパーからくりTV』で
  歌手デビューした
         大江 裕くんに
和太鼓を指導した
熱血先生の御言葉でございます
         恐れいります
               m(_ _)m
番組を見た人ならわかるだろうけど
和太鼓の先生が
    スッゴイ職人気質の人でさぁ〜
厳しいんだけどさ〜
大江くんのデビューに
         コメントしてくれて
今まで、大江くんにホメタ言葉を
   カケた事が無かったんだけどさ〜
『音楽のセンスはあると思う』
      って言ってくれた後に
         ↑先頭の言葉でさぁ
芸に対する熱意とか
    職人気質とかを感じましたよ!
(*^_^*)
         恐れいります
               m(_ _)m
今日は
大江裕くんを見て来ましたよ!
  かなり近くで
     気がつけば、真正面でさぁ〜
チョイと恥かしかったよ!
           (^_^;)\('_' )
午前中は、高校生たちが
   社会見学で、職場に来てさぁ〜
見せ物として、頑張りましたよ(^-^)v
      (恥かしいんだよねぇ〜)
午後は
   個人的に社会見学に行きましたよ
           (有休休暇で)
原宿→明治神宮→代々木→渋谷
 →TSUTAYA→UNICORN『ひまわり』に感動
 →大江裕くん→体育館→NHK
 →宇田川地蔵?で猫に遭遇→文化村
 →村上隆のフィギュアを凄い近くでみる
              などなど
気がつけば
  代々木体育館1周ツアー
             でしたね
大江くんを見た後
       TSUTAYAの書店を見学後
帰りガケに偶然
     再び、大江くんにデくわした
お忍びで
 飾ってあるポスターにサインをしていた
 一般の人はほとんど無くスタッフだけ
その光景を後から見ていた
 かなり、プレミヤな写真が撮れる位置
             だったけど
         撮りません×でした
 大人の判断です
          <(`^´)>エッヘン
彼の後姿を見て
  「夢は簡単に叶うんだよ
     継続するのが大変なのだ!」

  夢の中を走っている人の
          言葉を思い出した
彼は若い、そして…
         純粋過ぎるのだ
そんな、彼の後姿に
      カメラを向ける事が出来ず
ただ
  『これからが最も大変だよ』
        と、心の中から呟いた
彼は「恐れいります』って言うけど
   (今日はナマで聞けたよo(^o^)o)
そんな彼の姿に「恐れ入った」のは
      私の方でございます
               m(_ _)m
欽ちゃんがさぁ〜
(Godアイドル萩本欽一さん)
 
『あのね
  たまたま好きになった人が
   自分を導いてくれたんだよね〜』
って
  感じの事を書いてました
    (ちゃんと知りたい方は
       萩本欽一さん著
      『欽言力』を御読み下さい)
今日は沢山の
      無垢な子羊たちに出会えた
社会見学に成りましたよ!
        恐れいります
               m(_ _)m

| | コメント (0)

2009年2月17日 (火)

親愛なる友へ

親愛なる友へ

Dear ニーチェ

また新たにドイツの方が
    私に舞い降りて来ましたよ(*_*)
ニーチェと境遇は似てますよね
      牧師の子供と宣教師の子供
名前は
   ヘルマン・ヘッセ
           さんです
respect齋藤孝さんの
        『賢者はかく語りき』
 に載っていました
 (その本を読んで↑だけの感想です)
なんか〜
イマイチさぁ〜ニーチェほどには
溶け込め無い感じですねぇ
            ┐('〜`;)┌
たぶん
酒と女好きと言う性格などが
私の心に盾を作って
       しまうのかもしれません
私は、人見知りな性格なんです
          |||(-_-;)||||||
今では
  本屋や図書館でニーチェに出会うと
「やぁ、元気?」
       って感じで本を手に取り
「どう?最近?」って感じで
     その本をペラペラとめくるり
「へぇ〜そうなんだ〜」
       って感じで談笑する様に
      ニーチェに関する本を読む
そんな感じで
 フレドリ〜な付き合い方に
       なりましたよね〜(^-^)v
元々の気質が
   似ているからかもしれませんね〜
              ('◇')ゞ
intuition
     ニーチェと
         ファウストと
            手塚治虫さん
(´〜`)なんか〜なぁ〜
     引っ掛かるんだよねぇ
               (ρ.-)
           属性?
→ぞくせい
 1ある事物に属する性質・特徴
 2哲学で
    事物が本来具有する根本的性質
  それなしには実体が
   考えられないような本質的な性質
 3アトリビュート(attribute)
  →《属性の意》
   神あるいは人物の
   役目・資格などを表すシンボル
   例えば、王の冠と笏(しゃく)

  人に依存を求める人間
             ってさぁ〜
 1番苦手なんだよねぇ〜

「自分は必要とされてい無いんだ」
             トカさぁ〜
「誰も助けてくれ無いんだ」
             トカさぁ〜
「誰も解ってくれ無いんだ」
             トカさぁ〜
ついでに
              /(.^.)\
「私じゃ無いと駄目なんだ」
             トカさぁ〜
「この人じゃ無いと駄目なんだ」
             トカさぁ〜
「ここじゃ無いと駄目なんだ」
             トカさぁ〜
    ウザくてねぇ?
               (-"-;)
多少はあった方が
  生きて行くのに
      活性化して良いと思うけど
有り過ぎると
        邪魔だよ! 
             っね!(^-^)
 誰かの為に生きてるのでは無い
     自分の為に生きているのです
だから
自分に自信を持つ為にも
         人を疑わ無い為にも

  学び・学ぶ・学べ!
             (・ω・)ノ
人が生きて行く上で
コミュニケーションは必要だけどさぁ↑

       嘘は行け無いと思います
 本音だったら
       難しい話も
            柔らかい話も
短い話も
 長い話も interesting
             なのです
ちゃんと
『例えばの話だよ!』とか
            って言うのは
  『あると思います!』

そう言う話が無いのも
           面白く無いよね
そこに
   愛があれば良いと思います
               (*^_^*)
観賞、干渉、監視
       は、良く無いと思います

干渉(かんしょう)
 1他人のことに立ち入って
  自分の意思に従わせようとすること
 2二つ以上の同じ種類の波が重なって   互いに強め合ったり
          弱め合ったりする
  現象音波でのうなり
    光波での干渉色による
     シャボン玉の色づく現象など

ってさ〜
     言いつつも
なんか〜
    空回りしている自分も感じる
             (〃_ _)σ‖
本当は、最も今の自分に必要な人は
   ヘッセの様な人かもしれないよね

人に依存する事
     誰かにモタレカカル事も必要
だって
    |が/\となり
            人なのだから
\(^O^)人(^O^)/
         そしたらニーチェも
自ら死を選ば無くて済んだのかも
           知れないよね!
まっ
ベッタリじゃ困るけどさぁ〜
      異文化交流は大切ですよ!
               っね!
ヽ(*^‐^)人(^-^*)ノ
               かしこ

| | コメント (0)

2009年2月16日 (月)

マ〜ボー豆腐

マ〜ボー豆腐

店に入ると
  ミスチルの『エソラ』が流れていた

最近よく行く定食屋だ
      今日はランチに挑戦した!
注文をとる男の子に
        ランチの事を聞いたら
チョットね〜チョッチュね〜の子で
  厨房から店主が顔を出して
            答えてくれた
   髪、長
      凄い長いじゃん!
まっ
  束ねているからいいけどね
特に
  ここの麻婆豆腐にハマっている
今日のランチにもあったのだ
             (^-^)v
   最初は薄いと思ったけど
慣れると
    ムシロこの方が落着く
この店主はきっと
    タバコは吸わ無いんだろうなぁ

と思った(-.-)y-~~~
          帰ろうとすると
中島美嘉ちゃんの
        『ORION』が流れて来た
♪ツナガった冬の星座
            ┐('〜`;)┌
NO!
nothing!
   今日は何もツナガら無かったよ!
               (ρ.-)
気になる事はあるんだけどさぁ〜
 図書館は休みだし
  本屋の立ち読みは限界があるし
         そんな日ですわぁ〜
あっ!
   麻婆豆腐はウマかったです

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

MONNALISA

MONNALISA
   
『モナ・リザ』
       って響きが好き (*^_^*)

写真を撮った時に気がついたけど…

 『MONNALISA』
       のチョコを選んでいたね

沢山のチョコレートの中から
          パッと選んでいた

脳科学者の茂木健一郎さん
        の存在を意識したのは
去年の終り頃にTVで
レオナルド・ダ・ビィンチの絵が
             本物のか?
と言う番組を見た時だった

海外の美術館での事
確か…ロンブ〜亮(でしたっけ?)が
「(絵)どれですか?」とか聞き
それに対して茂木さんは
「自分が思う所(絵)に歩いて下さい」
           とか言ってさぁ
亮が行った先が
      ダ・ビィンチの絵
            なんだよねぇ

それまで、茂木さんの名前も知らず
ただ
この人、最近
ゲストで出る流行の人だなぁ
         って、私の認識から
へぇ〜
  面白い人だなぁ
         にチェンジUPした!

そして、今年の正月に
今年の目標を考えていたら
本屋で
『クオリア立国論』に出会った

本当は子供の頃さぁ
『モナ・リザ』の絵を見てさぁ〜

        美人?微笑んでるの?
これって、女の人?
          なんか、不気味〜
と、思っていたんだよね
でも、それは、自分が子供で
    本当はそう(女・美人・笑う)
なんだろうけど
自分だけそう見る事が
     (自分は愚かな人間だから)
    出来無いだけだ。と思っていた
でも『モナ・リザ』の絵に秘密がある
       って話が出てきてさぁ〜
ホッとしましたよ(^-^)v

結局、殿様会社の人事移動は

弱い立場の人間同士を
      戦わせる事みたいだと思う

企業さんがよくヤルてだ

片方は気付いていそうだけど…
  もう片方は…解んないだろうなぁ〜
だから、会社は排除したいんだよね
 周りも、薄々は気がついてる人もいる
   だって、態度が変わった人もいる
助けてあげたくても
本人は、自分に良い言葉を
   使ってくれる人を信じているし…
良心の少し痛みを感じる人は
      関わら無いようにしている
解雇は出来ないからさぁ
 弱い立場の人々を戦わせている事に…
  自分達は利用されてる事に…
なんで、気がつか無いんだろう?

 『The catcher in the rye 』

柵から間違って
       出てしまういそうな羊を

 「おい、そっちじゃ無いんだよ!」

  って羊は呼止める事が可能なのか?

『みんな
   潰し合いをさせられている
          だけなんだよ!』

 だから、仲良くやっていれば
        いいだけなのにさぁ〜

 ニコニコして
   みんなで切り抜ければいいのだ!

 なんか
   『MONNALISA』の微笑みを
              思い出す

子供の頃に純粋に感じた
          『もなりざ』
学生の頃に大人の感想を理解して感じる
          『モナリザ』
大人として純粋に感じる
          『モナ・リザ』
本屋で、もう一度
   『MONNALISA』の絵を立ち見した

また、なんか…
       試されている感じだ

不気味な…いや
(不気味と言う異物感も嫌じゃ無いよ!)
       
不思議な絵だ(;・ω・)

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

AIR VOICE

AIR VOICE

『バレンタイン・キッス』
             は名曲だ!
           (^з^)-☆Chu!!
ラジオから男性歌手
         バージョンが流れた
でも国生さゆり
       でも十分良い曲です
今回の
respect茂木さんのBlogの内容は

  『声の持つ力』について、だった

タイミングやリズムや声のトーン
     を適切にパイロットに伝える
           (Blogの媒体文)やっぱりさぁ〜
落着きがあり、重厚なのに
 明るく、爽やかでいて
  ゆっくりと、でも無駄が無くて
   的確で、心地良く
    好感を印象に残す!
            声ってさ〜
        難しいよねぇ(´〜`)

意外と体力いるしね〜
      腹筋いるし〜背筋いるし〜

帰りにコンビニ寄ったら
どうも、常連らしい
      イッちゃってるオジサンが
店員さんに、怒鳴りつけていた
常連らしく、毎度の応対って感じがした
        ので、怖さは無かった
しかし、店員の年配の女性の方は
ヒタスラ謝る低姿勢の言葉だが…
言葉を放つタイミングも悪くは無いが…
      だけどさ〜トーンが悪くて
     声が高くて、強過ぎだよ!
しかも、少し早口だからさぁ〜
 同じ言葉を連呼する。だからかなぁ?
     少し、イライラさせるねぇ〜
   でも、何とかさぁ
どうも、常連らしい
      イッちゃってるオジサンは
愚痴りながらも店を出たので
          良かったよ(^-^)v

♪例えば
    紙屑を投げ入れたり
         横断歩道を渡る時に
 何か1つルールを決めて
        願いをカケたりしてる
だから…
            by 槇原敬之

遠くに人がいて、何か伝えたくてさぁ
大きな声と一緒にジェスチャーをする
で、
 声は、少し小さくなったり
 「エアーあやや」のように
     (はるな愛さんは、凄い!)
  エアー声になっても
   ジェスチャーで、伝わったりする
そんな時
 心から伝えたい事を強く思う
              …心の声
     『AIR VOICE』

空気銃の様に
 見え無い力で
       撃ち、届き、的に当たる

でもね
 必ず、届くとは、限らない!
だって
    声を出してい無い
             のだから!
ここで一句

『「疲れた」と
    君が笑顔で言うからさぁ〜
        私の心は、重くなる』
きっと、また
      『AIR VOICE』
             で終わるなぁ
ρ(..、)ヾ(^-^;)

ニーチェの事は言えねぇなあっ!
いや、ムシロ
  ニーチェの笑ってる姿を感じるよ!
       だって、お友達ですもの
あっ!
これも『AIR VOICE』 です
             ('◇')ゞ

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

羊、起床。

羊、起床。

はぁ〜(ρ.-)
おはようございます(・ω・)ノ

ビックリして、目が覚めましたよ!

以前にアインシュタインの件で
 ショウガ無いから借りた
 (汚したら悪いので、あんまり
  綺麗な本は借りたく無いんだよね)

齋藤孝さんの
     『賢者はかく語りき』
        の最初の人物がさぁ〜
ニーチェなのよ!
        昨日、気がついてさぁ
あっ\(◎o◎)/ビックリさぁ

 『自己実現を求め過ぎて
  かえって追い込まれていないか?』

             by ゴッホ
ゴッホは「芸術家」よりも
     むしろ
       「職人」であろうとした

  (『賢者〜』齋藤孝さんより抜粋)

リスペクだわ〜
 respect power of LOVE だわ〜
            (by アムロ)
で、respect齋藤さん曰く

ニーチェの言葉は

『教養』ではなく
   『トレーニングルーム』だからだ

w(☆o◎)w ガーン
         それだ!
なんか、それだ!
        って思いました
確かに…
respect茂木さん経由で
ニーチェの『善悪の彼岸』を読み
それから、respect茂木さんのBlogや
私の日常生活や、経験や
それに伴い生まれ落ちた思考や言葉が
ニーチェを経由したり
      ニーチェが経由して行く。
それは
思考のトレーニングであり
       スポーツかも知れない!

今の私のニーチェに対する気持ちは
『トレーニングルーム』
        のような気がしました
それでいて
ニーチェの中でスイミングしている
         って言うか〜(´〜`)

本当に言葉は恐ろしい(>_<)
表記してしまうと、固定してしまうし…
           だからと言って
そこを道標に
新たな道も出来る。
それが正しいのか?間違いなのか?
            は、別として
すべてはここから始まる
          
表記から始まる。無記では終わる

だから思考は動き続ける
  生物(ナマモノ)なのです
      だから、言葉は、怖いよね

respect齋藤さんの
      『賢者はかく語りき』より

『のがれよ、わたしの友よ
 君の孤独のなかへ
      強壮な風の吹くところへ
 蝿たたきになることは
         君の運命では無い』

『君の隣人たちは
 常に毒ある蝿であるだろう
 君の偉大さ    それが
  かれらをいよいよ有毒にし
  いよいよ蝿にせずにはおかぬのだ』
 
  (ニーチェ「ツァラトゥストラ」)

 ツァラトゥストラ→はかく語りき

 器の小さい人間は
 自分より大きな人間に出会ったとき
 嫉妬心からその人を
      引きずり降ろそうとする

          蝿→小さい人間

 器の小さい上司、小賢しい部下
         志の低い同僚

「小さい人間」を酒のサカナにして
          居酒屋で愚痴る。

他人を批判することで
自分を大きく見せ、自惚れ、得々する
        まさに「蝿たたき」だ

ニーチェは

  自分自身に向き合う人間を愛した

ニーチェはキリスト教の
        「隣人愛」を否定した

「みんなでレベルが低ければ幸せだよね」
     
     という弱々しい魂のあり方を
        擁護する言葉と捉えた

他人の批判を繰り返す前に
自分自身に向き合い自分の卑小さ
に気づけ!と。

自分が蝿か!と思えたら
      ニーチェは友と呼ぶだろう

ニーチェは
  人生をエネルギーの量で捉えていた

   (私がinterestingの所だけ抜粋)

『ツァラトゥストラ』を直接、読まないで
媒体した本を薦めていましたよ

原液は濃すぎるのであろう。

あとさぁ〜
ニーチェに関する
私の感は大当たりっすよね!

ニーチェは生涯独身で
最初で最後の求婚を試みている
          だが結果は無残だ

ってさ(^-^)やはり…そうであったか!
  文章からニジミ出てましたよヾ(^-^)

しかし…
芸術家が職人を意識し
思想家が芸術を意識するとは…

それってさぁ〜ただの
  無いものねだりの
    I want to YOU
             じゃねぇ?
               (-"-;)
あっ!
蝿をたたいてしまった(`o'ヾ
いや…      私が蝿だ(・_・ )ゝ

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

白鳩さん

白鳩さん

『いや〜映画って
       本当にいいもんですね』
            by 水野晴郎

最初は、このセリフを
    淀川さんだと思って、調べたら
        水野はるおさんだった
ちなみに
淀川さんは今年で誕生100周年です

脱線ばかりで
どうも、すいません
         σ('◇')

    『おくりびと』
             を映画館で
           見て来ましたよ
映画が賞をとったので
       再上映してくれたのです

   laugh 
      &
        cry
           泣いて、笑って

特に笑い声が噛み殺せなくて
    笑い声を出しちゃいましたよ!
そして
   涙がボロボロでしたよ!

私の映画館人生で
      No.2or3です
              ちなみに
        同位は『レインマン』
No.1は

『赤毛のアン(完全版)』   ですね

魂からlaugh(^o^)&cry(ToT)でしたよ

声を出して笑い
      嗚咽するくらい泣きました

しかも
映画館の女性の殆どがそんな感じでさ〜

また、脱線でしたね

で、先に映画館に来てさ〜
        チケット買ったらさ〜
待ち人がナカナカ来ずで
     チョイトいらいらし始めたら

  目の前に
   白い鳩が舞い降りてトまった!

そばに行って見ていたら
     (ついでに撮影していたら)

待ち人が上映、3分前に来ましたよ!

イライラは消え
       得した感じです(^-^)v

  白鳩さん
      どうも
         有難うね
あっ!
   『おくりびと』の感想は…

『世の中には
   あんなに
     美くしい仕事があるんだぁ…』

               です。
それでは

  『さよなら、さよナラ、サヨナラ』

            by 淀川長治

| | コメント (0)

2009年2月11日 (水)

お客様は見ていた!

お客様は見ていた!

こないださぁ
映画を見た時に
そこのショッピングモールで
テレ朝がロケをしていた
お笑いの人が一人で、そこを周り
なんか店とかを紹介していました

そこのスーパーのチョイト偉そうな人々
が、3人で談笑しててさ〜
『ほら〜お笑いのカッコいいほうだよ』
『あ〜あ、あいつか〜』
       その3人の前にいた
お客様の私達は
『いや〜別に、普通だよね』
『相方と比べたらだよねぇ〜』
『ムシロ、相方の方は、わかるけどさ』
 
『お前誰?相方あってのお前だろ!』

って、手厳しい会話しちゃいましたよ

 何故、そんなに手厳しいのかと言うと

そのロケに5回も遭遇したからです
               d(-_-)

映画上映まで、
      1時間もあり
私達もショッピングモールを
         ウロウロしていたら

ロケに
5回も遭遇したんだよ
           (*'o'*)
さすがに
     5回は
        ウザかったよ(>_<)
人混みが、軽〜く
        出来るしさ〜
なんか、ワザとらしいしさ〜
             嘘くさっ
       でも、彼も仕事だもんね
って、感じですよヾ(*'-'*)

あと、そこで
初めてスーパーの
      セルフレジを体験しました
写真の飲み物を買いました
             (^ヘ^)v
お初は、緊張するよなぁ〜

| | コメント (0)

2009年2月10日 (火)

チャンネル2弱

チャンネル2弱

Aくんが
『スキーに行きます』とBに言う
Bは
『スキーは無理だからスケートに行くよ』
と言って、TV局のスケート場へ行った
BはCさんに
『TV局に行きましたよ〜』
             と言った。
Cさんは
『そこのTV局は行った事無いんだよ』
と言って、そのTV局へ行った

私はBです。
AくんからCさんに話が広がり
なんか
   うれしかった

こういう伝言ゲームは
          楽しいよね
               o(^o^)o

そしたらCさんが
『TV局の近くの神社の阿吽が猿よ』
             って言った
Bは近くの神社は行かなかったので
        気になっているのです

こういう媒体リレーが出来る事は
            幸せだと思う

respect茂木さんのBlogより
     (私のinterestingだけ抜粋)
西行法師の
「何ごとのおはしますかは知らねども
 かたじかなさに涙こぼるる」
             という和歌
自分の感性のチャネルを
    全開するのは遠慮しておこう。
        (『大噴火せよ!』)
利休の話は
イマイチ、何が言いたいか
           解ら無かったよ
秀吉は、鳴かせてみようの人でしょう?
他の人の
    待つのと削除に比べたら
鳴かすのってさ〜
        POWER
             使うよね

秀吉が知新ならば
        利休が温故だよね
  温故知新
       とかって思ったよ

本屋に行ったらさ〜
店頭に
  『利休にたずねよ』(直木賞受賞)
があった

これ読めって事?

なんか違う感じがします

今回はespect茂木さんとの
感性のチャネルを遠慮します
             m(_ _)m
そういう事も
      『あると思います』

| | コメント (0)

2009年2月 9日 (月)

Home

Home

ずっと前にね
たまたまNHKをつけたら
『ファイブ』
       と言うドラマが始まった
なんとなく、見入ってしまい
      凄く涙がこぼれ落ちた(ToT)
  (うちの職場の人達に見せたいよ)

終わった後のテロップに

脚本 君塚良一
       と、書かれていた
          あっ\(◎o◎)/!
土曜日に見ましたヨ〜
             映画館で
  『誰も守ってくれない』

      君塚良一さんは、凄い!
君塚作品は
私の魂のツボらしく
        必ず涙がこぼれ落ちる

 『人のイタみが解ると言う事が
  生きている(行く)と言う事』

太宰治が
『なんで小説なんて書くんだい?』
  って、馬鹿にされた言い方されてさ
『一言では伝えられない』
   みたいな事を言い返したんだよね
そんな事を思い出します

(これは、媒体文です。
 太宰が実際に書いてた言葉を
 忘れたので、私が覚えてるニュアンス
            で書いてます
 気になるなら、『人間失格』とか
 太宰文学から読んで探して下さいな!)

ニュアンス【(フランス)nuance】

 1言葉などの微妙な意味合い
  また、言外に表された話し手の意図
 2色彩・音色などの微妙な差異
  [類語]意味

君塚良一さんの名前を初めて見たのは
深夜で短編ドラマ
確か『世にも奇妙な物語』の深夜版で
シティーボーイズの斉木しげるさんが
     案内役だった時のだったはず
内容は

ビルの地下にある喫茶店での
それぞれの客の人生模様の話
大きな地震があり…って話

これで最初に泣いた。
それで、君塚良一さんの名前を覚えた

その後
萩本欽一さんのコントに出ていて
   あっ\(◎o◎)/!ビックリした
やっぱり
ドリフと欽ちゃんはねぇ〜
笑いのゴッドアイドルだよねぇ〜
その欽ちゃんと仲が良いなんて
         凄いって思いました
公開前のTVドラマ
『誰も守れない』も良かったよ(ToT)
映画も
佐藤浩市さんは、もちろんだけどさ〜
佐々木蔵之介さんも良かったなぁ〜

でも、志田未来ちゃん&松田龍平くん
あの2人の
     目力と存在感は、凄いよ!

そして、映画を見ながら
いろんな現実と向いあった
『裁判員制度』必要だと思ったけど
    いや、必要だと思っているけど
なんか怖いなぁとかさ

しかし
    警察官って大変だなぁ
  
       って、一番感じたよ
正義が
馬鹿らしくなっちゃうよねぇ

でも、やっぱり

最後は正義に救われ
         る、はずなんだ!

『愛よりなされた事は
        愛によって愛される』

       ニーチェの言葉の応用編

リベラが歌う

『あなたがいるから
         YOU WERE THERE』
Boy ソプラノが
     本当に素晴らしいのよねぇ〜
品川教会で歌ったの聞きたかったよ〜
              ヾ(*'-'*)
映画の最後に流れるテロップで
         この曲が流れてさ〜
歌詞とか言葉はわかんないんだけどさ
最後に
『home』
     って言う言葉が聞こえてさぁ
なんか
『さぁ、いるべき場所に帰りましょう』
            って感じたよ
強く思うと伝わるね
言葉も感覚で感じトっちゃうよね

追伸
respect茂木さんのBlogより

闘っている者は巨大である
まっすぐに、純粋に、愛に殉じている。

たとえば、ユングによる「三人の娘」の
       話を聞いてどう考えるか
それでその人が測られるな。
因果性や統計性や。
    近代科学のドグマとなっている
プリンシプルを一度は
       理解して経由しなければ
小林秀雄の視点がなぜそれほどまでに
熱いマグマなのか
       理解はできないだろう
   (『突っ伏して熟考するのが』)

プリンシプル(principle)
1 原理。原則。根本。2 主義。信条。
 [類語]論理

小林秀雄さんって、聞いた事あるけど…
             誰だっけ?
あと
ユングの『三人の娘』かぁ(´〜`)
それってなんだろうねぇ?

あっ\(◎o◎)/!
と、としょ館が!本の整理のため
1週間も休館だよ!

じゃ、この件は後日だね
          ポイ (/--)/ ⌒○

イエ〜イd(^O^)b残念だなぁ〜
    羊の冒険は待機だねぇ〜o(^o^)o

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

瞼の母

瞼の母

 母が亡くなり、1年が経った。

アインシュタインが

 『私は信じている。
  地道で、でしゃばらない人生が
  だれにとってもいい。
  肉体的にも、精神的にも』

  私も、そう、思い
     そう、願っていました
でも
こうも言っていました
 
 『誰も私を理解していないのに
  誰もが私を好いてくれるのは
  なぜなんでしょうね?』


あなたは
     そう、思ってた
            気がします
でも
  この1年は、母の人生を考えながら
自分の人生や
これからの自分の人生について
強く、考えさせられたと思います

   産んでくれて
         有難う!ねっ
               m(_ _)m

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

臨時休業

臨時休業

今日、羊は冒険を
      お休みします
           φ(_ _)。o○グゥ

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

ソフィ−からの手紙

ソフィ−からの手紙

respect茂木さんのBlogより  
 
1 人間の記憶が、いかに流動的で、
  また他者との関係に
  左右されてしまうものであるか。
  個別の脳に記憶が定着される
  という 側面だけでなく
 「ネットワーク」の中で刻まれる
  という属性も考えなければならぬ

2 組織と個人のことを考える。
  組織というものは、社会において
  何かを動かすときに大切なものだが
  それに巻き込まれると
  創造性を支える個性を失う。
  アルベルト・アインシュタインは 
     (『荒野に立つ樹木』より)

Mr.Childrenより
        『旅立ちの唄』
♪Ah 旅立ちの唄
    さぁ どこへ行こう?
       また どこかで出会えるね
 Ah とりあえず 「さようなら」
    自分が誰か分からなくなるとき
  君に語りかけるよ
   でも もし聞こえていたって
      返事はいらないから・・・

と、思いました(ToT)/~

で、殿様会社の人事移動が
   11日からになり、その件とかから
また、職場の人に朝から

  グチギレした!(`曲´#)
   (愚痴っている間にキレた話方)

ニーチェが
『怪物とたたかう者は
  みずからも怪物とならぬように
            こころせよ』
って言うけどさ

怪物と戦うのは、やはり怪物でしょ!
    と思いました(`ε´)ぶー
 
 スターウォーズの
        ダースベーダの様に…
なっちゃう人が多くない?

 正義の為に怪物になった人が
     正義になんて戻れ無いと思う
それは
    他者が戻る事を許さ無いから

  善悪は常に互いに
     裏返しに存在している

ニーチェの言葉で言うならば…

『愛よりなされたことは
     つねに善悪の彼岸に起る』

って事でしょ
       <(`^´)>エッヘン

♪何かあったら太陽に聞け
       頭を持ち上げて 雲の上

      (『SUNのSON』奥田民生)
intuition
『ソフィーからの手紙』
   って、前に流行らなかったっケ?
あと…
    アインシュタインか…
              (´〜`)
図書館に行くか!

調べたら
『ソフィーの世界』
         ってタイトルでした
ここには、無いのでまた、明日以降だね
         ☆ヽ(~-~(・_・ )ゝ

で、もう1つは、そうだ!
     あの本に書いてあったはず…

齋藤孝さんの『賢者はかく語りき』より
    (私がinterestingに感じた
           所だけpickup)
アインシュタイン

       2
  《E=mc 》

エネルギー(E)は、質量(m)
      × 光の速さ(c)の2乗

この公式の凄さは、シンプルisベスト
すべての物質はエネルギーに変換できる
物質があるから、時間も空間も存在する

相対性理論は『常識と矛盾している』

『簡単な思考』

『論理に縛れ過ぎて
    子どもの頃の直観力を
          忘れていないか?
知識には限界がある
    想像は世界をすっぽりと包む』

『深く突っ込み、辛抱強く追及した』

『直観は新知識の生みの親
 経験主義は古い知識の蓄積に過ぎ無い
   知性ではなく直観が自分自身への
       《ひらけゴマ》なんだ』

 『自分の発見は「直観」と
「インスピレーション」の両方からくる』

「現実」ではなく「想像」に殉じていた
 「頑固で純粋であるがゆえの「想像」

『孤独な旅人』

 威張ら無い
 知ったかぶりをし無い
        自分を過大評価し無い
ユーモアを忘れ無い
   他人からの理解を期待し過ぎ無い

『私の力と業績についての
   世間の評価と現実との落差は
      ただもう
          グロテスクです』

『おもに個人的な願望の実現に
          向けられた人生は
 つねに遅かれ早かれ
    にがにがしい失望に終わります』

         原爆

と、

また…ドイツ生まれの方でしたよ!

ついでに『ちょっかん』は
  『直感』では無くて『直観』
         と表記されてました

     『直観』
     哲学で、推理を用いず
     直接に対象をとらえること
     また、その認識能力。直覚

『直感』
推理・考察などによるのでなく
感覚によって物事をとらえること

でも、英語は
『intuition』
    →直観も直感も同じなんだよね

齋藤孝さんの捉える方の違い?
respect茂木さんならば
『直感』なんだろうなぁ(´〜`)

やっぱり2人は対照的な感じ〜

♪怖がらないで
 手当たり次第に灯り点けなくても
いつか 一人ぼっちの夜は明けていくよ
 転んだ日は
    はるか遠くに感じていた景色も
 起き上がってよく見ると
      なんか辿り着けそうじゃん

君の大好きだった歌 街に流れる
  それは偶然が僕にくれた
          さりげない贈り物

    (Mr.Children『旅立ちの唄』)

今日、ラジオから流れて来たよ!

あっ!
もう1つ(ちょっかん)に意味があった

 遠慮することなく率直に目上の人を
            いさめること

今日はこのBlogの為に
アインシュタイン調べたりしたからさ〜
夕飯が
    カップラーメン
           っすよヾ(*'-'*)
 早く
   『この支配からの卒業』
   (by 尾崎豊)    したいよ
しかし
思考を巡る羊の冒険は
まだ、まだ続くようどすなぁ〜

目まぐるしく思考回路が回転して
      わけわからん┐('〜`;)┌

もう
   頭がコルテオっすよ(*_*)ヾ(^_^;

| | コメント (0)

2009年2月 5日 (木)

ギターな男

ギターな男

♪何もないな 誰もいないな
          快適なスピードで
  道はただ延々続く
       話しながら 歌いながら
カレンダーも 目的地も
  テレビも ましてやビデオなんて
       いりません ノンノン
 僕ら
   退屈ならそれもまたグー

 名曲をテープに吹き込んで
    あの向こうの もっと向こうへ

(『イージュー★ライダー』奥田民生)

去年、奥田民生のコンサートへ行った
               (^ヘ^)v
会場では、グッズが売られていた
CDが売られていて、3千円以上で
  奥田民生の直筆サインがついて来た
でも財布の中に3千円が無かった
               (ToT)
若い男の子も女の子も
 一人でも来ている子も結構いたなぁ

奥田民生のファン層の厚さを感じた

しかし…ステージが暗過ぎて
            席も遠過ぎて
表情とか、わかんなかった
で、
アンコールで
  『イージュー★ライダー』を歌った
マイクの歌声が無くなって…

  ♪僕らは自由を 僕らは青春を
 気持ちのよい汗を
         けして枯れない涙を
 幅広い心を
        くだらないアイデアを
軽く笑えるユーモアを
        うまくやり抜く賢さを
   眠れない体を
  すべて欲しがる欲望を
        大げさに言うのならば
きっとそういう事なんだろう

誇らしげに言うならば
      きっとそういう感じだろう
♪( ^o^)\(^-^ )♪

を会場の人達と一緒に歌った。
   涙が出そうな(ρ.-)ほど感動した
で、奥田民生は大きく手を振り
            居無くなった
会場の人々はチラホラ
          と席を外し始めた
私はトイレに行きたくて
      すぐに(((/ToT)/...‖wc‖
ヽ('ー'#)/
     で、
落着いたら、席に荷物を忘れた
 事に気がつき、音楽も聞こえて来た
急いで席に戻ろうと
  階段を昇って行くと
    音楽も歌声もハッキリして来た
まさか…
重いドアを思いっ切り開けたら
ステージが
     光でいっぱいに照らされ
奥田民生がギターを弾き
           歌いながら
 思いっ切りニヤけていた。いや
             笑っていた
かなりムっと(-"-;)したが
  すぐに歌っている『さすらい』を
       一緒に手を振って歌った
すると、また
  重いドアが「ばっ」と開いて
      私と同じ目にあった人々を
奥田民生はギターを弾き
           歌いながら
 思いっ切りニヤけていた。いや
             笑っていた

♪さ〜すらお〜ぅ
       この世界じゅぅ〜を
           (by奥田民生)
で、今年もコンサートに行って
財布に念の為、5千円入れて
サインをもらおう!
と、思ったら…
   UNICORN 復活って…ヾ(*'-'*)

 ♪さすらいもしないで
         このまま死なねえぞ

♪何もそんな難しい事
 引き合いに出されても
  知りません全然 だから
   気にしないぜ とにかく行こう

    ♪僕らの自由を 僕らの青春を
        大げさに言うのならば
     きっとそういう事なんだろう

  ♪誇らしげに言うならば
    きっとそういう感じだろう

奥田民生様
たくさん歌詞を載せてしまい…
 (しかも目茶苦茶に)
          御免なさいm(_ _)m

| | コメント (0)

2009年2月 4日 (水)

暗号解読の鍵?

暗号解読の鍵?

♪これから、どこへ行こうか
   暗号の解けないスパイの様に…

           by 大江千里

と、歌うほどに迷ってもい無いけどね
 ただ何となく、戸惑う時に歌う

カラフルな魔法のフレーズ
         (by Mr.Children)

respect茂木さんは今度
重松清さんと本を出すのかぁ
             凄いなぁ〜
『疾走』には号泣きしましたよ

  魂をエグられた
         って感じだったなぁ

その前に天童さんの『永遠の仔』も
今まで読んだ本の中で
       かなり泣いた方だけど…

この作品で社会秩序を大きく
    見直すきっかけになったと思う
みんな『幼児虐待』とか
親になってもトラウマになってしまう
事への救済などをみじかに考える様に
         なりましたよね(^-^)
えっ!考えて無い?

内容は本当に良かった!
タイムリーだし…       でも…

文章でツマづく所があってさ〜ヾ(^_^;
そこで一瞬、感情がそれちゃうんだよね
あの作品で直木賞は無理だと思ったよ
井上ひさしさんも文章でなんか…
キツい事を書いててさ〜
天童さんには悪いけど…
           ホッとした。
あっ!
『悼む人』は、読んで無いですから…

文章もさ〜やっぱりさ〜
           音律だもんね!
音律(おんりつ)
 1 楽音の調子。また、音楽。
 2 音の高さの相対的な関係を
   整理した体系。純正調・平均律など
 [類語]調子

そこへ行くと
重松さんの『疾走』は凄い!
カタカナで感情を表したりさ〜
ちゃんと正視して読め無いほどの
エグいシーンとかさ〜

映像じゃ、あれは表現出来無いよ!
        してもニセ物だって!
       (映画は見て無いけど)
女性誌でネーム変えて
事件現場の記事を書いてるからかなあ〜

伝え方が違うよなぁ〜
      説得力があるって言うか〜

『疾走』を読んだ時
内容だけで無くて、映像化では無くて
文章で勝負してる
プロフェッショナルさを
         感じる作品でしたよ
<(`^´)>エッヘン

昨日のBlogで意味を載せ
        忘れたのがあってさ〜

  伝染病などを媒介するもの

媒介(ばいかいル)
 1 両方の間に立って
   仲立ちをする事。とりもつこと
 2 ヘーゲル哲学で
  存在や認識が他のものによって
  条件づけられて成り立っていること

ヘーゲル哲学?とは?

ヘーゲル
   Georg Wilhelm Friedrich Hegel
    (1770〜1831)ドイツの哲学者
 
      自然・歴史・精神の全世界を
矛盾を蔵しながら、常に運動・変化する
  弁証法的発展の過程としてとらえた
      また、欲望の体系としての
     市民社会概念を明らかにした
ドイツ観念論の完成者で
その弁証法は、マルクスにより
 唯物弁証法として批判的に継承された

また、ドイツかよ|||(-_-;)||||||

今日は調べませんから(`ε´)ぶー
  ヘーゲルの件は、後日へ(ノ-o-)ノ ┫

respect茂木さんのBlogより

大人になってくると
          次第に頑なになる

自分の枠はこれでございと決めつけて
   それを人にも押しつけようとする

    (『一つの美しい結晶』より)

で、
子供の教育改革って言うけどさ〜
それは違うと思います
大人の教育改革が先ですよ
50才になったら再教育させる
      学校を作ればいいのにね!
だって、子供は
大人のマネをしているのだから…

派遣もさ〜問題は50代でしょ?
会社の年功序列のモンスターも50代!
と60代!うちの会社もそうですよ!

上が出来れば、下も従うんですよ

だって

先に生きてる人々から
        学んでいるのだから

ねぇ、先生そうだと思いませんか?

<(`^´)>エッヘン

| | コメント (0)

2009年2月 3日 (火)

『そのまんま』でいると言う事

『そのまんま』でいると言う事

 必然なる偶然 or 偶然なる必然

シンクロニシティ?
 で、あってるのかなあ?

フロイトよりユングの方が好きだなぁ
ユングの方が発想が面白いから
たぶん、話が弾みそうだ/(.^.)\

でもフロイトが心理学の扉を開けて
ユングは、その扉に入って来てる
んじゃ…なかったっけ?

原液は脳が受付無いので
河合隼雄さんや秋山さと子さんを
少し読んだなぁ〜
特に秋山さと子さんでユングにハマった

結局、職場の人と話してたらさ〜
 触れ無いようにしたんだけどさ〜
今回の殿様会社の人事移動の件からさ
    (ちなみに16日から始まる)
 
 グチギレしたなぁ〜
            (`曲´#)
(キレながら愚痴ってたって事っすよ)
            
まっ、その会話の中から…

 例えば『Aさんとは、気が合わない』
って誰かに話した時に
      別に嫌いじゃ無いのにさ〜
『BさんはAさんの事が
         嫌いなんだって!』
って
第三者によって塗り変えられてしまう

それって媒体じゃん!
 
   バイ菌の繁殖行為じゃねぇ?

媒体(ばいたい)
→1 一方から他方へ伝えるための
         なかだちとなるもの

  伝染病などを媒介するもの
 
 2 媒質(ばいしつ)となる物体

媒質(ばいしつ)
 →力や波動などの物理的作用を
  他へ伝える仲介物となるもの
  音を伝える空気、光を伝える空間など

しかもさ〜
  そのバイ菌の繁殖行為を
知ら無いでする人と
 『知ってて、する人がいるじゃん!』

それは自分の目で
  見極めるしか無いよねぇ(`ε´)
と、熱く語ってしまったよ

respect茂木さんのBlogより

受難と情熱は英語では同じ「passion」
 
 受難するからこそ、情熱が生まれる

子どもは情熱に満ちている
 生まれ落ちた時、私たちは皆
     大変な苦難の中にあるから。
子どもは一人では生きていけない。
誰かにすがらなければ
         命をつなげない
苦難が情熱を育む
   情熱がなければ、
     苦難をくぐり抜けられない
      (『偶有性の海に』より)

で、それ↑には感動した
 
    パッション=情熱&受難

で、後のゲーテの『ファウスト』がねぇ
なんか(´〜`)解り辛かったよ!
しかも
『アジっている』ってさ〜何?
たぶん
 なんかのジョークなんだろうけどさ〜
  科学者との温度さを感じたよd(-_-)
だから、コメントは避けたよ(^-^)v

手塚治虫さんの『ファウスト』が
 まだ、鞄の中にあるので
 
  『自分と戦ってみるよ』
       (Dreams Come True)
今日は靴下を裏返しに履いちゃったよ!
 直すと衛生的に悪そうじゃん
だから
 そのまんまにしたよ!
  みんな表に変えるもんなのかなぁ?

FOOL&COOL
って、どっちかどっちも良く言われる
どっちを言われても

  うれしい

自他共に認められるってさ〜
『そのまんま』
      を受け入れられるってさ〜

     幸せな事だよね

明日は靴下に気配らないとなぁ〜

偶有的属性(ぐうゆうてきぞくせい)
 →ある事物にとって
  本質的なものではなく
  偶然に備わっているとみられる性質
  偶有性。本質的属性

| | コメント (0)

2009年2月 2日 (月)

全部、書けたらイイのにね

全部、書けたらイイのにね

respect茂木さんのBlogより
    (私に都合の良い所だけ抜粋)

苦労をされたが、そのことを
          さらりと語られる
「だからこそ今の自分があるんですよ」
             と言われた
       一流店で修業をする中で
    味に対する感覚を磨いていった
世評に惑わされずに、何が美味しいかを
         見きわめるためには

 自分自身の心と対話しなければならない

         お人柄に魅せられた
       この方の努力は
     きっと結実するにちがいない
  (『だからこそ今の自分が』より)

を読んだら、頭にウタが浮かんだ

♪何度でも何度でも何度でも
   立ち上がり呼ぶよ きみの名前
    声が涸れるまで
悔しくて苦しくてがんばっても
 どうしようもない時も
        きみの歌を思い出すよ
この先も躓いて 傷ついて 傷つけて
 終わりのない やり場のない怒りさえ
  もどかしく抱きながら

どうして
 わからないんだ? 伝わらないんだ?
           喘ぎ嘆きながら
 
 自分と戦ってみるよ

(respectする天才!吉田美和さん作詞 
  Dreams Come True「何度でも」)
  

全歌詞を載せたかったよd(-_-))

最初から聴くと
    『自分と戦ってみるよ』
で、グっと来る
    吉田美和さんの
        強さと優しさを感じる

と、2月晴れだし
       気合いが入ったが

当分、嫌な事が始まる(-"-;)
 今日は
    心が熱くなったなぁ〜

  殿様会社の人事移動には…
   (全部、文章にして載せてぇ〜)
まっ

  虻は人生において必要だ!

(But亡くなった虫と書いてアブとは?)

あ〜熱い、熱いですなぁ〜非常に
 明日から大変!!!
     っ〜か、めんどくせ〜(´〜`)
そういえば…
 他にも文章が頭をヨぎってた

鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギ
 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス
  鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

確か…
 豊臣秀吉・徳川家康・織田信長だよね

 『仏の顔も3度まで』
          なんのコっちゃ?

『マシーンは
  黙って使いこなせばいいんだよ』

『純粋だら使われる
         or
       純粋だから使いやすい』

で、あの方も…

  謎めいた忠告
     「紐が切れ無い様にする為に
          まずそれを咬め」

怪物とたたかう者は
みずからも怪物とならぬように
             こころせよ
             
天才を持つ人間は
 更に少なくとも2つの天分を
   有し無い限り堪えがたい者である
             感謝と純潔
      
             by ニーチェ
全文を見聞きして
     理解するには
        時間がかかりそうだ!
┐('〜`;)┌

| | コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

強風〜。ふぅ〜

強風〜。ふぅ〜

凄い良い天気なPカンなのに
 すっごい強風で
  スッゴイ風の音が怖いよ〜(>_<)
 いろんな物が飛んで倒れているし〜

respect茂木さんのBlogより
    
脳の成長のためにもっとも大切なことの
一つは、ソクラテスの言う

   「無知の知」
    (awareness of ignorance)

             ではないか
自分は賢いとか、知っていると
思い込んでいる例があまりにも多すぎる
 方法論にとらわれてしまう
          ということもある
  (『ソクラテスが闘った相手』より)

また、コメント入れちゃたよぉ(o^-')b
  今日の文章は
     優等生風で
       いい感じっすよぉ〜
 爽やかな風が吹抜けます!
     でもちょっと…寒いかなぁ?

 Butコメントの内容には反省がある!
なんか〜茂木さんは体調が悪いらしい
ので
体調をねぎらう言葉で締めようとしたら
わかんないんだよね〜(´〜`)
          思い浮かば無い!
目上の人の体調を
       心配してかける言葉が…
これでスッゴイ時間がかかってさ〜
結局「体調が悪い中…」にしちゃったよ

さっそく
    『無知の知』
         と、言う事で調べた

まず、この文章の上記↑で
「体調をねぎらう言葉」って書いたけど

ねぎらう(労う)
→苦労や骨折りに感謝し、いたわる
現代では
   同等または下の人に対して用いる
例・「従業員の労をねぎらう」

まず、この言葉が間違ってました
               m(_ _)m

「体調のご回復を祈っております」
   って、なんかいい感じじゃねぇ?

まっ、図書館で調べるかなぁ〜

『ご笑納ください』

→お中元・お歳暮の添え状で
         使う言い回しの言葉

初めて知った!(・ω・)ノ
なんか楽しくなる言葉だと思った

で、また脱線しながらも調べたら
目上の方には
「お体には、くれぐれも
     お気をつけください」
              の様です

ついでに図書館をウロウロした
齋藤孝さんの『賢者はかく語りき』
を手にとり、ペラペラめくると
 
 『いま、身の周りに
    自分を刺激してくれる
         人間がいるか?

 目をさましているのには
   なにか虻(あぶ)のような
            ものが必要だ』
 
           by ソクラテス

(「ソクラテスの弁明」プラトーンより)
で、ついでに
齋藤孝さんの『呼吸入門』を
            手にして思う

茂木健一郎さんを「感覚系」
      ×
       齋藤孝さんを「運動系」

と考えると
クオリアえる(得るor獲る)のでは
           ないだろうか?

思考を巡る羊は冒険に一区切りして

あっさり
『あさり味噌ラーメン』を
        食して帰るのであった

寒い日はやっぱりラーメンですなっ!
        ( ^o^)ρ(^0^ )アーン

| | コメント (0)

笑顔のまんま

笑顔のまんま

♪余計なものなど無いよねぇ〜
  ah〜すべては君と僕との…
         by チャゲ&飛鳥

この歌詞あってるのかなぁ?
 でも、ずっとこの歌詞で
  私の思考回路は巡るので
これはこれで“善し”とします
              (^ヘ^)v

チャゲアスが無期限活動停止しるらしい
別にファンじゃ無いけれど…
 藤子不二雄が解散した時も…
  なんか…淋しい感じがする
サザンみたいなグループ系は
    そんなに淋しく無いのになぁ〜

昨日、復活したUNICORNをTVで見た
 奥田民生は坊主だった
川西さんは「名前変えたかった」らしい
 テッシ―、エビさんは…?

別に復活の必要性はあったのだろうか?
    ブー  ブー      ブ〜
まっ今後の動向しだいだなぁ〜

朝、ラジオから
    『笑顔のまんま』
        が流れて来た〜(^-^)〜
歌詞が
   明石家さんまさん で
作曲とメインvocalが
          BEGIN

初めて「27時間TV」で見聞した時
        感動して泣いた(ρ.-)

CD化して
     うれしいよo(^o^)o
              ブラボ〜
♪笑顔のまんま
 生きてるだけでまるもうけ♪

『この一歩は小さいが、
 人類にとっては偉大な一歩である』
アームストロング船長(アポロ11号)
 
『20世紀少年』でも使っていたなぁ
             このセリフ
今日はそんな私の人生における
冒険もした( ^ー^)σ"(・o・ )!

♪笑顔のまんま〜
        笑顔のまんま〜♪
 
カラオケでミスチル
        のPVが流れる曲がある『イノセントワールド』
あの時のMr.Childrenは好きじゃなかった
曲は好きだったけど…
でも、こないだTVで歌っていた時は
全然、違った!
   ♪その時は笑って
      虹の彼方に放つのさ
        イノセントワールド♪
見ればわかるけど
      今は、笑顔で歌っている

しかし…笑えない現実の方が多い
            今日この頃…
でも、それは偉大なる1歩の
        為かもしれないよね?

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »